こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パートの必要経費・・・

主婦で現在パートに行っています。
仕事が特殊で近くに無く、毎日遠方まで車で通っています。

会社からの賃金は時給のみで、交通費等他は一切出ません。

交通費(ガソリン代)が時給1時間分より高くついてしまい、
さらに持病でヘルニア持ちなので、週に2~3度整体治療を受けないと辛くて仕事ができません。
交通費と整体とでかなり出費してしまいます。

できればそれらの分を少しでも補うために残業したいなと思っていますが、
そうすると103万を越し、扶養から外れるそうなので迷っています。

パートでも「必要経費」などはないのでしょうか?
整体は無理としても、せめて交通費だけでも・・・

投稿日時 - 2006-04-16 13:05:57

QNo.2095253

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

元税理士事務所の職員です。

>パートでも「必要経費」などはないのでしょうか?

あなたにはすでに必要経費は認められ、算入されています「給与所得控除」がそれです。

103万円の壁、の明細をご存知ですか?
給与所得控除の最低保障額65万円+基礎控除額38万円、がその明細です。

給与所得控除は、サラリーマン(含むパート、アルバイト 給与所得者といいます)の必要経費(収入を生むためにかかる出費)が実額で認められていない代わりに、概算額としてかなり大目の金額を認められている、サラリーマンの必要経費なのです。

103万円を超えそう、とのことですが、ガソリン代などの必要経費が年間65万円以上かかっていますか?そんなことはありませんよね。つまり、この税制のおかげであなたはずいぶん得をなさっておられるのです。

持病をお持ちとのことで、大変だとは思いますが(私も喘息もちなのでお気持ちはよく分かります)、税制に不満をもつのは筋違いです。念のため。

日本のサラリーマンの大半はこのことを知らず、「必要経費を認めないのはけしからん」と憤っておられますが、実際に必要経費が認められれば(当然給与所得控除は無しになります)99%のサラリーマンの所得税額は増えることになるでしょうね。

実際、アメリカなどではサラリーマンも全て領収書をあつめ、必要経費を実額で計算、確定申告を行っています。日本のサラリーマンは世界でも有数、というほどに税制上優遇されているのです。

少し厳しいことを申し上げましたので、多少アドバイスなどを。

交通費を実費で支給してもらう分には給与所得としてはカウントされません。
「時給を下げてもいいから、交通費を支給して欲しい」
と言って交渉なされてはいかがでしょう。会社側としても、源泉徴収して年末調整、というのは避けたいでしょうから(交通費の支給は給与ではなく福利厚生費又は交通費として処理されます)、応じてもらえるのではないでしょうか。

いろいろと厳しい言い方をしてしまいました。お気を悪くなされたようでしたら、改めてお詫びいたしたいと思います。妄言多謝。

投稿日時 - 2006-04-16 16:12:48

お礼

分かりやすいご説明ありがとうございます。
なぜ「必要経費」がないのか不思議でしたが、納得です。

時給を下げてもいいから、交通費を支給してもらう。
これは私の1番望んでいたことです。
会社に交渉してみます。

投稿日時 - 2006-04-16 17:14:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

言い忘れていましたが、医療費控除の対象になるのは
年額10万円以上の部分だけです。つまり、

(1年間にかかった医療費-10万円)x旦那さんの税率

の金額が還付されます。10万円以下なら1円も還付されません。期待させてしまってごめんなさい。
(ただ、給与収入がだいたい300万円以下であれば、医療費が10万円以下でも控除が受けられる場合がありますので税務署に相談してみてください)

なので、頑張って医療費を集める必要があります。診療代の他にも、薬局で買った薬の代金、病院までの交通費なども医療費とすることができます。ただし、交通費であってもガソリン代は認められません。その場合は、病院まで電車で行ったものとして、交通費をメモにまとめて申告していいと思います。

ちなみに、病院じゃなくても、資格のある整体師に施術を受けているのであれば、医療費控除の対象になりますのでご安心を。

領収書は保存して、確定申告書に添付します。

投稿日時 - 2006-04-16 16:36:49

お礼

ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2006-04-16 17:16:14

ANo.2

たいんですね。
ガソリン代は無理ですが、旦那さんが確定申告すれば、あなたの整体での治療費の医療費控除をとることができますよ。
「治療費x旦那さんの税率」の金額が還付されます。

投稿日時 - 2006-04-16 14:19:47

お礼

ありがとうございます。
旦那の確定申告の時に、治療費を証明すればいいのでしょうか?
一度試してみます。
(病院じゃないのですが、大丈夫でしょうか?)

投稿日時 - 2006-04-16 14:27:09

ANo.1

交通費は会社側が自由に設定できる通勤手当ですので
会社が支給しないのであれば無理ですね。

交通手段を車以外に変えて交通費を減らす自己努力が必要かと・・・

整体に限らず、治療費は本人が負担すべき物ですから・・・
勤務していてヘルニアになったのなら別ですけどね(労災)

投稿日時 - 2006-04-16 13:18:39

お礼

ありがとうございます。
やっぱり無理ですか。(ダメ元で質問してみたのですが・・・)

すごく辺鄙なところで、交通手段が実質車しか無理なのです。
電車だと3時間以上かかる上に最後はタクシーしかなくて現実的ではないので。
仕事中にヘルニアになったのですが、
家族・親族でやってる本当に小さな会社(農家みたいな感じ)なので労災とか無いそうです。

職場を変えるか我慢するしかないのですね・・・

投稿日時 - 2006-04-16 14:24:43

あなたにオススメの質問