こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうして小さくて効率的な政府実現のために、公務員の人件費削減になるんですか?

小さくて効率的な政府実現のために、”人と組織を帰る”という課題がありますが、その実現のためになぜ公務員の人件費削減ということになるのでしょうか。縦割り行政の打破などは、よく分かるのですが。
どなたか教えていただけないでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-23 18:35:33

QNo.1533227

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

人件費の削減の目的は、人件費が高すぎるために、実際おこなうべき政策が行えないという状況を改善することです。
市の外郭団体のある社団法人は、交通遺児を支援するということが目的でした。学校の保護者からの献金や、市からの補助金で事業を行うのですが、、、
収入が年間3000万。人件費1500万。主たる事業費10万ということです。広告宣伝費が30万程度ありました。
この組織の問題はどこにあるのでしょう?
日本の行政も同じです。

教員の人件費も非常に高すぎます。
教師を増やし、クラスの子供を少なくすることが日本にとって非常に重要です。これを実現する最も有効な手段は、教員の人件費を削減することなのです。そうすると多く雇えますから。
生涯賃金として計算すると、教師や県レベルの公務員の平均人件費は、都銀の平均と同じレベルでしょう。

大企業なら子会社や下請けが仕事をしてくれるのでいいのですが、行政は、ほとんど自前のスタッフなので、数も多いし、負担は激しくのしかかっているのです。

投稿日時 - 2005-07-24 23:22:44

お礼

2回にわたる丁寧なご回答ありがとうございます。
人件費の多さにショックを受けました。人件費が減少すれば、ほかのいろいろなことが実現できそうですね。

投稿日時 - 2005-07-26 23:55:03

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

小さな政府の実現と、公務員の高すぎる人件費の是正は微妙に違います。が、実際は連動しています。
高すぎる人件費の是正は、自治労や日教組の抵抗が激しく、なかなか実現しません。
新規採用を減らすということで、妥協をしているのが現状でしょう。

小さな政府は、公務員が独占している利権を手放すと言うことです。つまり法律をへらすことが、利権を減らすということなのです。
そのためには公務員の仕事を減らすという事になるのです。

本来なら公務員削減となるのですが、さきほどの話とセットで人件費削減等言う話となります。

鳥取県では、いかに努力しても、とても労働者として雇用できないという人に、再教育の機会を与え、本人が退職を選択するという「大事件」がありました。
これまで公務員は犯罪を犯しても減給や不起訴ですまされていたのです。
とても仕事をしているとは思えない悪質で怠惰な公務員はどこの役所にもいます。これの首を切った初めての事例だったそうですね。

このように、北朝鮮まがいの職場が公務員の職場なのです。

投稿日時 - 2005-07-24 01:22:04

お礼

丁寧な回答どうもありがとうございます。
では、人件費の削減の直接の目的は何なのでしょうか。
”公務員の人数を減らす”ということを"人件費の削減”と言い換えているだけなのでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-24 08:13:39

ANo.4

1です。補足します。

民間委託するから。またその結果。
という事だけでは有りません。

民間委託以前に、政府がしなくていい事として、やらない(委託することもしない)という場合も有ります。

民業で出来る事だから、委託も不要という場合も有ります。

投稿日時 - 2005-07-24 01:13:35

お礼

2回もの回答ありがとうございます。とてもうれしいです。

政府がしなくていいことまで今までやってたんですか~。

投稿日時 - 2005-07-24 08:04:37

ANo.3

小さい政府=仕事が少ない政府、ということだからです。

例えば国が国民皆保険制度・国民年金制度を廃止すればそれにかかわるお金も国に入らなくなりますし、それを管理・維持・運営する人間も必要なくなります。

仕事がないのに人を抱えている必要はないでしょう。

投稿日時 - 2005-07-23 22:34:35

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、人件費の削減は、仕事の民間委託の結果、人数がいらなくなり、その結果人件費が削減されるということなのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-24 00:14:40

ANo.2

公務員(国家、地方)の数を減らせば、人件費も減ります。その為効率的な運営をしようとしているのです。小泉首相が良く言う”民間に出来る事は民間で!”もこの理由からです。~公務員の人件費は膨大な数字です。先日新聞で見ましたが、忘れたので・・・~

投稿日時 - 2005-07-23 19:07:42

お礼

ご回答ありがとうございます。
少人数制にするためと、民間委託の結果、人件費の削減につながるということですね。

投稿日時 - 2005-07-24 00:07:24

ANo.1

ポイントとしては、

政府の仕事が減る(減らす)ので、かかわる役人さんは少なくていい。

大所帯より、効率的・機動的な少人数
というとイメージが沸くでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-23 18:41:46

お礼

お早いお返事ありがとうございます。
ということは、人件費の削減は民間委託の結果に起こるということなのでしょうか

投稿日時 - 2005-07-23 23:58:29

あなたにオススメの質問