こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真空管EL34とECC82、どちらを交換したら音色が変化しますか。

EL34とECC82という真空管が各2本ついている「ユニゾンリサーチ シンプリー2」というアンプで音楽を聴いて楽しんでいる者で、今のメーカーとは違うメーカーの真空管を購入しようと思っています。特性の揃っている真空管を2本セットで交換したらよい、というのは知っていますが、EL34(出力管?)とECC82、どちらを交換したら音色がより変化するのでしょうか。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-07-07 00:57:59

QNo.1496912

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その製品を見たことが無いので、一般的な事を書きます。

真空管を交換することで音が変るかというと、ケースバイケースです。まず、管の特性にはばらつきがあります。同じメーカで製造工場や製造時期によって測定してはっきり違いが判ることがあります。また、使用状態によって、特性はどんどん変化します。民生用の場合、定格で普通に使っていても、新品から数日の間にかなり特性の変化があり、その後は徐々に変化します。この安定期のあと、急激に変化がおこるケースがあり、たいていは、これを寿命と考えて交換します。

昔は、良心的な回路設計者は、この変化やバラツキを考慮して、想定される変動の中で、動作や性能に支障の無いようにするものだと言われていました。設計でカバーできない場合には、適当な頻度で調整するようにして対処していました。本当に、このような設計であれば、元の管が劣化しているとか規格ハズレで無いかぎり、交換して(再調整する)も目立って差は出ないはずです。

実際には、調整しきれない部分があったり、わずかの差でも影響が大きく現れる(クリティカルな)部分があったりします。もちろん、回路設計上、コストや特別な機能上の要求や趣味性などの理由で、管の特性が現れやすい(良い意味でも悪い意味でも)回路が採用されているケースもあります。たとえば、フォノイコライザを無帰還グリッドバイアスで構成したりすると、管による違いや劣化の程度で、どんどん音が変るでしょう。逆に、適切に設計された3段NF回路なら、その差はかなり小さくなります。なぜなら、前者は、管の特性に依存した設計で、後者はバラツキや変動を押え込む設計だからです。

御質問のアンプの回路がどのような意図で設計されてるかによって、どちらか交換した時にどのような差が出るか判りません。管の個性がそのまま現れるように意図された物もありますし、どのような管でも安定した特性が出るように意図した物もありますので。

一般に多い設計では・・・・
出力管はバラツキが大きく、所定の動作点からズレた時のトラブルも大きい(特にプッシュプル回路で)ので、ある程度安定な回路にするか簡単に調節できるようにします。だから、管を交換した後で、(きちんと調整するなら)、出力管を交換した際の音の変化はあまり大きくないはずです。
電圧増幅管は、特性のバラツキ自体は小さいのですが、雑音やグリッド電流など、(同じメーカでも)管ごとにずいぶん違うので、これらの影響が出る場合があります。これらは回路設計でカバーしにくいので、昔は何本もの管から選別して、影響の出やすい所に使用しました。おそらくメーカでは今でも選別しているでしょう。

なお、EL-34は6CA7の名でも知られています。メーカによって外見がかなり違います。デザイン的は面白いです。太い松下製とか細身のテレフンケンとか。メーカによって、公表されている動作特性は同じも、最大定格が違ったり、耐久性に違いがあったり・・・
ECC82は、確か12AT7だったと(今手元に資料が無い)思います。一般用の他にHiFi用とか通信用とか工業用とかもあって、内部の機械的な構造に違いがありましたね。

投稿日時 - 2005-07-07 13:05:16

お礼

貴重でご丁寧な解説、ありがとうございます。アンプの設計思想を知ることが出来て、とても参考になりました。単純に真空管を交換すれば音色が変化するという訳ではなく、いろんな要素が影響するのですね。ますます真空管アンプが好きになりました。

投稿日時 - 2005-07-09 12:29:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

こんにちわ。
物理学的にはどちらも音は変わります。というしらけた意見はさておいて。。。
いちばんOKなのは、安いのを沢山かってきて、選別して、
差し込んで、調整をいれる。さらに200時間たったら調整してGO。
tfkとかムラードとかの法外な価格のものを2本買うより
安い物を沢山かって選別したほうがよりよいとおもいますよ。
実際にやってみましたが、骨董的に高価管をかうならば良い
と思いますが、それほどの差はないと、個人的には思います。
一応、高価管も所有はしてますが。

投稿日時 - 2005-07-07 13:23:33

お礼

高価管、必ずしもずば抜けた音質ではないのですね。いろんな真空管を楽しみながら選別して自分の感性にあったもの聴く、それもワクワクしますね。参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-09 12:39:48

あなたにオススメの質問