こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

姉歯氏の架空請求書

姉歯氏が木村建設の支店長に出した架空請求書&リベートに関する税金について、質問です。

1 支店長は受けたリベートを営業活動費に使ったとのことですが、それが事実として、税金の処理は
 A 会社の架空経費
 B 会社の架空経費+支店長への贈与+支店長の個人所得
 C その他
のどれでしょう?

2 姉歯氏の税金ですが
 A 何も生じない
 B 所得+支店長へ贈与
 C その他
のどれでしょう? Bの場合何所得でしょう?

3 1と2の処理はシンクロしますか?

投稿日時 - 2005-12-15 11:44:26

QNo.1840281

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

うまく説明できませんね(泣)
まず業務が架空であろうがなかろうが関係ないです。
わかります?


1は
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/shakai/20051125/m20051125002.html
から、税金がかからないお金にしてるのでは?とかってに推測し裏金て書きましたが、リベートとして記載してるなら、どの項目に記載しているかは会社によって違うのでわかりませんが・
Aの経費としてみているなら、交際費としてつかっているぽいので損金不算入ではないかと思います。


2、上記URLのでそう思った。
 姉歯氏はスルーさせられただけで、利益はない。
しかし、実際は仕事としてあったことなので、当然税金
はかかります。
普通とおなじ所得税この場合、事業所得

上記が、わたしの意見ですが

投稿日時 - 2005-12-15 14:41:00

お礼

URLありがとうございます。産経と赤旗は嫌いなんで読んでませんでした(笑)。
税金分上乗せしてるんですね。ずいぶん準備のいいリベートで。

質問の仕方が不明瞭でした。
1 結局、架空請求書に基づく計上経費は否認、受取ったリベートに基づく営業活動費は交際費だとすると損金不参入ということですね。
そして、支店長個人に所得は発生しないと。

2 口裏を合わせただけでも税務上は業務があったということになるんですね。なるほど、それなら事業税ですね。

3 これは要するに、木村建設・支店長側と姉歯氏側の税務処理は一方が決まれば他方も決まるのかということを伺いたかったんです。
例えば、木村建設・支店長側がBの処理になる場合、姉歯氏側は当然Aになるといったことがあるのかなと思ったんですが(姉歯氏と支店長で同時に一時所得なり雑所得なりが生じることはないとか)。架空業務でも事業所得が発生し、支店長個人の所得もないなら関係ないんですかね。

(リベートを支店長が個人的に使ってしまった場合はどうなるのかな?)

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-12-15 15:35:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

架空請求してますが、実際はわからないので
事実関係は、知らないのでよそうで

1については、裏金みたいなもんで、税金はかからないお金になってると思います。

2については、業務は受けてますので所得税がかかりますが、税金引いた分をリベートに当てていた。

3について、架空業務でも実際は普通のと同じながらです。

投稿日時 - 2005-12-15 11:55:35

補足

すみません。回答の内容がよく分からないのですが、

1 木村建設は架空経費を計上していると思いますが、そのまま損金計上が認められるということですか?

2 業務の実態がなくても所得になるのですね?その場合、何所得でしょう?
また、わざわざ税引後でリベートを出すんでしょうか?ちょっと違和感があるのですが。

3 もう一度説明願えますか?

投稿日時 - 2005-12-15 12:47:22

あなたにオススメの質問