こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己受為替手形について

簿記3級の問題集からの質問です。
「A商店に対する売掛金の回収の為、自己を受取人とした、A商店あての為替手形\500000を振り出した」
これが、売掛金を受取手形に変える為であり、確実にお金を回収したい時などに行うのだ、という事は分かります。でも、このような場合、約束手形を振り出してもらえばいいのではないのでしょうか?通信教育をやっているので質問した所、「相手に約束手形を振り出す事をお願いせずに、売掛金を確実に回収しようとした時には自己受為替を振り出す」と回答されたのですが、いまいち納得できません。結局、為替でも相手は手形を支払うことになる事に変わりありませんよね?なんかメリットがどちらかにあるのでしょうか。

投稿日時 - 2005-06-03 21:41:53

QNo.1427463

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

手形の引受けには当座の必要はありません。
通常の為替手形の様に受取人が振出人に求償する事ができませんから約束手形よりも信用力が強くはありません。

投稿日時 - 2005-06-04 17:15:06

お礼

なるほど、理解できました!詳しく教えて頂いて、感謝します。有難うございました!

投稿日時 - 2005-06-04 22:26:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

約束手形を発行するには当座の開設が必要ですが、当座の開設には信用力が必要です。
なので簡単に振り出してもらえるものではありません。実際にはそんなにメジャーなものではなくて借金の証書のようなものだと思ってくれればいいと思います。

投稿日時 - 2005-06-03 22:50:20

補足

回答有難うございます!
また質問になってしまうのですが、お答えから考えると為替手形の引受人は、当座を持っていなくてもよいのですか?なんだか初歩的な質問かもしれませんが、教えていただけるとうれしいです。よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2005-06-04 13:38:25

ANo.1

 下記URLに詳しい解説があります

参考URL:http://www.boki.info/HPboki/6f-1-P024.htm

投稿日時 - 2005-06-03 21:50:22

お礼

回答有難うございます!
紹介して頂いたサイト、参考になりました。最近まで参考書を使って独学していたのですが、その本には自己受為替手形については触れてなかったんですね...
助かりました。

投稿日時 - 2005-06-04 19:26:51

あなたにオススメの質問