こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

筋肉痛をすぐに直す方法

今、陸上部で筋肉痛に困ってます。
その次の日も直らなくて本当に困ってます
1日で直す方法教えてください。
今、中1です。

投稿日時 - 2006-04-26 18:23:44

QNo.2115721

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

60人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

筋肉痛をすぐに直す方法は「難しい理論はさておき」筋肉痛は「乳酸」です。これを「車に」置き換えれば「燃料=ガソリン」に当たります。有酸素運動の元ですプロのトレーニングの終了時に「ゆっくり・トコトコ」とジョギングをしているでしょ。その時に使うのが「糖分”グリコーゲン”でなく・脂肪でもなく・タンパク質「プロテイン」でもなく「乳酸」だけなのです。
自分で行わない場合は「マッサージ」でしてもらいます。有酸素運動で「乳酸」消費し、除去されすと「超回復に至り「成長ホルモンを”就眠中”に出して「疲労回復します」
ここで面白い喩をしますと。
ゴリヤやシロクマ等猛獣は「筋トレ」等、一切致しません。「全身を使って”遊び”を覚え、食っちゃ・寝を繰り返すだけです。」
数倍もある「親」のマネをすることで筋肉は培われます。参照;http://www4.plala.or.jp/aiporject69roseu/index.html;リンく?も見てください

参考URL:http://www4.plala.or.jp/aiporject69roseu/index.html

投稿日時 - 2013-03-19 07:31:14

ANo.7

筋肉痛をすぐに直す方法は「難しい理論はさておき」筋肉痛は「乳酸」です。これを「車に」置き換えれば「燃料=ガソリン」に当たります。有酸素運動の元ですプロのトレーニングの終了時に「ゆっくり・トコトコ」とジョギングをしているでしょ。その時に使うのが「糖分”グリコーゲン”でなく・脂肪でもなく・タンパク質「プロテイン」でもなく「乳酸」だけなのです。
自分で行わない場合は「マッサージ」でしてもらいます。有酸素運動で「乳酸」消費しが除去されすと「超回復に至り「成長ホルモンを”就眠中”に出して「疲労回復します」
ここで面白い喩をしますと。
ゴリヤやシロクマ等猛獣は「筋トレ」等、一切致しません。「全身を使って”遊び”を覚え、食っちゃ・寝を繰り返すだけです。」
数倍もある「親」のマネをすることで筋肉は培われます。参照;http://www4.plala.or.jp/aiporject69roseu/index.html

参考URL:http://www4.plala.or.jp/aiporject69roseu/index.html

投稿日時 - 2013-03-19 07:28:06

ANo.6

まずはアップ・ストレッチ・ジョグ・準備運動をきちんとやること。
あとはBCAAという種類のアミノ酸がオススメです。
でもBCAAはちょっと高いから・・・普通のプロテインで良いと思います。

投稿日時 - 2006-05-13 09:51:15

ANo.5

いま中1ということで、新しく入部したのだと思いますから、きつく感じるのは当然ですね。筋力がついてくれば、すぐに気にならなくなりますよ。

筋肉痛にならないための方法として、まず、トレーニングをしたら30分以内に、アミノ酸ゼリー(アミノバイタル、ウィダー、カロリーメイトetc.)などで、アミノ酸の補給をしてください。裏に成分が書いてあるので、アミノ酸、ペプチド、タンパク質などの含有量が多いものを選びましょう。

筋肉をたくさん使えば、筋肉に微細なキズが生じます。それは、運動が終わった直後から身体が必死で修復しようとします。その過程で感じるのが筋肉痛です。筋肉が修復されようとしているときに、修復材料となるタンパク源が不足していると、修復がスムーズに進みません。ちなみに、アミノ酸が2、3個つながったものがペプチド、何十個、何百個とつながったかたまりがタンパク質で、材料としては同じものです。毎日ゼリー飲料を取るのが経済的に難しいなら、豆腐、卵、牛乳、豆乳、きなこ、肉類などのタンパク源をできるだけ早く食べるようにしましょう。

その他には、運動直後には整理体操やストレッチ、ごくゆっくり走ったり歩いたりするといったクーリングダウンが重要です。いったんやっても、夜になってから、また脚にだるさを感じるようなら、その時点でまたゆっくり走るなどすれば、楽になります。これは、使った筋肉を動かすことで、その部分の血行がよくなり、酸素や栄養素が筋肉に行き渡るので、筋肉の修復が早く進むためです。

なお、運動直後に筋肉が熱をもっているような場合には、水をかけたり、氷水をビニール袋に入れたもので冷やしたりして炎症を抑えるのもいいでしょう。氷水を使う場合は、長くても20分以内にしてください。これはアイシングといいます。5分でも、冷えて気持ちよくなったなと思ったら、その時点でやめてください。冷やしすぎるとかえって筋肉をいためて修復されにくくなります。

熱をもった状態がおさまったら、入浴も効果があります。もっとも効果的なのは、いったん温めたら、冷水でしばらく冷やして、次にまた温めてという行為を数回繰り返すことです。冷えると血管が縮まって、血液を押し出します。温めると、血管がゆるんで、血液がどっと入っていきます。これを繰り返すと、血液の流れがよくなって、筋肉に栄養や酸素が行き渡って、修復されやすくなるのです。

また、お風呂は1度入るだけでなく、しばらく間をおいて、2度入り、3度入りも効果があります。これも、血行をよくするためです。

ちなみに、熱を持って炎症をおこしているときには冷やし、炎症がおさまったら、温めて血行をよくするのがポイントです。

マッサージも血行をよくする効果がありますが、強い力でもみすぎると、かえって筋肉をいためるので、気をつけてください。身体の末端(脚の先など)から心臓に近いほうにかけて、手のひらなどでゆっくりとなでるのがコツです。素人が指先などでぎゅうぎゅうもむようなマッサージは、絶対にやめてください。

あとは、夜は早めに床に入ってぐっすりと寝ること。成長ホルモンが夜中に寝ている間に分泌され、筋肉の修復を促進します。

朝起きたときに、さわってみて、熱をもってはれているところがあれば、アイシングをしておくといいでしょう。そのあとで、ストレッチや整理体操、軽いマッサージ、可能なら朝風呂などで、血行をよくしておくと、さらにいいでしょう。

投稿日時 - 2006-04-26 23:45:37

今、中1という事なので、今まで使っていなかった筋肉を使い出した(陸上部入部で)ので筋肉痛になっているだけです。
筋肉痛でも使い続けると筋肉痛になりにくくなります。
僕も陸上をやってましたが、入部当初は筋肉痛ばかりでしたが数ヶ月も経てば筋肉痛もなくなりました。
すぐに直すよりも運動前(後)でちゃんとストレッチをすることかな?
あとマッサージかな?

投稿日時 - 2006-04-26 23:16:25

ANo.3

私も陸上競技の短距離を専門にやってました

筋肉痛は練習後に筋肉を冷やさないようにして、しっかりストレッチや筋マッサージをしないといけません

1日で直す方法は程度によっては難しいのですが、私は温泉に浸かって筋肉痛や筋肉疲労を回復しました

まず筋肉を冷やさず良くマッサージをして血行を良くすることですね

マッサージする時に「メンソレータムかなラブかな」そういったものを薬局で購入してマッサージに使いました

マッサージは確か足先から太もものように心臓から遠い足先等から強めに太ももの方に悪い血液を循環させるようにやりました

古い記憶なのでマッサージについては専門の解説書等を参考にした方がよいでしょう

当時を思い出すとコーチからとても痛いマッサージを受けて涙が出るほどだったのですが、不思議と筋肉痛で悩む事は無かったですね

でも中学1年生で筋肉がまだできあがっていないので、筋肉痛が長引くのは少しオーバーワークなのかも知れません

速くなるには筋肉痛になって(筋肉を鍛える)それを直しての繰り返しで速くなるので、ある程度は仕方が無いことです

ですがあまりひどい筋肉痛になると故障したり、スケジュールどおりにトレーニングできなかったりで逆効果に成りかねないので、適度に練習することですね

とにかく今は辛いかも知れませんがトレーニングを積み重ねると更に高い次元の走りにステップアップできると思いますので頑張ってください

投稿日時 - 2006-04-26 18:56:27

ANo.2

No.1に補足します。

乳酸の代謝を促進する為に、クールダウン後にマッサージを行ないます。

その要領は、心臓に一番遠いところから、順番に心臓へ向かって血液を戻すような感じで、マッサージを行ないます。
必ず、心臓の方向へのみ筋肉表面を擦って(マッサージ)してください。
文章でこのことを表現するのは難しいですので、Googleなどで、検索してみてください。
それなりに解りやすく手順が照会されているサイトが見つかるでしょう。

投稿日時 - 2006-04-26 18:52:03

ANo.1

なってから直すことを考えるよりも、なら無いようにすることを考えるべきです。

結構難しい理論があるのですが、簡単に言うと、
ウォーミングアップを念入りに行なって、身体(筋肉)が温まってからトレーニングを開始してください。
トレーニング終了後は、念入りにクールダウンを行なって、筋肉中に蓄積された疲労物質(乳酸)の代謝を促進させることに努めてください。
乳酸の代謝を完全に行なえるようにクールダウンをしていれば、筋肉痛になることも少ないでしょう。

投稿日時 - 2006-04-26 18:46:18

あなたにオススメの質問