こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「慶應」と名のつく予備校はなぜ少ない?

タイトルの通りなのですが、タコ質問ですみません。素朴な疑問なんです。

巷には「早稲田塾」とか「早稲田予備校」とか、何かと「ワセダ」がつく予備校が多いですよね。

ところが「慶應」と名のつく予備校は少ないように感じます。(「早慶ナンタラ」とくっついているというのはよくありますが)

ワセダというのは地名でもあるから多いのでしょうか。ケイオウというのは元号だから少ないのでしょうか。それとも、この質問自体が無知・不明・そんなことないよ状態なのでしょうか。

詳しい方、教えてください。できれば「感じ」とか「想像」とか「予測」でないご回答だと嬉しいのですが。

投稿日時 - 2006-01-06 02:09:24

QNo.1878128

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

やはり「地名」が理由でしょう。
関連業界で「類似の名称」が問題となった場合に、正当な理由付けがしやすいかどうかで、「慶應」は抵抗感があり「早稲田」は抵抗感がなかったのでしょうね。

投稿日時 - 2006-01-06 06:36:48

補足

当局から「もう締め切れ」というメールが来てしまいました。

締め切りを失念していたわけではないので残念です。
ご回答はお一人だけでした。あわせて残念。

この予備校の呼称については、みなさんあまり疑問に思われないのでしょうか?

これにて幕引きとさせていただきます。

投稿日時 - 2006-01-21 10:54:44

お礼

素朴なギモンに真摯なご回答ありがとうございます。

やっぱり元号は×で、地名は○なんですかね。。。。

元号といえば、(以下私の知っている範囲のことですが)明治なんとかいう予備校や、大正なんたらいうゼミナールは聞かないなぁ。昭和・・・、平成・・・、は見聞きしますが。

投稿日時 - 2006-01-06 20:36:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問