こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

HDD内部の部品について

先日、遊び半分で壊れているHDDを分解してみました。
当然の様に磁気ディスクやスイングアーム・磁気ヘッド・アクチュエータ等が確認出来ましたが、ふと見るとアクチュエータの付近に、縦1cm×横2cm×高さ1cm位のアクリルで出来た透明ケースの中に直径0.5mm位の黒い玉(正露丸を凄く小さくしたようなもの)が沢山入っているのに気が付きました。(ケースは白いパテみたいなもので封がしてあります。)
また、HDDを振ると、かすかに『シャカシャカ』と音がなります。
これはいったい何なのでしょうか?
また何の為についているのでしょうか?
気になったのでネットなどで調べてみましたが、該当するものを見つける事が出来ませんでした。
マイナーな質問ですみませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-01-13 17:21:40

QNo.1893654

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

参考URLによると

1.HDDの中と外はフィルターでつながっていて空気は出入りする。

2.湿度の高いところや、急激な温度変化による結露で時勢面が腐食する。

3.URLにはありませんが、湿度が低いと磁気面とヘッドの摩擦を減らすコーティング剤が蒸発する。

おそらく黒い玉は湿度を一定に保つ、除湿(保湿?)剤だと思われます。

参考URL:http://www.ayamizu.com/hdd-kaiseki.htm

投稿日時 - 2006-01-14 11:10:47

お礼

早速のご回答有難うございました。
なるほど除湿剤(もしくは保湿剤)ですか。納得です。
(参考urlも拝見し、勉強させていただきました。)
HDD開発者達の苦労が少~し見えたような気がしました。
お陰で頭の中でモヤッとしてたものが無くなりました。
有難うございました。

投稿日時 - 2006-01-14 22:02:32

あなたにオススメの質問