こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DNAと遺伝子の違い

タイトルどおりなのですがDNAと遺伝子の違いって
なんですか?

投稿日時 - 2005-05-31 21:00:27

QNo.1421504

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いくつかの説明が考えられます。

(1)DNAは物質名、遺伝子は機能からみた名称である

DNAは、DeoxyriboNucleic Acid (デオキシリボ核酸)の略で、化学物質としての名称です。
遺伝子は、生物細胞内において形質を発現し、形質を子孫に伝える機能をもつもの名称です。
つまり、遺伝子というものは、DNAという材質でできているということになります。
「遺伝子の本体はDNAである」という言い方をよくします。

(2)DNAは現実の化学物質であり、遺伝子は遺伝学における抽象概念である

遺伝子はDNA発見の前から知られていました。遺伝学のパイオニアであるメンデルの研究では、親から子孫に伝わる「要素」があることがわかっていました。こうした要素を遺伝子と呼んだわけです。

(3)1本のDNAの中には、複数の遺伝子がある

1本(2重らせんを1本と数えます)のDNAには1つの遺伝子があるわけではなく、たくさんの遺伝子が乗っています。つまり、DNAの塩基配列で、ここからここまでは遺伝子A、ここからここまでは遺伝子Bと分かれています。DNAを1冊の書物としたら、遺伝子はその中の一つ一つの文、という感じです。

(4)DNAのすべてが遺伝子であるわけではない

真核生物のDNAは、遺伝子としての働きをもたない塩基配列を大量に含んでいます。下のサイトによると、ヒトのDNA塩基配列の中で、遺伝子領域は30%だそうです。
http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/Genome.htm

参考URL:http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/Genome.htm

投稿日時 - 2005-05-31 21:39:01

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

52人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

同じようなモノですが、DNAの他にもRNAという遺伝物質があったりします。

投稿日時 - 2005-05-31 21:06:59

あなたにオススメの質問