こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

償還日の近付いたファンドの動きについて

償還日が近付いてきたファンドというのは、それまでの値動きとは違う動きをするのでしょうか?
例えば、それまでほぼ順調に基準価格が上昇してきても償還日を迎えればそのファンドはそこで終わってしまうということだと思うので、多くの人が解約をするなどしてしまい、基準価格が下がってしまうとか・・・?

投稿日時 - 2006-01-09 11:01:12

QNo.1884623

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>償還日が近付いてきたファンドというのは、それまでの値動きとは違う動きをするのでしょうか?

する可能性は高いです。

>例えば、それまでほぼ順調に基準価格が上昇してきても償還日を迎えればそのファンドはそこで終わってしまうということだと思うので、多くの人が解約をするなどしてしまい、基準価格が下がってしまうとか・・・?

これは必ずしもそうはいえません。
十分に流動性の高い市場で運用されている通常のファンドであれば、解約が基準価額の大きな下落につながることはありません。(もちろん売買コストなどは
多少かかりますが…)

一般的なファンドであれば、償還日の1ヶ月前程度から償還(すなわち投資家に対して現金をお返しする行為)に向けて、保有する有価証券の売却を進めます。
このため、ファンドの保有する現金が増えるため、基準価額の変動は小さくなっていく場合が多いです。

投稿日時 - 2006-01-10 00:10:36

お礼

大変分かりやすいご説明をありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-10 07:47:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

#1さんの話のとおり、償還に向けて作業を開始します。そのため、現金の保有が順次増えていきます。
結果として、変動幅はどんどん小さくなるでしょう。
 解約が進んだとしても、持分を出しているだけなので、基準価格に変動は出ないはずです(昔一気に流出して価格が上昇した中国ファンドがありましたが)。

投稿日時 - 2006-01-10 00:48:58

お礼

ご説明よくわかりました。
お忙しいところありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-10 07:49:16

あなたにオススメの質問