こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

グラフィックデザイナー

こんばんは。
僕は現在高校1年生です。
今、僕は将来の事を真剣に考え始めました。
将来、僕は自分の好きな事を
仕事にしたいと考えています。
僕は小さい頃から今までずっと絵を描く事が大好きで、
今もよく友達と落書きなどをすると、
僕の絵がとても好評で、僕の絵が好きだと言ってくれる人が数人います。
僕自信、とても絵が好きなので、将来もデザイナー関係の仕事に就きたいと考えています。
僕が今知りたいのは、グラフィックデザイナーとはどういう仕事なのか、これからの需要はどうなっていくのか、
グラフィクデザイナーのスタート地点に
立つにはPhotoshopやIllustratorなどのソフトを使えたら専門学校に行かなくてもいいのかなどです。
他、グラフィックデザイナー関係の事なら何でもイイので教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-05 19:20:45

QNo.1877286

GDI

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

アートディレクターを
目指してはどうでしょうか。

アートディレクターはその気になれば
グラフィックデザイナーになれます。
グラフィックデザイナーは、そう簡単に
アートディレクターにはなれません。

グラフィックデザイナーは、その気になれば
イラストレーターになれます。
イラストレーターは、そう簡単に
グラフィックデザイナーにはなれません。

つまり、アートディレクターは
グラフィックデザイナー的な要素も、
イラストレーター的な要素も全部含むという事です。

アートディレクターの活動領域がどんどん拡大しているのに対して
グラフィックデザイナーの活動領域はどんどん縮小しています。
イラストレーターはアマチュア化が進んでいるので、
なろうとおもえば、いつでもなれますが、ほとんどの人は
30歳を超えたあたりから、ほとんど仕事がなくなります。

photoshopやillustratorを使える事はあたりまえの基本条件です。
コンピューターを誰かの指示通りに動かすオペレーターは
デザイナーではありません。

デッサンなどの基礎訓練をきっちりやって
4年制の美術大学を目指すべきだと思います。

投稿日時 - 2008-05-01 06:01:57

ANo.8

No.5 ulmo です。

イラストレーションをサイドビジネスに、ということですが、結論から言えば可能です。

「大人たばこ養成講座」という広告をご存じでしょうか。あれを担当している寄藤文平という人は、デザインだけではなくあのイラストも自分で描いてます。また他のデザイナーにイラストだけを頼まれて描くこともあるそうです。

ただイラストは結構独特な世界で、うまいだけではなく、「自分なりのテイスト」を持った人でないと仕事が来ないということがあります。それを自分で生み出せるかが勝負ですね。「イラストレーション」という専門誌があるので、それを毎号見てみてどういうものなのかを勉強して下さい。

http://www.genkosha.co.jp/il/

あと学校の費用等の話ですが、もうここではお答えすることはできないと思いますし、その段階でもないでしょう。職業内容があらかた判ったのですから、これ以降はもうここで質問するのではなく、学校を通じて近隣の美術系学校の資料を取り寄せて比較して下さい。

投稿日時 - 2006-01-08 14:05:14

ANo.7

ぼくは高1の時にデザインまだデザインとは言えない程度だったけどPhotoshopで遊びはじめ、高2になってIllustratorで遊ぶようになりました。
デザインのセンスは全然ないし、パソコンじゃないとそれなりの物は作れません。手でイラストを描くという事は得意じゃないんですね。
でも、近いうちに、自分の作る(組み版、レイアウトするだけですが)冊子を1万部ほど刷ってもらえることになりました。
とても良いチャンスをつかんだと思っています。
ぼくはデザインが好きだけど、もう将来その方面の職に就くのは諦めました。今度の1万部の冊子の後はしばらく手を引くつもりです。

あなたはセンスも持ち合わせているのだから、ぼくよりもっといいチャンスをつかめるかもしれません。

チャンスをつかんでください。

(デザインの仕事をしたいけど、それほどの才能がないと諦めた人が建築家になったという話を聞いたことがあります。)

投稿日時 - 2006-01-08 00:40:01

広告代理店でマーケティングとプランニングをやってます。

> グラフィックデザイナーとはどういう仕事なのか
ANo.5さんの仰る通りです。

以下、GDIさんの目指す職業が
イラストレータ、DTPオペレーターではなく
グラフィックデザイナーである、という前提で話します。

> これからの需要はどうなっていくのか
需要そのものは大きくは変わらないでしょう。
グラフィックデザイン業務そのものは廃れることも発展することも
(極端には)ないと思います。

ただし環境変化は結構あると思います。
私がこの業界に入ったのは20年近く前ですが
当時はまだコンピュータは浸透しておらず
デザイナーさんは版下と呼ぶ設計図のようなモノをつくって
印刷屋さんに手渡していました。
(昔は文字ひとつ打つにも写植屋さんというのに頼んでいたのです。)
今はデスクトップで一旦完成形をつくってデータ送信してるんだから
すごい変わりようです。
DTPの進化普及により、ある意味GDIさんの仰る通り
PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使えれば
誰でもグラフィック・デザインが出来るようになったと思います。
(ただし、10年後に同じソフトが使われてるかどうか?は疑問です。)
これにより、例えばファッションデザインの世界では
専門教育を受けていない、趣味の延長で服作りを始めたような
インディーズ系のデザイナーの服が人気になったりしますが
グラフィックの世界でもそのようなことが起こってくると思います。
(異業種デザイナーや素人デザイナーの活躍が活発化する。)
今のは個人レベルの話ですが、一方企業レベルで考えると
アニメなどで顕著ですが、作品の仕上げなどを中国や韓国に
アウトソーシングすることで価格を抑える、といったことや
建築などで顕著ですが、デザインはヨーロッパの有名デザイナーに依頼する、といった
グローバル・レベルでの効率化が進むと思います。
(企業がグローバル化している。)
(インターネットを中心にメディアがグローバル化している。)
以上のような理由により
絵が上手いとか、DTPソフトが上手く使える、といった技術的なことより
発想力とか表現力が成否を分けるような傾向が強くなるのではないか?
と予想します。

デザインというのは、詰まるところ「ヒューマン・インターフェース」です。
要するに「人に使われないと」意味がありません。
プロダクト・デザインでより顕著ですが
グラフィック・デザインも基本は同じです。
ですから、最後にはその人の「人間性」や「生活観」が問われます。

一流と言われるグラフィック・デザイナーの方って
みな博識で多芸で自由で貪欲です。
結局、人間として面白いから
人を惹きつけるデザインがつくれるんだろうと思ってしまいます。
GDIさんも、受験までまだ時間がありますから
人間力や感受性を磨いて下さいね。

最後に、実践的なアドバイス。
> PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使えたら
> 専門学校に行かなくてもいいのか
技術などの習得において美大や芸大、専門学校は
ほとんど役に立ちません。
ただし、就職情報の入手や、仲間やコネを作るのには役立ちますし
採用条件として「美大・専門学校生」を挙げる会社も多いので
とりあえず美大進学を考えておくことをおススメしておきます。

投稿日時 - 2006-01-06 16:24:06

補足

とてもわかりやすい回答ありがとうございます。
専門学校と美大では美大への進学の方がお金はかからないのでしょうか?

投稿日時 - 2006-01-06 18:17:45

ANo.5

グラフィック/Webデザイナーです。

グラフィックデザインとは、平面全般のデザインをする仕事です。具体的には、ポスター、チラシ、雑誌、商品や会社のロゴ、マーク等ですね。立体物ではなく、何かに印刷されて初めて目に見えるもの全般をデザインする仕事ですが、書籍の装丁や商品のパッケージ等をデザインすることもあって、この辺りは立体物との境界が曖昧になっています。

イラストレーションはまたこれとは違い、デザイナーに頼まれてイラストを描くことになります。デザイナーはもらったイラストを自分のデザインの中に組み込んでいきます。

デザイナーになるには、美大や芸大、専門学校等の専門コースを選択して学んでいくことになるかと思います。その過程で、Photoshop等の使い方も習っていくことになるでしょう。入試にはデッサン等が必須になってきますので、もう今からでも美術系予備校の資料を当たった方がいいと思います。学校の進路指導室等で相談なさってはいかがでしょうか。

ただデザインは、常に相手主体です。誰かの要望に応えるものであって、いつでも自分が作りたいモノが作れるわけではありません。反対にファインアート(絵画や彫刻)は、自分の作りたいモノを作ってそれを世に問う行為です。これだと楽しいと思うでしょうが、これで食べていける人は本当に一握りです。どちらにするかは、まだ時間があると思うので、考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2006-01-06 12:42:26

補足

グラフィックデザイナーを主体にイラストレーションをサイドビジネスとしてすることは可能なのでしょうか??

投稿日時 - 2006-01-06 18:14:36

ANo.4

>頼まれたデザインなら何でもこなす自信はあります!!
>自分のデザインした物をいろんな人に見てもらいたいと思っています。

それなら世の中のデザインされたものを沢山見て色々なことを吸収すると良いと思います。
それと将来の話ですが就職の際にはアピールするための自分の作品を作ることになると思うので何か作ってみてはどうでしょう。
例えばCDジャケットを本格的に作ってみるなど。
コンセプトやターゲット、制作意図などの要素も大事です。
デザインの理由が「カッコイイ」だけでは説得できませんからね。

また作ったものを自分のHPに綺麗にまとめてポートフォリオにできるとなお良いですね(下記は例)。
http://www.19760203.com/index.html
といってもこれが必要になってくるのは就職する際なのでまだかなり先の話だとは思います。

DTPWorldなどデザイン関係の雑誌を読んでみてはどうでしょう。
MdN出版で「プロとして恥ずかしくない○○の大原則」シリーズなども必要な知識や仕事内容を垣間見るのに参考になって良いと思います。
このあたりの知識は独学でも良いと思いますが、プレゼンなどは経験しないと身に付かないと思うのでデザイン関係の専門学校へ行った方がいいかも知れないですね。

投稿日時 - 2006-01-05 20:28:32

お礼

本当にありがとうございます!!
とても参考になりました。
学校でもポートフォリオは役に立つという事を学んだので僕も作ってみようかと思います。
本当にありがとうございました。
今の時点で真剣にグラフィックデザインについて勉強してみようという気持ちになりました。この回答を参考にいろいろ調べて行きたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-05 20:38:09

ANo.3

>CDジャケットのデザインなどを手掛けたいのですが、それはどういう職種に当たるのでしょうか??

業種的にはDTP(デスクトップパブリッシング)にあたると思います。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=1341820-0000&kind=jn&mode=5
職種はそのままグラフィックデザイナーで良いと思います。

誰よりも特出している持ち味があるならそれをウリにクリエイターとして活躍できるかも知れないですが
基本的にはクライアントのニーズに合わせて色調や絵柄を変えられる器用さが必要になると思います。
「カッコイイデザインをしたい」と思っていても、地味なデザインを心掛けないといけない仕事の方が割合を占めると思うのでそこは胸に留めておいた方がいいかも知れません。
例えば不動産屋のHPを作ることになっても、生命保険のポスターを作ることになっても良いデザインを考えられる自信はありますか?

投稿日時 - 2006-01-05 20:02:24

補足

頼まれたデザインなら何でもこなす自信はあります!!
自分のデザインした物をいろんな人に見てもらいたいと思っています。

投稿日時 - 2006-01-05 20:03:27

ANo.2

こんばんは。
DTPは少し、コンシューマソフト開発では長年CGグラフィックをやってきた自分の経験上での話になります。

絵を描くことが好きだということですが、グラフィックデザインというよりもイラストレーターになりたい感じでしょうか?
それはイラストが好きで向上心があり、個性があって見栄えが良い絵を描けるなら
将来絵を描く仕事中心で食べていける可能性はあると思います。
目指すならDTP&WEB業界かゲーム業界かでしょうか。
フリーではなく就職となると、会社がイラストを描ける人間を欲しがっている場合になりますが
そういった募集はあまり無い感じを受けますし、よほどの才能が無いと難しいと思います。
しかし専門学校で習うような勉強は必要無いかも知れないですね。
もちろんデザインに関する知識はあるにこしたことは無いと思いますが。
ただ、ゲーム業界でも純粋に絵を描く仕事は全体の作業の中のほんの一握りなので
よほど描ける人間にのみ与えられる仕事で、しかも絵を描いていればいいだけでなく
他の作業も平行してやらなければいけない場合が多いと思います。
フリーであれば実力次第で純粋に絵を描くだけで食べて行くことは可能だと思います。

イラストとは別に「デザイン」というと、ロゴの作成や文字の配置・構図やページ構成・配色など直訳通り「設計」的な作業中心になります。
あとはコンセプトワークなど企画的な面もあればプレゼンテーション能力も必要になってくると思います。
その場合は勉強してある程度身に付けておかなければならないかも知れません。

投稿日時 - 2006-01-05 19:49:23

補足

ありがとうございます。
CDジャケットのデザインなどを手掛けたいのですが、それはどういう職種に当たるのでしょうか??

投稿日時 - 2006-01-05 19:51:59

ANo.1

私も、高校生の頃、あなたと同じような夢を持っていました。

グラフィックデザイナーとは、その名の通りパソコンで色々なデザインをする仕事です。
ジャンルは広域で、PCでデザインをすること全てです。
広告とか、TVCMだとか映画のCGであったり、建物のシミュレーションや製品の模造など様々です。

将来的には、需要は今後もほぼ変わらないでしょう。未来に何が起こるか分かりませんが。
需要は、はっきりいって少ないです。
なりたいという人も多いので、食べていけるようになるには厳しいでしょう。
それで私も諦めました。

まずは、ソフトの使い方よりもデザインに対するスキルのほうが重要です。
PCは、習得すれば誰にでも使えこなせますがデザインのセンスに勝るものはありません。

なので、厳しいかもしれませんが友達に評判が良いという程度では、到底無理でしょう。
頑張ってデザインセンスを磨いてください。

投稿日時 - 2006-01-05 19:36:32

お礼

ありがとうございました。
まだ高校1年なので、これからいろいろ勉強してみたいと思います。

投稿日時 - 2006-01-05 19:48:30

あなたにオススメの質問