こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SEED ディスティニー のムウについて

撮り溜めしていた最終話までの残り10話ぐらいを今日見終えたのですが、どうにもツジツマが合わないので質問させて頂きます。

前作ガンダムSEEDで、アークエンジェルを守る為自ら盾となって死んだはずのムウが実はネオ・ロアノークだった。というくだりがあったのですが、ムウの乗ったガンダムがビームで消滅した際にムウのヘルメットが宇宙空間を漂うシーンがあったと思います。

自分としては百歩譲ってあの攻撃で瀕死の重傷を負ったとしても、ヘルメットが脱げちゃいくらなんでも普通は死んじゃいますよね?凄く興醒めしてしまいました。

結局あのシーンはどういう意味というか、なんだったんでしょうか?

そこらへんの事情に詳しい方ご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-10-08 03:37:04

QNo.1699419

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ムウさんが自ら盾になって防いだ後、普通の放送ではヘルメットが出ていましたが、そのあとに放送れた、スペシャルエディションでは、ムウさんが乗っていた機体の破片だけで、ヘルメットはその場には映ってなかったので、次回作でもムウさんを登場させたかった製作側が設定を変更したのではないでしょうか。

あのアニメは、色々矛盾してる点も多いのでそれくらいはありえるかもしれません。

僕的には、正に『不可能を可能にする男』だったって事のほうがうれしいですけど。
(ちゃんとした回答になってなくてごめんなさい)

投稿日時 - 2005-10-10 04:09:18

お礼

製作者側の意向だとしても別な形の表現の仕方があってもいいとは思うんですけどね。それにそこをどうにかするのが脚本家や監督の力量だと思いますが...。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-12 17:50:50

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

現実ではヘルメットが取れれば重体どころか即死だと思いますが、その変はアニメなので・・
ヘルメットが浮遊したのは、おそらくはデスティニーへの布石でしょう。

投稿日時 - 2005-10-10 01:47:05

お礼

所詮アニメなんで細かいことまでは...とは思いますけれど、あれはどう見ても死んだことを意味するものだと思いますけどね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-12 17:47:01

ANo.5

前作ではムウのクローンとしてラウル・クルーゼが描かれていましたね。
ディスティニーが始まって、仮面を被ってても声優が同じだから
たぶんネオもムウの別のクローンなんだろうなと予想してました。

実は途中から観なくなっちゃったんですが、ラストでまんま本人だったんですか!?

うーん、ヒノモト系お約束の「皆殺し」でドラマチックに殉死してもらったものの、
人気が根強いキャラだったので再利用。ラストの駆け足の展開で
うやむやに認めさせようとしたんでしょうね。
昔のアニメならありえる話ですが、今時こういうのは子供も騙せないような気が・・・。
                                     

投稿日時 - 2005-10-09 04:26:59

お礼

私も同じ様な予想をしていました。(笑)
ていうか、これしか考えられないでしょう!!

こんな展開は「魁!!男塾」以来だと思いますし、昔のアニメよりタチが悪い気がします。

投稿日時 - 2005-10-09 11:04:59

ANo.4

あの設定めちゃくちゃ作品に
整合性を求めてはいけません。
それだけ矛盾だらけの作品だと言うことです。

投稿日時 - 2005-10-08 17:06:45

お礼

SEEDはまあまあ観れる作品でしたが、ここまで酷いご都合主義が横行する作品なんで自分の中のワーストランキングではGガンダムを遥かに凌ぐ作品になってしまいましたね。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-08 18:55:36

ANo.3

実際のところは、あのシーンで死んでいたはずだったのでしょう。
その後続編を作る事が決定し、そこにムウを出したい。
なので総集編でメットが脱げるシーンを修正し、なかったことにした。
この辺が“映像作品”としての理由でしょう。

あの世界の中での話だと、ムウが生き残っている以上、可能性は二つに一つ。
1:メットが脱げても生きていた。
2:メットは脱げていない。
一応、ものの数秒であれば生身で宇宙空間に出ても平気という見解になってはいるようです(アストレイにそんなシーンが)。
とはいえ、そんな短時間で回収したとも考えにくい。
とすれば、2番でしょう。
アレは、コクピット内に用意してあった予備ヘルメットだったんですよ。

投稿日時 - 2005-10-08 09:13:34

お礼

かなり強引な設定のような気がするのですが、そこまで想像しないといけないアニメって自分が小学生の時でも無かったような気がします。(苦笑)
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-08 18:49:08

一応、瀕死の重傷を負って連邦軍に救われて、という設定になっていますけどね。
最終話の一話前で全身包帯だらけでベッドに寝ている回想シーンがあります。

ぶっちゃけ、アニメ自体が空想の世界なんですから、視聴率さえとれてスポンサーが儲かれば『何でもアリ』です。

つじつまなんて意味ないです。

投稿日時 - 2005-10-08 05:49:35

お礼

『何でもアリ』にも限度があると思うんですよね...。
近年稀に見るヒドさにがっかりしてしまいました。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-08 18:42:52

ANo.1

テレビ放送後に発売された、スペシャル・エディションでは、そのヘルメットのシーンはカットされているんですよね。

正直、ヘルメットが脱げる脱げない以前の問題だとは思うんですけれど。

あのアニメに意味を求めること自体、無意味だと思いますよ。

投稿日時 - 2005-10-08 03:44:57

お礼

スペシャル・エディションとはDVDの方ですか?
あっちは全く観た事無いので、そんなふうになっていたんですか...。
まあ意味を求めちゃいけないのはわかってるんですど、ここまでとは思いませんでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-08 18:40:34

あなたにオススメの質問