こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小泉首相が靖国参拝をやめれば、中国、韓国との関係は改善されますか?

小泉首相の靖国参拝問題が大きな外交問題となっています。
小泉首相が靖国神社への参拝を控えたら、外交関係はよい方向へ向かうのでしょうか?
あるいは、外国の圧力に屈しやすいとみられて、更なる圧力がかかるのでしょうか?
うまい解決方法がありますか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-07-12 17:27:21

QNo.1508819

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず「良い方向へ向かうのか?」と聞かれれば、
「良い方向」とはどんな方向か?
という議論から入らなければならないと思います。
質問者様がどんな方向性を良い方向かと思っておられるのかが具体的に示されていなければ、その質問に直接は答えられないと思います。
私は「良好な外交関係=(どんな形であれ)ただの仲良し」
ではないと思っています。
靖国参拝を止めるタイミングによっては、「外圧に屈する」という形になって更なる圧力がかかるかもしれません。
止めるタイミングが肝心だと思います。
相手方に「総理の靖国参拝さえ止めてもらえれば・・・ (´・ω・`)」
と言わせられればしめたものだと思います。
相手の攻勢に負けるような形は望ましくないと思います。

日本国内にはただただ外国にハッキリとものを言えばそれで良いのだと思っている人も一部存在しますが、その認識は間違っていると思います。
外交においてはそんな事よりも形式、カタチ、どんな「カタチ」でうまく収めるかが重んじられます。
ただただ外国にハッキリとモノを言えばそれで必ずよい方向に向かうというものでもないのです。
それだけでよければ研究や勉強なんかしなくても外交官になれます。
そんな単純な問題ではないのです。
どんなカタチで収めれば、対外的に、対内的に、見栄え良く、美しく納まるかということの方が大事なのです。

また日本企業の話も出ているようですが、一連の反日運動は政治的、外交的な策略よりもむしろ日本製品の不買運動を誘発させるために経済界が画策したものだとの憶測も一部出ています。現に、一連の反日運動の後、中国の新聞の調査によれば、日本製品の購買意欲は確実に低下しているみたいです。

また靖国参拝の批判の理由についてですが、ただケチをつけたいだけなのだという認識も間違っています。
日中外交の原理的な問題が絡んでいるという側面もあるので、必ずしもそういう態度で批判している人ばかりではないのです(まぁ人口比で見ればそういう態度で批判している人の方が多いかもしれないですけど・・・)。
踊らされているのも、民衆というよりもむしろ北京政府の方だと思います
中国国民全てと北京政府を全て単純に同一視する見方も誤りだと思います。

投稿日時 - 2005-07-12 18:12:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

351人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

参拝しなくなって中国や韓国で反日ムードが低下したとします。その場合、中国にODAやめる話あがっていますが、友好国として続けるかもしれません。また韓国にも援助やいろんな物が流れるかもしれません。
今は、反日で日本国民が不快感を受け、親中、親韓議員が、行動しにくくなっています。国益のことを考えたらどっちのが良いのでしょうかね。
マスコミが靖国問題を大きく取り上げますが、もういいです。靖国問題ばかり(〃´o`)=3 フゥ、年に1度くらい放送してもらえれば、何故にこんなに取り上げるかわかりません。

投稿日時 - 2005-07-13 05:09:33

ANo.15

それは無いと思います! 中国も韓国も日本を「戦犯国」として教育をしていますから 靖国問題は「個人戦犯」をまつって有るから 表面的に問題にしているのでしょう。

しかし 先日 あるTVが中国・韓国民に具体的戦犯者名を訊ねると 答えが返って来なかったのです。 あの方達は 国家に踊らされていると思います。

結局 終戦時の日本を救う為「天皇を」に 軍隊内の個人に責任を負わせて解決した マッカーサー「アメリカ」の・・・

解決法は これから東アジア各国が お互いの資料を出し合い 歴史教科書を作る事ですね そうすれば 30年後には 上手く行くと思いますよ!

投稿日時 - 2005-07-13 00:33:09

ANo.14

中国と韓国は、日本国に対するクレーマーです。クレーマーに妥協すればどんどん付け込まれます。クレーマーに対処するための、法律家による企業向けの解説書を読めば自ずから答えが見えるでしょう。

「クレーマーには毅然とした対応」、これしかありません。

投稿日時 - 2005-07-13 00:13:56

ANo.13

確かに国内の不満のoutletとしての性質もあると思いますが、
必ずしも変な言いがかりばかりでもないと思います。
戦争責任の所在や、A級戦犯の位置付けなど日中外交の原理的な問題も含まれていると思います。

投稿日時 - 2005-07-12 20:25:29

ANo.12

改善しませんね。止めたら止めたでまた変な言いがかりをつけて日本を脅すでしょう。彼らにとって日本はいい金づるなんですから。下等なかれらはそうしないと生きていけないんです。

投稿日時 - 2005-07-12 20:14:26

ANo.11

同様の質問に回答しているので、ご覧下さい。

・小泉首相失脚で、中日友好となるか
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1500054


解決方法としては、中韓に公の場で論理的に反論する、国際社会に中韓の主張の理不尽さをアピールする、といったことでしょう。

実際に外務省ではこのような具体的活動を始めています。

・外務省、中学歴史教科書を韓中英に翻訳ホームページ公開へ
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/07/10/20050710000021.html

投稿日時 - 2005-07-12 18:23:50

ANo.10

2000年たってもやっぱり やってるでしょうね。
改善の必要は向こうのほうが大きいでしょう。

OECDの大株主である日本と、アメリカ の意向が中国の行動の制限となるでしょう。
わけのわからない因縁をつけて、金品を取るのは強盗です。
中国はやくざ国家でしょう。
おそらく日米ともに、中国+韓国とは距離を置くと思います

投稿日時 - 2005-07-12 18:20:42

ANo.8

私はあまり政治に興味がないのですが、
やはりほかの方の意見と同じで、変わらないと思います。

靖国靖国といっているのは、単に政治の切り札としてそのことにけちを付けているだけだと思います。

民衆が騒いだりするのはそれだけ単純で影響されやすい国民だといえると思います。自分たちなりの考え方がない。知恵がない。
政府に踊らされているだけです。まんまと利用されてしまって、逆に哀れですよね。

ですからもし逆にやめたとすると表面上は良かったと言っておいて、
内心「ちっ」と思うかもしれませんね。

投稿日時 - 2005-07-12 17:57:47

ANo.7

 バランスをとるために再度発言すると、日本が中国を侵略する侵略した、というのは事実です。ですから、その点は中国がいくら恣意的とはいえ、日本の犯罪を許す論理に飛躍してはいけません。
 日本は日本の問題として、きっちりと解決すべきです。そもそも日本人は、どことアメリカと戦争して・・・原爆で・・・平和を!!という流れを強く持っていますが、侵略戦争という事実を語ろうとする人はきわめて少ないといわざるをえません。
 その点、日本の態度も良いものとはいえないのです。むしろ歴史認識を引き伸ばして、もみ消すということをもくろんでいるように思われます。
 

投稿日時 - 2005-07-12 17:50:48

ANo.6

こんにちは
この問題は、外交の歴史や慣行に照らして明らかに内政干渉なのです。
圧力に屈すれば、当面の間は中国や韓国との関係は改善されるでしょう。しかし、これら両国が感謝して大人の関係が将来築かれるかどうかは疑問です。取りやめるのが当たり前という認識でしょう。
内政に干渉すれば圧力に屈するという前例は、いずれ別の問題に飛び火していくでしょう。

世界的にみると、主権国家としての主体性を疑われることになるでしょう。外交上、さまざまな面で大きな痛手を覚悟しなければならないでしょう。

投稿日時 - 2005-07-12 17:48:28

ANo.5

K-1

向かわないでしょうね。靖国が無くなれば、他のところにケチをつけるだけです。
「自分らの圧力が効く」と思ったら、さらに無茶なことを言い出すでしょう。

両国とも日本を敵視することで国内のガス抜きを行っています。
でも日本資本がないと経済的にキビシイのもあります。
ですから反日教育をしてるのにも関わらず「日本は出て行け」と一言も言っていません。

「教科書にまで口を出すな。内政干渉だ」
「そんなに日本が嫌いなら全資本を引き上げ、ODAもすべて停止する」
とでも言うしかないでしょうね。
日本としては言うべきことは言うこと。
これが国際社会でも通用するようになるための道です。

投稿日時 - 2005-07-12 17:44:02

ANo.4

 好転するかどうかは分かりませんが、中曽根首相が靖国神社への参拝を取りやめて、その結果として現在の状況に連なっているのですから、どうなるでしょうね。
 ただ一ついえるのは、日本の望む「よい方向」と、中国・韓国、北韓<北朝鮮>の望む「よい方向」が違いますからね。

参考『おきらく軍事研究会』
「靖国に天皇陛下が参拝できなくなった理由など」
http://labo.okigunnji.com/archives/2005/07/post_235.php
<1.日本のマスコミは、2005年7月現在、「天皇陛下が靖国神社に参拝できなくなったのはA級戦犯が祀られているから」と主張し、国民の7割がこの言葉を受け入れている。真実は、昭和50年8月に当時の三木首相が「靖国には「私的」に参拝する」と史上はじめて言い出したことに起因する…>

「今年の靖国は特別。総理の8/15参拝に徹底してこだわる」
http://labo.okigunnji.com/archives/2005/07/815.php

参考URL:http://okigunnji.com/

投稿日時 - 2005-07-12 17:43:45

ANo.3

多分良い方向には向かわないと思います。

ずる賢い中国は次のカードを切って来るでしょう。

日本は外交がへたと言うかほとんど外交らしき事をしていないに等しいと思います。

靖国神社参拝に中国が反対するのは内政干渉ですので、あくまで日本人が判断して決めるもので他国が反対するのでやめると言うのはおかしいでしょう。

解決方法は、日本がもっと自国の立場を世界にアピールする事だと思います。

投稿日時 - 2005-07-12 17:42:11

ANo.2

 ひとつの大きな鍵であることは確かですが、されないというのが現実でしょう。
 中国の体制は今構造的におそらくあらゆる内部的な反動勢力を日本にぶつけるという流れがあります。つまり、日本のくそやろうがいれば、己の悪が軽視されてありがたい、というものです。
 これは1つの見方ですが、よく指摘されている事柄です。中国と日本の問題は、歴史教科書問題などいくらでも出てきます。この両者のパワーリレーションシップ(power relationship)は、おそらく双方にとって、本当に政治的・経済的・社会的な得が生まれない限り難しいと思います。
 

投稿日時 - 2005-07-12 17:38:10

ANo.1

中国、韓国側にとって唯一の解決策は
日本が中国、韓国よりも下でなんでもゆうことを
聞くようになる。それだけです。
何かが解決しかけたらまた古い話やなんやを持ち出して
反日だなんだと騒ぎ立ててくるだけです。
中国、韓国の人間に知的な判断を求めるのが無理なのです。

投稿日時 - 2005-07-12 17:37:18

あなたにオススメの質問