こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自賠責保険と任意保険について

先日、息子が赤信号にもかかわらず、横断歩道を渡ろうとして、車とぶつかってしまいました。
病院代の支払いの件について、加害者の方とお話しましたところ、自賠責に入ってますので、支払い関係は保険屋に全て任せますので。。。と言う事だったので、とりあえず健康保険で私が払いました。
怪我の程度は、額を6センチ程縫いました。足も痛がるのでレントゲン撮影しましたが、骨折もしてませんでしたが、強打してますので、腫れていて思うようには歩けません。後はCTも異常はありませんでした。

後日、保険屋から電話があったのですが、そこでちょっと、おかしな事を言われたのです。

支払いについて、二つの方法がありますと。
一つは、加害者の自賠責保険の使用。
一つは、私が加入している保険が使用できれば、そちらの方をと。

普通、加害者の方の保険を使うんでは?と聞くと、普通そうなのですが、手間がかかりますと言うのです。
その手間とは、病院で診断明細書をとったりするのだとか…

もし、私の保険が使えれば、その保険屋が色々してくれるのだとか。
保険料も来年から普通高くなりますが、それも変わらないのだとか。

保険に詳しくない私には、全く分かりません。
一応、家族にも相談しますと言って電話をきりました。

事故をおこした場合、普通、自賠責と任意とどちらを使うのかさえも分かりません。
その辺りも含めて、アドバイスよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-04-19 17:26:23

QNo.2101682

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.2さんの書き込みのとおりです。

今回の事故のポイントは、息子さんの信号無視です。
信号無視は、自動車のセンターオーバーと並んで、最も重大な過失の一つです。
いかに歩行者といえど、信号無視は過失の度合いが大きくなりますので、任意保険ではケガの対応を原則行いません。
なぜなら、被害者の過失が大きい場合は、過失相殺をすると殆どのケースで、自賠責保険の範囲内(120万円以内)に収まるからです。
自賠責保険は過失相殺をしませんので、できるだけ120万円に収まるように、健康保険での治療を保険会社は勧めます。

自賠責保険には、加害者が請求する方法と被害者が請求する方法がありますが、加害者が請求を行う場合、被害者の診断書・診療報酬明細書を取り付けないといけませんが、昨今、個人情報保護法の関係でこれが非常に難しくなっています。
被害者から請求するほうが手っ取り早いということになりますし、被害者の過失が大きい場合は、被害者側で請求するのが当然ですよというのが一般的な風潮です。

質問者さんが人身傷害補償保険に入られているのでしたら、ご自身で自賠責保険に請求などされなくても、すべてこの保険で治療費、慰謝料、通院交通費などが支払われます。
また、これを使ったからと言って、翌年の保険料が上がることはありません。
人身傷害が付帯されていれば、ぜひ使うべきです。

投稿日時 - 2006-04-19 23:34:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

相手の保険会社がおっしゃってる事が、ようやく分かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-04-24 09:59:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

 自賠責保険と任意保険とは別物です。

 人身事故の場合、自賠責保険が優先されます。ただし120万円が限度(死亡事故や後遺障害が残る場合は別)ですので、その上乗せとして任意保険があります。つまり任意保険は自賠責保険で補償されない部分を補うということです。

 ただ事務上ではこの分は自賠責でここからは任意保険で・・・などと分けていると非常にややこしくなりますので、任意一括支払いといって任意保険の保険会社が自賠責保険の分もまとめて被害者に先に支払い、その後自賠責保険に請求するという方法があります。自賠責保険会社から任意保険会社に支払いがされてから被害者に支払いがされるわけではありません。(任意保険会社が自賠責保険会社に請求するのは加害者請求の一種ですので、被害者に支払ったことを証明しないと自賠責保険金はもらえない。)

 ただ今回は歩行者の赤信号無視がありますので歩行者側の過失が大きい事故となりますので、任意保険ですべて対応というわけにはなかなかなりません。任意保険で示談ということになれば、当然過失相殺されることになりますので。

 ですので加害車両(相手の車)についている自賠責保険を使うことを、相手の保険会社はお話されたのではとおもいます。自賠責保険では基本的には過失相殺はされません。

 自賠責保険ですが、請求方法には加害者請求と被害者請求があります。加害者請求とは双方で示談を交わし加害者が被害者に示談金を支払っていることを証明する必要があります。というのは慰謝料などは被害者が受け取るべきものであり、加害者が被害者に支払いをしていない時点で加害者に支払いをしても、それが被害者に支払いされるという保証がないからです。
 それに対して被害者請求は、被害者本人が治療費や交通費の明細の書類をそろえて提出するだけで自動的に損害額(慰謝料なども含む)を計算し、被害者本人に振込みがされます。

 今回は歩行者側にも過失がありますから、被害者請求されるほうがいいようにおもいます。お子様の年齢がいくつかわかりませんが、休業損害などなく6センチの傷でしたら限度内でおさまるのではとおもいます。

 それから自賠責保険の査定は「自賠責保険調査事務所」というところがします。各保険会社は保険の引き受け及び請求の受付窓口及び支払い窓口になっているにすぎません。損害額の査定に関しては何の権限もありません。もちろん相談すればお答えはしますが、保険会社が病院に電話をしたり示談代行をするわけではありません。「やる気があるのか?」ではなく何もできない立場なのです。儲かるか儲からないかなどまったく関係ありません。

 元保険会社の事故担当ですが、「元」なので一般人にしておきます。

投稿日時 - 2006-04-19 22:22:32

お礼

ご回答、ありがとうございます。

元保険会社の事故担当をされていたということで、内容も確かなものと判断させていただきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-04-24 09:47:44

ANo.1

経験者です。
自賠責の場合の保険屋はまったくあてになりません。有名な保険会社でも、「やるきあるのか?」と思うくらいです。多分自賠責なので儲からないからでしょうねw
なので、被害者請求をすることをお勧めします。
請求はすべてこちらでするので、関係書類を送って下さいと言えばいいです。
もちろん診断書等はすべて必要ですが。

あなたの保険というのは車の人身傷害保険のことでしょうか?
これは家族が事故にあった場合でも保険が出ます。
使っても等級が上がることはありません。
でもこれは、あなたの保険であって相手の保険とは無関係で出ます。(ただし、後遺障害などの等級は自賠責の等級に準じると思います)
金額は少ないですが、もらった方が得です。

自賠責は上限120万ですので、これ以上かかる場合は相手方に請求となりますね。
何故保険屋がそのようなことを言ったのか不思議です。あなたの保険屋が色々するはずはないでしょう。
アドバイスはくれますがね。相手に請求などもないはずです。

普通は相手の任意保険があれば、その保険屋がすべてしますが・・・・・自賠責だけだと被害者請求の方が早いでしょう。(加害者請求だと一旦保険が相手方に入り、それからこちらに支払われるので遅くなる)
もう一度あなたの保険会社に良く聞いて、(もちろん人身傷害保険のことも)それから相手の保険会社に問い合わせた方が良いです。

投稿日時 - 2006-04-19 17:46:13

お礼

ご返答ありがとうございます。

>自賠責の場合の保険屋はまったくあてになりません。有名な保険会社でも、「やるきあるのか?」と思うくらいです。

有名な保険会社でしたので、信用してましたが、あてにならないのですね。ホントにそんな感じでした。


>あなたの保険というのは車の人身傷害保険のことでしょうか?

はい。はっきりと『人身傷害保険』とおっしゃいました。相手の保険とは関係なく出るのですね。まさか、それだけで済まそうという考えなのでしょうか。。。

どちらにせよ、私の加入している保険会社にきっちりと相談した方がよさそうですね。

とても勉強になりました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2006-04-19 19:17:58

あなたにオススメの質問