こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

著作権と、著作物の要旨、要約、内容、著者の主張について

こんにちは。

 ブログで、私の書いた書評を公開しようと検討中です。書評を書く
に当たって、その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著
者の主張、について扱わなければ興味深い書評は書けないと思って
います。引用については、著作権法に記されていますが、これら、
その本(著作物)の、要旨、部分的な箇所の内容、著者の主張等を
扱うことについて、どんなことをすると、著作権法に反することに
なるのでしょうか。また、著作物の要約については、その公表には
著作権者の許諾が必要ということらしいのですが、要旨については
その限りではないそうで、それでは、要旨と要約の境界はどのあた
りにあるのでしょうか。

 よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-03 13:41:58

QNo.1872764

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

書籍の内容を紹介した場合、どのくらいなら「要旨」とされるのか
一律に規定することは難しいと思います。
著作権の趣意を考えれば良いのではないでしょうか。

○ 書評を読んだ人がその本を読みたくなる。
× 書評だけで十分だから本は読まなくても良い。

(上記は良い書評の条件でもあるように思えますね。)

著作権を侵害する例については、
社団法人著作権情報センターのホームページで確認されたらいかがでしょうか。
ご存知かもしれませんが、アドレスを載せておきます。
http://www.cric.or.jp/

著作権は、引用等をする側が十分に注意し、著作権者に敬意を払うことで
守られるものだと考えます。

参考URL:http://www.cric.or.jp/

投稿日時 - 2006-01-05 10:43:19

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-07 09:27:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問