こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フライトアテンダントと教師どっちを目指すべきか。

ただ今、フライトアテンダントと英語教師、どちらを目指そうか迷っています。昔から、フライトアテンダントにずっと憧れ、目指してきました。英語や外国が大好きなので、フライトアテンダントになりたいと思っていました。。
ですが、最近、教師という仕事に興味が沸いてきました。生まれてこのかた、教師になりたいなんて考えたこともなく、急に思い始めたことなので、自分でもびっくりしています。

そこで、現役の方や、これらの分野について詳しい方からご意見を聞きたいと思っています。

どちらの職業も、相当倍率の高い職業だと思います。では、実際どちらの方が倍率の高い職業だと思いますか?(倍率を考え、夢を諦めようとしているわけではありません。悪までも参考に。)

フライトアテンダントという仕事はあまり長く働かせてくれないんですよね?その場合、定年するまで働ける教師の方が、長い目で見ると良いのでしょうか?安定さや優遇などについて、どちらの方が良いでしょうか。

とりあえず、どちらにもなれる位、大学で英語をしっかり学び、人間に磨きをかけるつもりです。職業選びはとても大事な選択になると思います。
是非、みなさんのご意見をお聞かせてください。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-03-12 00:19:16

QNo.2023087

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

初めまして。
どちらの経験も無いですし、
どちらの競争率が高いのかについてもわからないませんので、
率直な感想ですが、
フライトアテンダントは体力的に、若いうちしかできないような気がします。

一方教師の場合は、どのような学校に行くかにもよるのでしょうが、
(知人に高専の教師がいますので、教師と言う仕事は決して楽ではないことを肌で感じていますが)
定年まで働けるところもあると思います。
(部活を持っているとそれなりに大変なこともありますが)

よって、可能なら一度フライトアテンダントとして働き、様々な知識を身につけ、また様々な経験をした後、
教師になる、というのも悪くない気がします。

知人を通じて学校の先生の話をよく聞かされますが、
社会人経験のないまま、いきなり教師になってしまった人と、
一度社会人として会社で仕事をしてきて教師になった人とでは、
社会人経験のある人のほうが見識が広い、という傾向にあるそうです。

(逆に、研究もする理工学系の場合は、会社と学校とのギャップに悩む人もいるそうですが)

あくまで傾向からの話しですが、一度フライトアテンダントの仕事をし、生きた英語を身につけたあとのほうが、
教師として教鞭をとる場合、魅力のある授業ができるような気がします。

参考になれば幸いです。
(どんな人:知人に高専の教師がいる者)

人間に磨きをかけようと志が高い方のようですので、
是非素晴らしいフライトアテンダントや教師になってくださいね。

(あ、ここまで書いて気がついたんですが、学校の先生ではなく、
フライトアテンダントとして働いた後でしたら、
フライトアテンダントを目指す人たちのための学校の講師として働ける可能性もありますよね。)

投稿日時 - 2006-03-12 00:36:14

お礼

ありがとうございます。とても参考にさせて頂きました。
一生の内に憧れの職業ダブルに就こうなんて考えもしませんでした。
確かにフライトアテンダントとしてたくさんの知識を身につけてからだと、磨きのかかった教師になれそうです。でも、フライトアテンダントを辞めてからの歳で教員に採用されるのは難しくはないんですか?
そこら辺がちょっと心配です。

投稿日時 - 2006-03-12 01:24:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

再びNO1です。
以前、職場に教員になりたいということで、教員採用試験を目指す目的で退職した後輩が居ました。
(出身大学及び学部は同じ、でも学科が違う後輩)

自分が大学出たての頃は、地方公務員など教職採用試験を受ける年齢に制限があったようですが、最近ではなくなっていると聞いたことがあります。
但し、聞いたことがある程度で不確かな情報ですので、公務員試験(教員採用試験)の年齢制限等については、学校の先生に確認するなど、必ずお調べになってください。

なお、私立などの学校の場合には、教員採用試験等は関係ないようですので、年齢制限はないと思います。
(地元の育英高校では、自分の知っている限りでは70歳くらいの先生がいらっしゃいました。自分が大学に通っている時の話しですが)

但し、私立の学校、予備校の先生、塾の講師、又はフライトアテンダント養成の学校の講師など、それぞれ募集する人の年齢は異なってきますので、それぞれの学校の求人情報を見ることが可能なら、
今からでも情報を収集しておくとよいのではないかと思います。

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2006-03-12 21:49:09

お礼

あまり年齢は関係ないとのことで、とてもうれしく思いました。
ではフライトアテンダントと教員を両方真面目に目指してみようと思います。それまでに人間を磨き、幅広い知識を身に付ける為、頑張ります。貴重なご意見どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-03-12 22:53:17

ANo.2

どちらもきついらしいですよ。

英語教師は学校・生徒次第だとは思いますが。今までと違い、教師はかなりきつそうですね。 予備校教師とか受験高校なら少しは生徒はまともだろうけど。

フライトアテンダント・・・・海外の会社・・・特に米系に入れば、年齢に関係なく飛べます。 もっともいつ会社がなくなるかは分かりませんが(^_^;) 
乗っていて、足腰がしっかりしていて、飲み物をぶっ掛けられそうな恐れを感じにくいのは米系のどっしりしたおばさん乗務員です。

二者選択で、一生の仕事を考える・・・結婚は考えない・・・・教師でしょうね。
娘でどちらかというなら、乗務員の方がいいな・・・親は無料で乗れるし・・・(^_^;)

投稿日時 - 2006-03-12 06:06:29

お礼

確かにどちらともきつい仕事ですよね。そこは覚悟致しております。
教師って生徒との関係が難しそうです。
アメリカとかだったら、年齢に関係ないんですよね。そうしますと、今度は語学が試されますよね。日本でも年齢が関係なかったら良かったです。

投稿日時 - 2006-03-12 10:09:44

あなたにオススメの質問