こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株式の上場について

<例>
パートナー会社が株式の上場を予定していて、見積で1億円~1.3億円(予想市場価格の平均値*発行済み株式(1割分)-支払手数料)の現金を取得すると言った場合、資本金はどのように逆算すれば良いのでしょうか?

因に、発行済み株式数は10万株でその約1割が市場に出て、残りは現パートナーが発行済み株式を保有するみたいです。


私のイメージする資本金は、額面(500円)*発行株式数(10万株)だったのですが、その計算をしたら見積額より大幅に金額が少ないんです。

株の話が全くわからない人間が、とりあえず書いてみたと言う状況なので、情報不足だと思います。資本金をさん主鶴に当たり、これ以外に何か必要な情報がありますか?

投稿日時 - 2005-12-15 12:00:08

QNo.1840304

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

上場時には、大きく分けて株式の売り出しと募集があります。

株式の売り出しは、既に発行済の株式を大株主が売り出す、ということですので、会社には一銭も入りません。
つまり資本金の増減はない、ということになります。
募集は、公開時点で新規に株式を時価で発行することであり、この場合会社に資金が入ります。
発行額×発行株数が上場前の資本金(と資本準備金)に加算されます。

>額面(500円)*発行株式数(10万株)だったのですが、その計算をしたら見積額より大幅に金額が少ないんです

通常、株式を上場する際には、株主数を増やしたり、株式の分散を図るため、何度かの増資を行います。
この場合の増資は、額面ではなく時価(額面より相当高い)での発行になりますので、資本金(+資本準備金)は
額面で計算する価格よりもその分大きくなります。

投稿日時 - 2005-12-15 12:38:50

お礼

早々の回答ありがとうございます。
と言う事は、今回は現金の入金があるので株式の”募集”で、元々の資本金に時価*市場に出回った株式数が加えられると言う事ですよね?

追加でお伺いしたいのですが、上場前のこの資本金の一部を現金でパートナーに支払い、残りは1:1.5の割合で株を付与しているのですが、この場合の資本金の処理はどうしたら良いのでしょうか?
現金にて支払った分を除いた分が元々の資本金として、今回入金のあった額をプラスするので良いのでしょうか?

資本の部の未処分利益は、今期からの発生と考えて良いのでしょうか?

的外れな事を書いてしまっていたらすいません。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2005-12-15 12:55:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>時価*市場に出回った株式数が加えられると言う事ですよね?
正確には、新株の発行価格(流通価格ではなく)×発行株式数となります。募集と売り出し両方をやるケースがありますので。

>上場前のこの資本金の一部を現金でパートナーに支払い‥
パートナーとは誰を指すのでしょうか?上場する会社?その株主?
支払うのは、だれがだれに対してでしょうか?ご質問者でしょうか?
>残りは1:1.5の割合で株を付与しているのですが
???
売買後の株のシェアのことですか?

ご質問の意味が理解できませんでしたので、補足ください。

投稿日時 - 2005-12-15 13:24:37

あなたにオススメの質問