こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ルータとルータ間の接続

現在、YAMAHAのルータRT57iを使って、ルーティングをやろうとしています。
ストレートケーブルにてRT57iのLAN1ポート同士を接続しております。
ルーティングしたいエリアは、以下のとおりです。
●ネットワークエリア:A
ルータIP:192.168.46.1
ネットワークエリア:192.168.46.0/24
●ネットワークエリア:B
ルータIP:192.168.51.254
ネットワークエリア:192.168.51.0/24

AとBそれぞれにルーティングテーブルを設定し、
A側ルーティングテーブル:
ip route 192.168.51.0/24 gateway 192.168.51.254 metric 2
B側ルーティングテーブル:
ip route 192.168.46.0/24 gateway 192.168.41.1 metric 2
に設定しています。

ですが、それぞれのクライアントからpingをしても、
『Destination net unreachable』が帰ってきてしまいます。
これは、手前のルータにてルーティング先がないということまではわかったのですが、解決策がわかりません。
なぜ、ルーティングテーブルを記述しているにもかかわらず、pingが通らないのでしょうか?
わかる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-02-06 21:45:46

QNo.1948556

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ルーターの「ルーティング設定」とは「LANポートとWANポートの間で、どうパケットを通すか」の設定になります。

ですので
>LAN1ポート同士を接続しております。
の接続では、正しいルーティングは行われません。

正しい接続は
ルータAのLAN1ポートはルータBのWANポートへ
ルータAの他のLANポートは192.168.46.0/24の機器へ
ルータAのWANポートは外部ネットワークへ
ルータBのLANポートは192.168.51.0/24の機器へ
ルータBのWANポートはルータAのLAN1ポートへ
となります。

基本的な接続方法は以下の通りです。

上位(外部)へ
 |
 WAN(外部ネットワークエリアの一部)
ルータA
 LAN(ネットワークエリアA)
 ||
 |+--内部機器(ネットワークエリアA)
 |
 WAN(ネットワークエリアAの一部)
ルータB
 LAN(ネットワークエリアB)
 |
内部機器(ネットワークエリアB)

「2台のルータはLANポートとWANポートとで繋ぐ」が基本です。

ルーティングの設定については、他の方の回答を参照して下さい。

投稿日時 - 2006-02-06 23:03:13

補足

WANポートをLAN2ポートと変更してつないでも、同様のルーティング設定ができるのでしょうか?
ご返答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-02-07 01:36:20

お礼

無事設定することができました。
わかりやすい説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-07 11:49:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

LANポート同士を接続したのでは、単にHUBで接続しただけですよ

ルータについて基本を勉強してください

ルータとHUBの役割分担、HUB付きルータの場合、ルータとして動作するのはどことどこなのか
さらにネットワークとルート設定
基本を飛ばしてしまっているため、知識が空回りしているように感じます

ネットワークはルータをポイントに図に表すのが不備な点の発見に有効です
思い込みでなく、設定した情報のみでどのように動作するかの検証が必要です、思い込みで肝心な設定・接続を忘れていることが良くあります

投稿日時 - 2006-02-06 22:19:15

お礼

まだまだ知識不足のようですね。
アドバイスありがとうございました。
これからも、何か質問することがあるかもしれませんが、そのときは、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-02-07 01:31:50

ANo.1

 あれ? ルータは2台あるんよね? そうすると、サブネットは3つ無いといけない。

 192.168.46.0/24-ルータA-???-ルータB-192.168.51.0/24

 分かるだろうか。ルータAは192.168.46.0/24と???、ルータBは192.168.51.0/24と???を繋ぐルータな訳だ。この???が一般的にバックボーンネットワークと呼ばれる。
 もっと有り体に言うと、ルータAとルータBは「それぞれ2つのIPアドレスを持つ」。具体的な例を示すと
 192.168.46.0/24-192.168.46.1(ルータA)192.168.1.1/24-192.168.1.2/24(ルータB)192.168.51.254/24-192.168.51.0/24
 という風にルータAB間もひとつのサブネットにならないといけない。これが、ルータAB間でDestination net unreachableになる理由だ。その上で

ルータA: ip route 192.168.51.0/24 gateway 192.168.1.2 metric 1
ルータB: ip route 192.168.46.0/24 gateway 192.168.1.1 metric 1

となる。ルータとは2つのサブネットに同時に参加し、それらの間でIPパケットを転送する装置だと覚えてくれたまい。

投稿日時 - 2006-02-06 21:59:09

お礼

わかりやすい解説ありがとうございました(^^♪
ルーターは2つのサブネットに参加するものなのですね。
まだまだ基本ができていないようです。
勉強しなおしたいと思います。

投稿日時 - 2006-02-07 01:30:19

あなたにオススメの質問