こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

再生機器について

ビデオカメラで昔の8ミリ Hi8は専用のレコーダーがありました。VHSーCはカートリッジを装着すれば普通のVHSレコーダーで見られました。
現在のDVDCAMはカートリッジをはずせば、そのDVDに対応してれば見られます。
DVカメラはカメラ以外にプレイヤーはありませんし昔の8ミリなどはもうカメラがほとんど売ってせんが
定期的にダビングしてメディアを変えていかないとハードが壊れたらだめになってしまうでしょうか??
またカメラではDVDCAMよりDVカメラが今のところ主流ですがレコーダーではDVDがほとんどでD-VHSはほとんど見ませんがD-VHSはいかなるものでしょうか?

投稿日時 - 2005-05-13 14:12:06

QNo.1384965

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

DVテープ用のプレーヤーは、ソニー、松下、ビクターから多数発売されていました。ただし、とても高価でしたので、一般の電気店などではあまり展示していなかった、というのが実状です。現在では、業務用特機ルートで購入可能です。

D-VHSは、ハイビジョン放送をムーブできるデジタル機器として存在価値は高いのですが、認知度が低いのが残念なところです。DVDを軽く上回る画質、音質で長時間の録画が可能です。日立、ビクター、松下、ソニーから数種類発売されていました。いまでは本家のビクターしか新製品は発売していません。

テープメディアで、サーチ画像に難があります。アナログと違って、表示にタイムラグがあるので、編集目的に使うのは難しい面があります。また、MPEG2エンコーダーの違いで、他社製品との互換性に難があります。
現在の私の使用目的は、ハイビジョン録画と、DVD編集前のマスター録画としてCS放送を録画。

使い道をしっかり見極めれば、存分に高画質が堪能できるし、コストパフォーマンスもDVDより安い。使う人次第だと思います。

私はDVデッキもD-VHSも1号機を購入し、今でも愛用しています。DVデッキは現在2台、D-VHSは3台あります。フル稼働しています。

今のところ、壊れても修理が効く状態ですので、ためらう事なく存分に使っています。

投稿日時 - 2005-05-13 14:37:56

お礼

ありがとうございました。
画質は光ディスクよる磁気テープのほうがいいのですね。
確かにDVDの面積より、テープのほうがはるかに長いですから、光学より磁気のほうが書き換えも容易、
ただ編集や頭だしNADOはDVDのほうがすぐれてますが、
DVDに昔のレーザーディスクの大きさなら画質がよくなるかも??
ほとんど、カラオケに使われててましたが。

投稿日時 - 2005-05-14 11:25:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問