こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東芝のHDD&DVDレコーダーで焼いたDVD-RをパイオニアのDVD再生専用プレイヤーで見られません。

東芝のHDD&DVDレコーダー「RD-XS46」で焼いたDVD-RをパイオニアのDVD再生専用プレーヤー「DV-545」で見られません。

DVDビデオフォーマット作成しています。

使用したDVD-RはRADIUS製です。

RADIUS製のDVD-RWで焼いた物は再生出来ます。

東芝のレコーダーで焼いたDVD-Rは当然東芝のレコーダーでは見られます。

しかし、パイオニアのプレーヤーでは再生できません。

作成したDVD-Rが駄目なのかと思い、そのDVD-Rを何枚も試してみましたが、全て駄目でした。

DVD-Rこそ互換性の有るものだと思うのですが・・・。

使用しているDVD-Rに不具合があるのでしょうか?

なぜ再生出来ないのか理由の分かる方、その対処方法について分かる方、何でも良いので教えてください。

よろしくお願いいたします。

なお、製品のホームページは以下のとおりです。

http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/hdd/rd-xs46.html

http://www.pioneer.co.jp/press/release243-j.html

http://www.radius.co.jp/products/DVD_Media/DVD-R4x_printable.html

投稿日時 - 2005-12-31 16:20:27

QNo.1868921

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私の場合、Rディスクで太陽誘電製であっても、XS53とXS34でレートが4Mbpsを下回る状態で記録したものは、パイオニアDVR-1000・2000・3000・7000では再生不可能です。

旧R規格のドライブを積んだプレーヤー及びレコーダーは、2時間を超える記録をしたRディスクは再生できない事があります。

なぜなら、R規格初期は、最低レートが5Mbpsだったからです。
それ以下の記録は当初、ありえなかったのです。
誤解なきように。あくまでRの話。RW規格は「対応」。DVDビデオ(プレスDVD)では5Mbps以下も当然再生可能。

あまり高レート記録すると、ディスク外周部まで記録することになり、エラーが発生したりファイナライズ不可能な状態に陥ることが判明し、MPEG2エンコーダーの性能向上とともに、レートが低くなりました。

ここで旧規格と新規格で微妙なズレが生じ、古いR対応プレーヤー・レコーダーでは再生不可能なディスクができてしまったのです。

某社の互換性に関する説明で、ちゃんと修理技術者からお話をうかがっています。

ご参考までに。

投稿日時 - 2005-12-31 22:12:46

お礼

非常に良く分かりました。

一度録画した番組もレート変更しながらのダビングはできますよね?

それで試してみます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-01-01 09:20:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ファイナライズしましたか?
しているのなら、ラディウスはやめて他のメディアで試してみてください。

投稿日時 - 2005-12-31 16:26:05

お礼

ファイナライズはしています。

ラディウス以外ので試してみます。

早速のご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-12-31 16:58:22

あなたにオススメの質問