こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クラシック環境の切捨て等について教えてくださいませ。

おはようございます。
iMac G4 700MHz(Combo Drive)が2度目の修理中です。
修理が完了しましたら、マシンが販売店さんへゆき、そこで、Mac OS X v10.4をインストールしていただき、やっと自宅に帰ってくる予定です。
現在修理工場へマシンが到着した段階です。
そこで教えてくださいませ。
1、10年以上前に買ったプリンタにフォトショップ LE-JのCDが付属しており、
そのソフトを使うにはクラシック環境(Mac OS 9.2.2)が必要なのですが、
実際には、デジカメ画像の縮小とコントラストの調整くらいしか利用していません。
そこで、同じ機能を持っている「グラフィックコンバーター」日本語版(=シェアウエア。Mac OS X v10.4対応のものが必要)を購入するか、
又はフォトショップ・エレメント(Mac OS X v10.4対応のもの)を購入し、
Mac OS 9.2.2、つまりクラシック環境をあきらめた方が、この際良いと思い始めています。
如何なものでしょう?
クラシック環境で、時々使用してたのは、あと2つ、
「こりゃ英和」「ゴーストライター」で、今はほとんど使用していない状況です。

2、ノートンユーティリティーズの7を所有していますが、
もうMac OS X v10.4以上からは、対応せず撤退するようです。
このノートン先生にはMac OS X v10.2.8までは随分お世話になりましたが、
代わりになるマシン内環境の修復ソフトで信頼できる他のメーカーのものがあれば、
教えてくださいませ。

3、Windowsには、「VIX」とか「Jtrim」のような画像リサイズや画像のコントラスト調整等ができるFreeWereがありますが、
Mac環境にて同じような機能をもち、Mac OS X v10.4でも安心して使えるフリーソフトがありましたら、
教えてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-11-17 04:35:34

QNo.1783934

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>メール添付用のリサイズ、コントラストの修正、画像のトリミングができれば支障はないです
もしそれでよければ、iLifeを購入しなくても、iPhoto2で充分かも知れません。つまり、「OS X v10.2にあるiPhoto」をそのまま使用すればよいということになります。
修理完了時のマシンは、工場出荷時の状態に初期化されていると考えられます。そこで「マシンが販売店さんへゆき、そこで、Mac OS X v10.4をインストール」してもらうときに、iPhoto(およびiMovieやAppleWorks)を残すように指示します(なるべくなら、クリーンインストール;むりならアーカイブ化)。それにより、今後もiPhoto2を使い続けることができます(Tigerでやってみました)。不足を感じてきたら、iLifeやPSを購入すればよいでしょう。
なお販売店で「できない」と言われたら、その販売店を使用するのは止めた方がよいかも知れません(家電量販店の中にはMacにあまり詳しくないところがあります)。

投稿日時 - 2005-11-18 10:10:21

補足

cockerelさん、こんにちわ。
Mac OS X v10.2のCDは2枚ともインストール用です。
iPhotoは単独でインストール出来ないので、まず購入時のMac OS X v10.1(?)を入れて販売店さんへ戻ります。
そのときに、そのOSを初期化してMac OS X v10.4を入れる段取りになっています。
そうそう実は昔クラリスワークスのテンプレートを使い作成した「audio CD管理表」があって、390枚くらい登録しています。
このデータもCD-Rにバックアップしてますが、
アップルワークスはMac OS X v10.2にもMac OS X v10.4にも付属していません。
唯一iMac G4 700MHz(Combo Drive)購入時にアップルワークスが付いていました。
これも、またその「audio CD管理表」を動作させるためどうしても必要です。
また、iPhotoもMac OS X v10.2及びMac OS X v10.4には入っていません。
つまり私はどうしてもiPhotoとアップルワークスが必要なのです。
両ソフトともに、Mac OS X v10.4で動作はするのですね?
もし動作するのでしたら、購入時のCDの紙ケースに、リストアとは別に、
「アプリケーション」という1枚のCDがありました。
もしかしたらこの中に、iPhotoとアップルワークスが入っているかもしれません。
またバックアップしたCD-Rにも、iPhotoとアップルワークスのアプリケーションがあります。
このバックアップをMac OS X v10.4インストール後のマシンにドラッグ&ドロップしたらどうなるのでしょう?
是非、安全にかつMac OS X v10.4とトラブルを起こさないようにするには、
具体的にどうすれば、いいのでしょう?

投稿日時 - 2005-11-18 14:41:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

>「audio CD管理表」ですが、既にアップルワークスで起動させて、問題なく保存してますので、あえてテキスト形式にする必要はないと思います。
余計なことを申し上げてしまいました。
データの可用性の確保という意味でしたが釈迦に説法、素人の独善には内心忸怩たるものがあります。
お気を悪くなさらないように。

投稿日時 - 2005-11-19 04:54:16

お礼

cockerelさん、おはようございます。
とんでもないです。
あなた様には、私の連続の「補足質問」に丁寧にご回答頂き、
心から感謝しております。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

投稿日時 - 2005-11-19 06:30:34

ANo.9

AppleWorksはiMac付属のディスク(Software Install)に収録されており、個別インストールが可能ですが、私の手許にあるものはインストーラがOS9アプリケーションでした。おそらく、リストアディスクを用いれば自動的にインストールされると思いましたが、やってみました。HDに待避したAppleWorks6を、Tigerにドラッグ&ドロップした後、起動してみました。Tigerで動作しました(カーボンアプリケーションなのでClassicでなくても動作します)。さらに、Appleのサイトから「AppleWorks 6.2.9 for Mac OS X」をダウンロードし、アップデートしました。成功。
http://www.apple.com/jp/appleworks/update/index.html
貴方の場合においても、AppleWorksはiMacにバンドルされていたものであり、正規に購入するOSにより単にマシンのOSをアップグレードするだけであることから、この形でAppleWorksをアップデートすることに何ら問題はないと思います。
なお「audio CD管理表」については、マシンを買い換えてAppleWorksが使用できなくなった場合に備え、AppleWorksで開いた後に、tab切りテキストや、SYLK等の標準的なフォーマットを用いてバックアップを取っておくとよいでしょう。

投稿日時 - 2005-11-18 19:45:06

お礼

cockerelさん、なんどもアドバイスをありがとうございます。
「audio CD管理表」ですが、既にアップルワークスで起動させて、問題なく保存してますので、あえてテキスト形式にする必要はないと思います。

なお、今手元にMac OS X v10.1(iMac G4 700MHz(Combo Drive購入時のもの)のCDボックスが修理に一緒に出しているので、
どのCDにアップルワークスが入っているはは不明です。
ac OS X v10.1用の「アプリケーションCD」は別途にありましたので、
その中にアップルワークスがあればいいんですが、
「Software Install」のCDもあったような気がします。
あとは、リストアのCD3枚でした。
きっと、上記のどちらかに入っていると思います。
ありがとうございました。m(_ _)m

投稿日時 - 2005-11-18 23:42:35

ANo.7

> やはり、結論は、フォトショップエレメントやグラフィックコンバーターではなく、
> iPhoto、iTune等複数のソフトが入った純正が一番ということになりそうですね。

そういうことはありません。なにごとにもメリットとデメリットがあります。用途に応じて、どのメリットが重視されるか、どのデメリットの影響が少なくてすむかは、ケースバイケースです。

※自動補正、手動補正ができるようになったのは、iPhoto 5からです。Mac OS X 10.2付属のiPhotoには、せいぜい赤目補正が付いているくらいであったと記憶しています。

Adobe PhotoShopを超えるグラフィックソフトはいまのところなく、そして、PhotoShop ElementsはPhotoShopの90%程度の機能を備える、これは事実です。そしてそれなりの価格です。iPhoto(iLife)はかなり安価で購入できるが、機能としてはデジカメで撮った写真の整理をするのに、必要最小限の機能だけ持っています。軽々に結論を出さずに、十分な時間をかけて結論を出すべきでしょう。

投稿日時 - 2005-11-17 23:33:31

補足

今考えているのは、まずiLifeを購入してiPhotoを確保し、
グラフィックコンバーターを試用期限が過ぎても大変便利なシェアウエアですので、そのまま使い続けているのが現状ですので、
FreeWereでグラフィックコンバーターに近い使いかってがよく、安定していてMac OS X v10.4にも対応しているものを探そうとしています。
心あたりはないでしょうか?

現に今ログインしているマシンはVAIO A4ノート(PCG-FR55J/B)で、
バンドルされている画像アルバム「ピクチャー・ギア・スタジオ」でデジカメから画像を取り込み、FreeWereの「VIX」や「Jtrim」を窓の杜サイトから見つけDLして、それらを使ってるからです。
これらのFreeWereで充分で、メール添付用のリサイズ、コントラストの修正、画像のトリミングができれば支障はないです。

投稿日時 - 2005-11-18 03:58:47

お礼

harawoさん、おはようございます。
PhotoShop ElementsがiPhotoよりも優れているのは、充分承知なんです。
ですからElementsの購入を検討していたのです。
以前はフォトショップLE-Jを使っていましたし。
ElementsもiLifeも購入するのが一番ですが、今回はMac OS X v10.4を購入しますし、出費がかさなるので、躊躇していました。
今一番欲しいのは、iPhotoなのです。
デジカメ画像を取り込み保存するアルバムとして、iMac G4 700MHz(Combo Drive)の故障直前まで、iPhotoを使ってましたから。
(このiPhotoは、iMac G4 700MHz(Combo Drive)を購入したときにバンドルされていたものです。)
情報とアドバイスを感謝いたします。

投稿日時 - 2005-11-18 03:41:37

ANo.6

残念ながらパソコンとは故障するものです。ですから普段からバックアップを取るなどの用心を忘れずに。

>またコントラスト等の修正も、グラフィックコンバーター並みとはいいませが、できるんですよね?

コントラスト、明度、彩度、色合い、色温度、シャープネス、傾き補正、レベル補正、露出補正などができますし、クリック1回で自動補正もしてくれます。

>メールに添付する大きさにリサイズが可能ですね?

もっと簡単です。自分でリサイズする必要はありません。画像を選んでメールボタンをクリックし、サイズを選んでやれば勝手にリサイズしてメールソフトを立ち上げてくれます。

投稿日時 - 2005-11-17 22:03:40

お礼

TAKMACさん、たびたびありがとうございます。

そんなに多くの機能が昔からあったのですからん。
全く使ったなかったです。
やはり、結論は、フォトショップエレメントやグラフィックコンバーターではなく、
iPhoto、iTune等複数のソフトが入った純正が一番ということになりそうですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-17 22:38:36

ANo.5

画像ソフトの安価なものとするとiLifeの購入に成ると思います。
フリーのものではGMPが英語表示ですが殆どフォトショップと
同じ機能を持っています。
メンテナンスソフトはTechToiiかディスクォーリのどちらかを選ぶ
事に成ります。
後ジーニアスとか言うソフトが登場した様ですが…

投稿日時 - 2005-11-17 21:32:52

お礼

「画像ソフトの安価なものとするとiLifeの購入に成る」、
なるほど。
つまり、どうせ買うなら、純正を、ということですね。
メンテナンスソフト情報まで、ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-17 22:09:32

ANo.4

ノートンに代わるものですが、確か今発売中のMAC FANが特集していたように思います。ご覧になってみてはどうでしょうか。

画像処理については皆さんと同様、iLifeの購入をお勧めします。

投稿日時 - 2005-11-17 12:48:30

補足

TAKMAさん、こんばんわ。
Macもやっとマルチタスクになったことですし、
これからはさらにOSも安定して稼動するでしょう。
ノートン先生の代用教師が見つかるまで、しばらくは故障しないでしょう。

ところで、iLifeの中のiPhtoですが、デジカメ画像を取り込んだとして、
それをメールに添付する大きさにリサイズが可能ですね?
またコントラスト等の修正も、グラフィックコンバーター並みとはいいませが、
できるんですよね?

投稿日時 - 2005-11-17 20:13:13

ANo.3

>両方とも既に処分してありません。
安心いたしました(捨てられてしまうclassicに寂しさを覚えますが・・)。
>その後Mac OS X v10.2を購入時にも「iPhoto」が搭載アプリケーションで入っていました。Mac OS X v10.4にはバンドルされてないのですね?
iPhotoとiMovieは製品版(つまりiLife)になってしまいましたのでバンドルされなくなりました。
>それをインストールが可能(かつ使用が可能)でしょうか?
可能です。実際にiMac(Tiger)で使用しております。
>それにしても、Mac OS X v10.4までのアップの間にアップグレートされているでしょうね?
iPhotoは2.0まで、iMovieは3.0.3までアップデートできたと思います。
http://www.apple.com/jp/ftp-info/use.html
>この際Mac OS X v10.4に対応のソフト購入を検討しています。
そういうことなら、これからもサポートが続くiLifeがお勧めです。

投稿日時 - 2005-11-17 12:15:50

お礼

cockerelさん、ありがとうございます。
Mac OS X v10.4には、iPhotoが付いていない(iTuneは付いていました)ので、
やはりiLife購入ですかね。
でも使うのは、iPhotoとiTuneだけなんですが....。
しかもそのうちiTuneはMac OS X v10.4に付属してるので、
iPhoto使用のためにだけ、8~9千円位?を出費するのは、悔しいです。

投稿日時 - 2005-11-17 20:11:53

ANo.2

>クラシック環境をあきらめた方が、この際良いと思い始めています
そのことに強いて反対するつもりはありませんが、今でも「10年以上前に買ったプリンタ」をお使いであり、そのプリンタのTiger対応ドライバがない場合には0S9を捨てない方がよいように思われます。あってもそれほど害のあるものではなく(容量を消費する程度)、思わぬときに役立つこともあります(いまだに68K用のアプリケーションが使用できます)。また、まったく独立した環境なのでテンポラリ作業領域として、たとえば追加のスクラッチボードのような使い方、あるいは作業パレット的な使い方もできます。どうしても邪魔であれば、ディスクイメージとして圧縮してしまえばよいでしょう。Classicが必要になったときに解凍すれば使用できます(2度目以降は、その解凍も自動的に行われます)。

投稿日時 - 2005-11-17 10:48:45

お礼

cockerelさん、こんにちわ。
「10年以上前に買ったプリンタにフォトショップ LE-J」ですが、
パフォーマ5210と同時購入したプリンタで、
両方とも既に処分してありません。
従って大昔のしかも簡易版ですから、この際Mac OS X v10.4に対応のソフト購入を検討しています。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-17 11:45:53

ANo.1

ご質問 1と3については、
「iPhoto」を使えば両方解決できます。
製品版は「iLife」に含まれますが、
iMac購入時にバンドルされていたならば、
それでも良いかと思います。

2はTechToolPro4でしょうか。

参考URL:http://www.apple.com/jp/ilife/

投稿日時 - 2005-11-17 10:26:25

補足

shut0325さん、こんにちわ。
iMac G4 700MHz(Combo Drive)を購入時にバンドルされてましたし、
その後Mac OS X v10.2を購入時にも「iPhoto」が搭載アプリケーションで入っていました。
Mac OS X v10.4にはバンドルされてないのですね?
とすると、OS X v10.2にある「iPhoto」は今度iMacが帰ってきたら、
それをインストールが可能(かつ使用が可能)でしょうか?
それにしても、Mac OS X v10.4までのアップの間にアップグレートされているでしょうね?

投稿日時 - 2005-11-17 11:30:48

お礼

ありがとうございます。
TechToolPro4ですか.....。
Mac OS X v10.4にアップして、皆様は、ノートン先生が定年退職したので、
やはり今後「TechToolPro4」をお使いになるのですかしらん。

投稿日時 - 2005-11-17 20:03:57

あなたにオススメの質問