こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「狼が来たぞぉ~」作戦?

安値から暖めていた株を日経平均で2000円も安く売り、意固地になって「株が下がるまで買わねぇ」とやせ我慢しているアホです(しくしく)
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1680277
 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1741131
 よって私が株価を見る目は「早く下がんねえかなぁ」です。
 そういう目で日経平均株価をみてると、モゾモゾとしてちょっと下を向いて「おっ!下がるかな」と思うとピューとあがる。またモゾモゾとして(以下同文)の繰り返しです。なんか「狼が来たぞぉ~」と何回も聞くうちに「こりゃしばらく下がんねえじゃねえか?」と麻痺する感じになってきました。

 冷静な自分がふと思いました・・・メインは外国人投資家で大量の資金持ってるんですよね。この資金で「モゾモゾっとして下を向きだすと資金を投入して上に修正」を繰り返し行い、安心して多額の国内預金がどっと株に流れ込んだ時点で引く・・・8000円から買っているので十分採算はとれる。。。

ただ、「株価を操作できるほどの資金を意図的に投資できるのか」とか「そこまで外国人がしてたら目立つので国内バレバレでもっとニュースになるのでは?」との疑問もあります。
考えすぎでしょうか?

投稿日時 - 2005-12-06 09:32:29

QNo.1822443

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

発想としては面白いですが、ちょっと考えすぎです。

外国人といえども、1人や数人ではありません。世界的なカネ余り状態の中、多くの民族や国家レベルで「日本買い」が起きています。しかし、外国人の売買代金のシェアは約30-40%位です。ちなみに個人のシェアも30-40%程度となっています。

よって、外国人だけの意思で日経平均株価を操作することは不可能です。もちろん資金力を持った特定の集団が、日経平均先物を数日単位で意図的に上げ下げすることは行われていると思います。しかし市場全体の方向性まで決めることはできません。

現在の活況(小バブル)は、衆議院解散を発端としたもので、小泉政権の信任と改革期待が要因となっています。そして実質的に12000円を突破したところから始まっています。

現在15500円付近ですが、上昇を3500円として約29%の上昇となっています。一方で、外国人投資家が指標にしているドル建ての日経平均は108ドルから128ドルまで20ドル=約18%の上昇にとどまっています。この差があるために、外国人にとっては国内勢ほど過熱感が無いとも言えます。これが外国人買いの継続要因になっていることも確かでしょう。

しかし、相場は上げたら必ず下げることになります。それがいつになるかが重要ですが、現在は今週末のSQに向けて売り方に踏ませる最後の上昇局面と思います。200日移動平均からの乖離率も既に20%を大きく超えており、更に上昇するとすれば反動は相当に大きくなります。

例年1月の外国人による新年買いが済んでしまうと、一旦天井を打つことが多いです。もし現在待っておられるならば1月の後半-2月まで我満することをオススメします。

投稿日時 - 2005-12-06 11:37:56

お礼

自分のスタイルが「下がるまで待ち」でしたので、論拠と期日に目安が立ったのは助かります(感謝)
やっと、芽吹きだした感のある経済界が人為的な過大評価と急落で振り出しになるのは寂しいと思っていました。あくまで自然現象なら、理性で止められますね。。。
奥田さん発言なども出てますし、うまい落としどころを期待します。
大変勉強になりました。

投稿日時 - 2005-12-06 14:41:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

#1です。お礼ありがとうございます。
時間を割いて回答を書き込んでもお礼もなく、締め切る質問者さんも多く、少々嫌気がさすこともあります。その中で誠実に回答され、勉強もされているように過去の質問等を読ませていただき思いました。

いまさらなんで静観・・・と書いていますが、うずうずしませんか?経済の動きも解っている、パチンコにたとえた投資スタイルもお持ちなんだから、上昇トレンド中のちょっと調整(押し目)したものを投資金額に上限を決めて参戦してみてください。

中、長期のスタイルなら四季報、日経紙を丹念にみるとヒントをもらえると思います。
過去の安い株価を知っているだけに高くて手が出ない感じですが、銘柄の選別をしている相場ではあるので、大きくはずさない限り大丈夫だと思います。

くれぐれもお祭りのような株に便乗しないことです。

投稿日時 - 2005-12-06 23:32:38

お礼

お気持ちよく分かります。。。ここは人の好意によって成り立っているのですから、お礼だけはきちんとしていきたいと思っています。いつも好意に甘えてばっかりですみません(^^;
ちなみにご想像のとおり非常にうずうずしています。。。せめて一気に持ち株を撤収せずに定石通り二度で売るべきだったと先人の教えを痛感しております。
ご指導もありましたし、様子を見ながら投資も再開してみます。自分の本線銘柄で勝負するのはスタイル崩しになるので、勉強をかねて伏線銘柄でも試験的に買ってみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-12-07 09:25:44

確かに説明のつかない相場になっているように思いますが、株式相場は実態の経済の半年から二年前を行っているのではないか(先行している)と思います。

ご自身の感覚ではあまり景気の良さが実感できないのかも知れませんが、事実は設備投資、中国経済との関係、アメリカのハリケーン後も強い景気等を考えると多くの人が好調と見ているのでしょう。

バブル時代、I時代のことを知る私としては、当時の状況を思い出しつつ(当時はあらゆるものが上がっていた、今は銘柄の選別がされている)相場に参加しているので“まだはもうなり、もうはまだなり”のポジションで行っています。
冷静さを持ち下落のリスクに注意しながら参加していけばいいのではないでしょうか?

5年も前から株式に興味を持っていたということは今参加している人よりは知識があることと思います。
もったいない。

今の個人投資家の参加は経団連の奥田さんも言ってますが、“人が持つから自分も・・・”ではいざというとき大丈夫かなと思っています。
参加しながら勉強していけばいいですが、この教えてgooなどで簡単に他人にいろいろ聞く前に自分で調べる。知識をつけるスタンスをお勧めします。

投稿日時 - 2005-12-06 11:32:54

補足

ここでの質問の仕方ですが、ご指摘のとおりと思います。
1)自分でも調べながらここの質問で裏づけを取る
2)いただいた回答をキーワードに本や資料をひも解いてく
以上を心がけているつもりですが、改めて自分の履歴を読み返してみるとそうでもないですね(^^;
ご教授ありがとうございました!

投稿日時 - 2005-12-06 13:21:48

お礼

景気の向上感はあるのですが「ここまではないぞ」が実感です。
ほんともったいないのですが、いまさらですし、いい勉強になっているので静観します(しくしく)
奥田さん発言はもっともと思いますし、経済界は冷静なんだと安心しました。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/speech/kaiken/2005/1205.html
http://www.asahi.com/business/update/1205/103.html
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-12-06 13:10:34

あなたにオススメの質問