こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

接触事故の過失について

坂道発進の時にMT車の場合一瞬後ろに下がってしまうことがあると思います。
しかし、信号などで停止している時にぎりぎりまで詰めて停止する車もいます。
Q1.この状態で発進時に接触した場合、前の車が悪いのか、後ろの車が悪いのか教えてください。

考える目安として車間距離が異常に少ない場合で、後ろの車はまだ動いていなかったとします。
2m、3mあるのにもかかわらず接触した場合は運転技術が未熟すぎるので、前の車が悪いと思うのですが、前の車の運転技術が分からないのにもかかわらずぎりぎりに停車というのはある意味”あたりや”だと思います。
Q2.また、車間距離が異常に短い場合に後の車が悪いとすると、車間距離が何センチから責任が変化するのかも教えてもらえたらうれしいです。


後、高速道路の玉突き事故は、一番前の車が悪いわけでも一番後ろの車が悪いわけでもなく、自分の一台前の車の保障をしないと駄目だと聞いたことがあります
これは前の車にぎりぎりぶつからないで止まっても後ろの車がぶつかって、結果前の車にぶつかった場合、前の車の修理代は出さないと駄目と言う事だと思います。
Q3.これは真実ですか?
Q4.又、これが真実だとした場合、例えば信号待ちの列に後ろから突っ込んだトラックのせいでおきた玉突き事故の修理代は誰が出すんでしょうか?
突っ込んだトラックが全台数分の修理代を支払う?それともトラックはぶつかった1台だけに支払いで、他の車はそれぞれ自分の前の車に支払う

分かる質問だけでもいいので、回答お願いします。
個人的には
Q1.後ろの車
Q2.1m(勘です)
Q3.真実
Q4.トラックが全台数分支払う
だと思っていますが、それだと結構矛盾・曖昧な点があると思うので、いまいち納得出来ていません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-11-29 11:46:17

QNo.1808553

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

違っていたらゴメンなさい。

Q1に関しては分かりません。
Q2も同様です
Q3ですが、おそらく真実です。
Q4トラックです。Q3の場合も同様ですが、例えば玉突き事故が起きた場合、追突された車は追突した車に修理代を請求することができます。しかし、追突した原因が他にあった場合、その修理請求代をそちらに移す事が可能です。

 よって、例えば(1)(2)(3)(4)と車が四台並んでいて、(1)が急ブレーキして(2)と(3)はなんとか止まったけど、(4)が突っ込み、結局全部を巻き込む玉突き事故となった場合。

 (1)は(2)に修理代を請求でき
 (2)は(1)と自分の修理代を(3)に請求でき
 (3)は(1)と(2)と自分の修理代を(4)に請求でき

 結果として(4)が全額支払うことになったと思います。

 どこかで聞いた話なんで、違ってたらすいません。

投稿日時 - 2005-11-29 12:05:44

お礼

なるほど。それなら納得です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-29 12:33:33

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

Q1~2ですが、前の車と聞いたことがあります。確かに距離は不明ですが、その’ぎりぎり’というのは前の車の人の感覚であって、実際に計っているわけではないので、事故をおこして、後ろの車が「十分車間距離を開けていた」と言えば、証拠もないし、前が悪くなります。さらに前の車が下がってきたというのは「事実」になります。←特に坂道です。ですので前の車が悪くなると思います。

投稿日時 - 2005-11-30 02:42:36

お礼

やっぱり動いた方が悪いという理論になっちゃうんですね。
実はバイクに乗っているんですが、先日ふと気が付いたら停車時の車間距離50センチとかだったんです。(もっと狭いことも・・・)
バイクは前輪ぎりぎりまで分かるので、多分毎回このぐらいしかあいてなかったんだろうな?と思いました。
 で、もしこれが坂道でぶつかったら自分が悪いんだろうか?微妙かも?と思って質問しました。
しかし実際は、車間距離は関係なく、前の車が圧倒的に悪い。動いていなければほぼ10:0になるんじゃないかと言う事がわかり、安心?しました。

玉突きの方も同じで、バイクだと軽すら止められないので少し心配してました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-30 14:26:32

ANo.3

A1
双方に責任がありますが、前の車により大きな責任があります。
まず前走車は、後退することで他の交通の迷惑になる点で道交法に違反しています。
しかし、後続車も十分な車間距離を突堤兄という過失があります。
ここでどちらにより責任があるかといえば、基本的には「動いている側」です。おっしゃっているように前の車が一方的に下がってきたケースであれば、前走車に主な責任があります。前の車が下がったときに同時に後続車も前に動いていれば、ほぼイーブンと考えていいのではないでしょうか。前走車が止まったままで後からぶつければ、ただのいわゆるオカマです。

A2
明確な基準はないと思います。「初心者を追い越すとき何m前まで割り込んではいけないか」などの問題と同様、普段の基準としては「なんとなく」でしょう。
さらにいえば、十分な車間距離はむしろ「前の車がある程度の衝突を受けても安全な距離」のような条件の方が、より厳しい制約条件になると思います。停止時の車間距離としては1m前後が一般的でしょうが、これも前走車ドライバーの熟練度(初心者マークや直前の運転の様子など)、車両の大きさ、天候などによって異なってくるでしょう。

A3
たしか事実です。
詳しいいきさつは知りませんが、たしかにそうでもしないと、一人の自賠責だけでは当座の医療費の分にも不足する可能性が高いです。

A4
それぞれが前の車に修理代を払った上で、それにより発生した費用を損害賠償として請求できるのではなかったかと思います。

投稿日時 - 2005-11-29 15:42:11

お礼

やっぱり動いた方が悪いという理論になっちゃうんですね。
実はバイクに乗っているんですが、先日ふと気が付いたら停車時の車間距離50センチとかだったんです。(もっと狭いことも・・・)
バイクは前輪ぎりぎりまで分かるので、多分毎回このぐらいしかあいてなかったんだろうな?と思いました。
 で、もしこれが坂道でぶつかったら自分が悪いんだろうか?微妙かも?と思って質問しました。
しかし実際は、車間距離は関係なく、前の車が圧倒的に悪い。動いていなければほぼ10:0になるんじゃないかと言う事がわかり、安心?しました。

玉突きの方も同じで、バイクだと軽すら止められないので少し心配してました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-30 14:26:54

こんにちは。
MT車でも、サイドブレーキを使えば、坂道発進で下がることは無いのではないでしょうか?
なので、
後続車がどれだけ後ろにつめていようが、
Q1.下がってぶつけた前の車が悪い
と思われます。
Q2ですが、距離が何センチという問題では無いと思います。

Q3、Q4に関しては、回答者1さんと同じです。

投稿日時 - 2005-11-29 12:13:57

補足

サイドブレーキを使えば下がらないで発進することも可能です。が、初心者やペーパードライバーの人たちには下がってしまう人もいると思います。
また、AT車の場合でも坂が急になれば下がることもあると思います。
それでも「運転技術が未熟なだけ」と言われ、修理代を請求されるとは考えにくいと思っているのですが。

投稿日時 - 2005-11-29 12:34:10

あなたにオススメの質問