こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どっちのマイレージプログラムがいいのか(タイ国際orANA)

仕事の関係で来年はタイへの出張が多くなりそうなのですがどちらでマイルを貯めたほうがいいのか迷っています。まず使う航空会社は料金が安いタイ国際航空を使うしかない状態です。本当はJALだとすでにJGCになっているので一番いいのですが、タイ国際航空を使う場合スターアライアンス系で再度マイルを貯めるしかないかとあきらめています。まあJALとタイ国際航空で1万円程度の差ならば自己負担でJALを使うという選択もあるのですが...
質問の本題に戻りますが迷っている理由としてはタイ航空の場合、シルバーになるまでのマイルは年1万マイルと少ないのでバンコク2往復で到達できるのですがシルバーおよびゴールドのサービスは1年間限りです。また現在買っている航空券だとマイルが100%
つくのが利点です。ANAの場合同じ航空券で70%しかつかないようです。
しかしANAの場合、ゴールドになれば永久的に
一部のサービス(ラウンジ利用、荷物のプライオリティ)が受けられるようです。
今後の日程としては来年は頻繁(多分6回以上)にタイに行くと思うのですが再来年以降は年2,3回の往復のみとなります。よって来年に集中してマイルを貯める場合はANAとタイ航空のどちらでためるのがいいのでしょうか?

投稿日時 - 2005-12-31 09:54:17

QNo.1868471

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

スターアライアンスシルバー狙いならタイ国際航空の"Royal Orchid Plus"(以下ROP)、スターアライアンスゴールド狙いなら"ANA Mileage Club"(以下AMC)またはアシアナ航空"Asiana Club"をお勧めします。
質問者さんご自身でもこれまでにいろいろと調べておいでのことと思いますので、以下の回答に既にご存じの内容との重複がありましたら失礼をお許し下さい。

ROPはスターアライアンス各社のプログラムのうち、スターアライアンスシルバー資格達成が最も容易であろうプログラムです[1]。おっしゃるように1暦年に1万クォリファイングマイル(*1)でROPの「シルバーメンバー」(スターアライアンスでの扱いもシルバー)に認定されます。このほかROPでは2年がかりでも上級資格を取れるのが特徴で、「シルバーメンバー」には2暦年に1万5千クォリファイングマイル獲得すると認定されます。ROPでは一度上級会員に認定されるとその有効期間は2年間です(1年間ではないです)。
よって「1年間にバンコク2往復」または「2年間に3往復」すればシルバーメンバー資格を獲得/維持できることになります。しかし実際問題としてシルバーメンバーのメリットはあまり大きくありません。参考ページ[2]にスターアライアンスゴールドメンバー/シルバーメンバーが利用できる特典の一覧がありますが、シルバーでは優先予約と空港スタンバイ優先など限定的です。成り行きでシルバーに届くのならよいのですが狙ってまで取るほどのことはないです。
なおROPでは正規割引航空券の加算率は確かに100%ですが、特典航空券への交換に必要なマイル数がAMCより全般に多いのでその差は実質的に縮まります。ROPで獲得したマイルの有効期限は最長4年(3年経過した年の12月31日で失効)です。

ROPの「ゴールドメンバー」(スターアライアンス上での扱いもゴールド)は、1暦年に5万クォリファイングマイルまたは2暦年に8万クォリファイングマイルが必要です。これは他社プログラムと同程度なので、スターアライアンスゴールドを目指す場合にはROPを選ぶメリットはあまりありません。
話が逸れますがスターアライアンスゴールドで最もハードルが低いのは、エアカナダ"Aeroplan"の"Aircanada Elite"でしょう[3]。1暦年に搭乗マイルで3万5千マイル獲得すると認定されます。

AMCの「プラチナサービス」は、既にご存じの通り
1. 1暦年に5万プラチナポイント分搭乗する
2. 1暦年に50回かつ1万5千プラチナポイント分搭乗する(2万プラチナポイントではありません)
のいずれかを達成すると認定されます。これらの資格を達成すると「スーパーフライヤーズカード(SFC)」の入会資格が生じ、入会して年会費を払い続ければスターアライアンスゴールド資格を維持できます[4]。SFCは言うなればJALグループのJGCに相当するもので、既にJGC会員でいらっしゃるならその仕組みはすぐにご理解頂けると思います。
SFCはスターアライアンスゴールドの扱いですから、[2]に載っている特典を他社利用時も含めて享受することができます。

AMCは正規割引航空券の加算率が70%と悪くその分プラチナポイントも少なくなるので、他社プログラムのスターアライアンスゴールドの標準的基準(年間5万マイル搭乗)に比べると実質的な難易度は高いものです。その代わりに達成後資格の維持という点で、SFCはスターアライアンスゴールドの中では最も容易なものです。
ただいずれにしても「1暦年で5万プラチナポイント」はバンコク往復のみですと不足するので、国内線や他の海外渡航で適宜補う必要があります。それらを足してなんとか5万プラチナポイントに届くならAMCは悪くない選択です。

この他にスターアライアンスゴールド資格の取得・維持とも比較的容易なプログラムとして、Asiana Club[5]を挙げておきます。Asiana Clubでは累積搭乗マイルで上級資格を取れるのが特徴で、入会以降累積4万マイル搭乗すると同社のゴールドメンバー(スターアライアンスでの扱いはシルバー)、累積10万マイルでダイヤモンドメンバー(スターアライアンスでの扱いはゴールド)になります。各資格の有効期間は36か月です。ダイヤモンドメンバーをいったん達成した後は、その後36か月に4万マイル以上の搭乗があれば資格が更新されます。
10万マイルに届くまで時間がちょっとかかりますが、1暦年に集中して乗る必要がない点で「のんびりと上級資格を目指したい」という方に向いています。またAsiana Clubは獲得マイルに有効期限がなく「気長に貯めたい」場合にも適します。ただし特典航空券交換に必要なマイルは全般に多め(特に近距離の場合)です。

スターアライアンス系のプログラムでは、ユナイテッド航空の"Mileage Plus"が貯め易さで人気ですが、こと上級会員狙いという点ではその基準は標準的(5万マイルまたは60区間の搭乗でプレミア・エグゼクティブ)ですので、特段推すほどではないです。
上級会員には特にこだわらず、単にマイルを貯める受け皿が欲しいだけならMileage Plusは悪くない選択です。マイルの有効期限は何らかの加減算があるたびに36か月延長されますので、実質的に無期限です。特典交換に必要なマイル数もそう多くはありません。ただし貯め易くて会員数も多いプログラムなので、その分特典航空券の予約はかなり取りにくいです。

以上述べてきたようにどのプログラムも一長一短ではありますが、例えば以下のような選択ができると思います。質問者さんの状況やお好みによって適宜判断頂ければと思います。
(1)スターアライアンスゴールドを一気に獲得したいならAMC。2006年は多少頑張ってでも飛行機を使った旅行・出張をし、5万プラチナポイント貯める。
(2)シルバー資格を手軽に取りたいならROP。(ただしシルバーのメリットは限定的ですし、マイルの使い勝手という意味でもROPはお勧めしにくいです)
(3)もう少し時間がかかってもよいならAsiana Clubにこつこつ貯める。
(4)上級資格にはこだわらず、単にマイルの受け皿とするだけならMileage Plus。次善がAsiana Club。

[1] http://www.thaiair.co.jp/rop/mileage/status/index.html
[2] http://www.staralliance.jp/reward.html
[3] https://www.aeroplan.com/en/offers/news_jan132005.jsp
[4] http://www.ana.co.jp/amc/reference/elite/index.html
[5] http://www.asiana.co.jp/club/class.html

*1 クォリファイングマイルとは獲得したマイルのうち、タイ国際航空およびスターアライアンス各社の搭乗で獲得したマイルのみを別途計算したものです。ホテルやレンタカー利用、あるいはキャンペーンなどのボーナスマイルは含まれません。1暦年ごとの計算ですから毎年1月1日には当然0にリセットされます。

参考URL:http://www.ana.co.jp/amc/reference/elite/index.html, http://www.asiana.co.jp/club/class.html

投稿日時 - 2006-01-01 16:36:38

お礼

いろいろ細かな情報まで助かります。
結局今回はANAで貯めようと思います。
まあどのみちタイ航空でマイルを貯めても
ゴールドは無理そうなのでたまったマイルを
いろいろ交換できるANAで貯めていこうと思います。それよりもJALで安い航空券を買える所を
探せばいいのかもしれません。まあバンコクならば
JALは3便/日、ANAでも2便/日飛んでいるので一番はJAL、ANA便で行けば一番簡単にマイルがたまるのですがね...

投稿日時 - 2006-01-02 14:50:43

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

iwaR6さん
ANAのゴールド会員の資格を得る為には、ANAのサイトに詳細は出ていますが、概要を記載します。ステータスとしては、ブロンズ・プラチナ・ダイヤモンドの3つがあります。SCF(スパーフライヤーズ)のカードを取得する為には、プラチナ以上になる必要があります。プラチナの場合の条件です。1、50回且つ20000プラチナマイルを取得する。2、50000プラチナマイルを取得する。です。1年に50回乗るのが難しい場合は、50000プラチナマイルとなります。
ちなみに成田~バンコクで片道2007(70%の場合)プラチナマイルとなりますので、50000÷2007=24.9回となりますので、約13往復する必要があります。また、SCF(スパーフライヤーズ)のカードの取得の場合、申し込みをして且つ、ANAが了承しないと発行となりません。ちなみに私は、1年にANAに100以上乗りSCFカードを手に入れました。

参考URL:https://www.ana.co.jp/

投稿日時 - 2005-12-31 11:05:30

お礼

別のコメントにも書かせてもらったのですが
タイ航空はANAのマイレージに貯めていこうと
思います。まあどの道今年は頻繁に使っても
その後の利用頻度は少なくなるのでANAに
マイルを貯めてEdyに換金するのが一番いいかと
思います。やっぱりメインのエアラインはJALで
行くしかないですね...

投稿日時 - 2006-01-02 14:53:40

あなたにオススメの質問