こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

食品表示の炭水化物と糖質について教えて下さい

こんばんは。只今ダイエット(体重は気にせず、体脂肪を落とす)中のため、こちらのサイトでも何度も質問させて頂き、その解答やアドバイスも参考に日々ジョギングと筋トレに励んでいます。

そして、食事の面では、炭水化物は脂肪の燃焼を助けてくれるが、採りすぎると脂肪として蓄積される、と聞いたので、極力減らすため、間食には炭水化物の入っていないカロリーメイトを採っています。

ただ、確かにカロリーメイトには炭水化物の表示がないのですが、代わりに糖質とかいてあります。ほとんどのお菓子やジュースなどにも糖質は入っていると思うのですが、表示はなく、炭水化物になっています。

また、野菜ジュースには炭水化物となっているものと、糖質となっているものがあります。

これらは同じ成分なのでしょうか?炭水化物=糖質と考えていいのでしょうか?別のものだとしても、体内に入ったときのその働きは同じなのでしょうか?

今までは、仕事中などにどうしてもお腹がすいたときに、カロリーメイトは炭水化物が入っていないし、手軽でカロリーも補えるのでいいと思っていたのですが、考え直さなくてはいけません。

野菜ジュースを選ぶときも、炭水化物の入っていないものを選んで、寝る直前とかにも安心して飲んでいたのですが、これもやめねばなりません。

どうかよろしくご解答お願いします。

投稿日時 - 2005-07-07 03:02:07

QNo.1497054

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
実は私先日こちらで 炭水化物、糖質、糖分、糖類の違いについて質問したばかりなんです。
その答えはこちらをご覧下さい↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1495991

炭水化物と糖質はちょっと違うんですね。
ではその炭水化物が体内でどうなるかというと、
まずブドウ糖に変換されエネルギーとして使われますが、余分はブドウ糖から脂肪になるんですね。
ですからダイエットで炭水化物の摂取量を少なくするわけです。
しかし脂肪も食べすぎはダメですし、
じゃあどうしたらよいのかとなりますが、
結局バランスよく食べて体を動かして新陳代謝を良くすることが一番長続きするようですよ。
ダイエットと炭水化物についての参考にこちらをどうぞ↓
http://www24.big.or.jp/~mack/index.37.htm

参考URL:http://www24.big.or.jp/~mack/index.37.htm

投稿日時 - 2005-07-08 02:05:01

お礼

ご解答ありがとうございました。

2つのURLもとても参考になりました。やはり皆さんよく言われるのは、新陳代謝とバランスのよい食事のようですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-13 12:42:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

えー お答えしますと炭水化物=糖質です。
蛋白質、脂質、炭水化物(糖質)の3つの事を3大栄養素といいますね。

炭水化物(糖質)は3種類あり、果汁などの単糖類、砂糖などの二糖類(単糖類と二糖類を合わせて単純糖類といいます)、ご飯等のデンプン質があります。
いずれも消化されるとブドウ糖になりますが、消化速度に大きな違いがあります。

単純糖類(いわゆる甘い物)は消化速度が非常に早く、血糖値が一気に上がります。血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されて脂肪合成されやすくなります。
一方デンプン質は非常にゆっくりと消化されますので血糖値も上がりにくいです。また、腹持ちも良いです。昔から和食がダイエットに良いといわれているのは、和食はご飯という炭水化物が主食であるからです。ご飯は水で炊くだけなので、脂質はほどんど含みませんし、意外と蛋白質が多く含まれています。しかも消化された後はエネルギーになって燃焼され二酸化炭素と水になります。
ダイエットで気をつけるべきは炭水化物でなく、脂質です。脂質もエネルギーになりますが、非常に燃焼しにくく脂肪として蓄えられやすいのです。パンは小麦粉と言う炭水化物が多く含まれていますが、バター等の脂質も加えて作るので、量が少ない割りにカロリーが高いです。そして、焼いた上にマーガリンを塗ったりジャムをつけたりとどんどん高カロリーで高脂質になってしまいます。クロワッサンなどは油の塊のようなものですね。そういう意味でも和食が良いのです。

それともう一つ大切な事は脳のエネルギーはブドウ糖です。すなわち炭水化物(糖質)を摂取しなければ脳に栄養は行きません。脳の消費エネルギーは意外と大きく、筋肉の次にカロリーを消費してくれます。長時間勉強したらおなかが減るのは脳が活発に働いてカロリーを消費しているからです。炭水化物を摂取しないと脳に栄養が行かず、ボーっとしてきます。朝ごはんをしっかり食べ無ければならない理由はここにもあります。

と言うわけで、炭水化物はある程度はしっかり摂取してください。断つべきは脂質です。なんといっても体脂肪は脂質の塊ですから、摂取しなくても大量に蓄えられているのです^^;ただし、これも完璧に断ってしまうと皮膚が乾燥してカサカサになったり、ビタミンの吸収が悪くなります。植物性の油や魚の油はある程度摂取しなければなりません。といっても普通に食事していると必要な量は入ってきますので、無理に摂取しなくても大丈夫です。

カロリーメイトは僕も時々食事代わりにしますが、蛋白質が少し足りないので牛乳等で補ってくださいね。
(なんだかんだ言っても、ダイエットには腹八分目のバランスの良い食事と運動が一番ですよ!)

説明が長く、わかりにくかったかも知れませんので、不明な点は質問してください。
それでは頑張ってくださいね!

投稿日時 - 2005-07-07 03:52:31

お礼

こんな時間に早速のご解答ありがとうございます。

とてもよく分かりました。今まで炭水化物ばかり気にしていたのですが、これからは脂質に気を配り、バランスのよい食事と運動で、健康的にダイエットに励みたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-07 04:40:57

あなたにオススメの質問