こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

変圧器の容量について

三相変圧器でV結線のものとデルタ、スター結線の変圧器の容量について教えてください。
例えば1KVAの単相変圧器をV、デルタ、スター結線した時、デルタ、スターは1相あたりの容量は1KVAだと思うのですが、V結線も1KVAでいいんでしょうか?
利用率が0.557なので0.577KVAしょうか?
考え方が良くわからないので教えてください。

投稿日時 - 2005-07-02 07:22:12

QNo.1486341

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

例えば1KVAの単相変圧器をV、デルタ、スター結線した時の変圧器100%利用率での供給負荷容量は、
デルタ、スター結線については3kVAとなりますが、V結線の場合は1.732kVAとなります。

すなわち、V結線では変圧器2台で100%利用率で2kVA供給できるのではなく、1.732kVAしか供給できないということです。

利用率が0.557というのは1/√3のことですね。

投稿日時 - 2005-07-02 10:03:25

お礼

回答ありがとうございました。
1相あたり2KVAが1.76KVAになるんですね。

投稿日時 - 2005-07-11 02:12:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>利用率が0.557なので…
No.2さんも少し触れていますが、0.557(=1/√3)は利用率ではなく、Δ結線に比べて、変圧器の出力がどれだけ減るか?です。
利用率は、変圧器合計容量のうち、どれだけを出力として使えるかなので、√3/2=0.866です。(Δ結線、スター結線では利用率1)

投稿日時 - 2005-07-02 11:12:33

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-11 02:15:32

ANo.3

● 1KVA の変圧器3台で スター、デルター結線共に 3KVAの容量と成ります。

● 1KVA の変圧器2台で V結線の場合は 1.732KVA(1KVA*√3)と成ります。3台の場合の 55.7% の能力と成ります。
この場合の変圧器の利用率は1KVAの変圧器2台、即ち2KVAで1.732KVAの容量と成り、 √3÷2=0.866と成ります。

まとめ 下記URLにも記載があります。
 

参考URL:http://www.din.or.jp/~goukaku/denko/chap3/1-3-1.pdf#search='V%8C%8B%90%FC'

投稿日時 - 2005-07-02 11:07:27

お礼

回答ありがとうございます。
利用率と能力がごちゃ混ぜになっていました。

投稿日時 - 2005-07-11 02:14:54

ANo.1

V結線はΔ結線の1相を取り除いたもので簡易的、応急的に使われます。
ご質問の1KVA2個の結線では、トランス相容量2KVAに対し
利用率0.557を掛けた1.24KVAの3相出力が利用できると言う
意味で、この時、トランス1相あたりは1KVAとなっています。
利用できない分の0.76KVAはΔ結線に1相足りない分の電力すなわち
自トランスの相からすると120°ずれた皮相電力となって消費されています。

投稿日時 - 2005-07-02 09:48:19

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-11 02:10:39

あなたにオススメの質問