こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アパレル大手・ワールドのニュースについて

今日の朝刊に、ワールドが非上場企業になるという記事がありました。
上場を廃止し、取締役や管理職に自社株式や新株予約券を持たせるメリットとはなんですか?

株式を公開していた方が、いろんな所からお金が集まってくるので企業にとっては都合が良さそうですが…
最近話題のM&Aと関連あるんですか?
わたしは経済に疎い大学生です。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-11-15 20:11:22

QNo.1781120

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

株式公開のメリットはおっしゃるとおり資金調達が中心となります。
一方で、短期的な株価の上下に経営が影響を受けたり、IR(投資家向け情報開示)の手間やコストがかかるなどのデメリットがあります。そして最大のリスクは株を買い占められ、経営権を取得されることです。
資金調達、会社の知名度・信頼度向上といった目的がすでに達成されているのであれば、あえて上場を続ける意味がない、という判断だったと思います。
また、再度上場すれば、株を持った役員、幹部が上場益を得るわけです。彼らの仕事へのモチベーションは上場しているときよりも高いでしょう。

投稿日時 - 2005-11-15 21:05:45

補足

オンワードではなく、ワールドでした!
失礼致しました。

投稿日時 - 2005-11-18 17:46:52

お礼

お礼が遅くなりすみません。

>資金調達、会社の知名度・信頼度向上といった目的がすでに達成されているのであれば、あえて上場を続ける意味がない、という判断だったと思います。
また、再度上場すれば、株を持った役員、幹部が上場益を得るわけです。彼らの仕事へのモチベーションは上場しているときよりも高いでしょう。

この部分が特に参考になりました!
確かにオンワードは大手なので、資金は十分かもしれませんね。
ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-11-18 17:44:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

一部が既に#1、#2さんが書かれてますが
○メリット
・株式の新規発行
→広く一般投資家から資金調達が出来る
・会社の知名度・信用の向上
→商売上のメリット、人材採用でのメリット、銀行からの借り入れ条件の向上
○デメリット
・上場コスト増(情報公開にかかる費用、証券取引所への会費)
・買収危機の増大
・投資家(株主)との利益相反
が考えられます。

ワールド寺井社長の説明では
・充分にブランドが確立しているので、知名度向上は必要無い
・自己資金も充分持っているので、これ以上の資金調達も不要
→上場のメリットはない。
一方、投資家との利益相反が一番の問題で、最近は対立が目立っている。
とのことでこれを一番のデメリットとして説明しています。

簡単に言うと「村上ファンド」の様な投資家が跋扈してきて、短期間での株主利益還元の圧力が強くなってきたと言うことです。

目茶苦茶簡単に書きます
ワールドが100億円の利益を出したとします。
5年後10年後の事業拡大のため80億円を新規事業に投資する計画を立てました。
ところが投資家は、「海の物とも山の物とも解らない新規事業になんか手を出すな。投資をするなら、既存事業の強化に使うか、さもなければ株主配当に回せとの圧力がかかります。

要するに
○会社の考え
5年後10年後を考えて、新たな事業に利益を注ぎ込みたい。
○投資家の考え
新規事業が軌道に乗るまでは赤字を出す可能性があるじゃないか、今儲かっている事業の強化にお金を使い、株価上昇/配当増額等の株主価値向上を最優先せよ。
なのです。

で、ワールドは株式上場を廃止したのです。

同じような話ですが
サントリーは一度も上場したことがないし、する気もありません。
これは社長が、何かのインタビューで答えてましたが。
上場すれば、短期の利益を求められる。投資のリターンは1~2年で成果を求められる。
しかしながらウィスキーは仕込んでから10年~20年後になって初めて成果が解る。
ウィスキー事業は一般投資家とは相容れない事業なのです。

投稿日時 - 2005-11-16 18:50:29

お礼

お礼が遅れてすみません。

知名度があるので、資金調達も十分に出来ているし、新規事業のために非上場にしたんですね。
とても分かりやすい例でした。

サントリーは一度も上場したことがないなんて知りませんでした。また一つ賢くなりました。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-11-18 17:58:13

ANo.3

「会社を乗っ取られたくなかったら、上場なんかしなければいい」
とか言ったのはホリエモンですが、ホリエモンは間違っているんですよ。
株式会社である以上は、株は売買されるのです。
だから、非上場でも乗っ取りはできる。
また、上場企業は、社員株主制度というのがあるのが普通で、社員は「安く」自社株を買っています。
これを前提にワールドの場合、
ワールドは一族経営ですので、「一族経営からの脱却」ですね。一族でない社員も、経営に参画させ、一族だけが支配するのを辞め(八百屋さん1店舗だけの経営者みたいな)て「近代的な経営」を目指したのです。
ですから、このやり方がソニーやトヨタやフジテレビに通用するものではありません。
ちなみにフジサンケイグループは、昔は一族経営でした。

投稿日時 - 2005-11-16 03:26:01

お礼

お礼が遅れてすみません。

ワールドは一族経営だからこそ今回のようなことができたんですね。
非上場企業でも乗っ取りは出来る…
んー難しいですが、もっと勉強しなければと思いました。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-11-18 17:52:11

ANo.2

下記に書かれている記事の最後の方に、経営戦略上不可欠である新事業の開発は一般投資家にとってはネガティブなもの、という一文は成る程と思いましたので、ご参考になるかもしれませんので、ご一読をお薦めします。

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_11/t2005111513.html

投稿日時 - 2005-11-15 23:06:54

お礼

お礼が遅くなりすみません。

>経営戦略上不可欠である新事業の開発は一般投資家にとってはネガティブなもの

この文は、わたしが取っている新聞には載っていなかったので、参考になりました。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-11-18 17:46:25

あなたにオススメの質問