こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

台湾へ留学経験のある方へ

こんにちは。
現在、中国語(北京語)を勉強中の者です。中国語の習得に、中国ではなく台湾を選択した方は、どのような点から台湾を選ばれたのでしょうか?

台湾では台湾語も話されていますよね?台湾の北京語は中国の方の話す北京語と若干言い回しが違う時があるように感じます。(それは英語で言う、アメリカ英語とイギリス英語のような違いなのでしょうか?)

台湾へは旅行で何度も行ったことはありますが、実際生活してみると生活や語学学校などにどのくらいの費用がかかるのでしょう?

経験された方が、いらっしゃいましたら、どんな情報でも構いませんので教えてください。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-05-10 21:04:21

QNo.1379814

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今年の1月まで2年間、台湾に留学していました。台中であれば家賃は月5000元くらいから、学費は東海大学付属の語学学校で4ヶ月28000元です。ただし、台北だと家賃は1万元くらいすると聞きました。本気で探せば日本語教師の仕事や翻訳の仕事も見つけられますので、終わりの1年間は貯金をくずさずに生活できました。

私も台湾人とお付き合いしていましたので台湾を選びましたが、そうでない方はご親戚に台湾の方がいたり、大学の姉妹校が台湾にあったから、中国よりは生活水準が日本に近いから・・・といった理由が多かったです。

台湾語は北京語とかなり違った言語です。台湾語をメインに話す方とお付き合いされているのであれば、台湾語はかなり大きなハードルになるかと思います。(私がそうでした)台湾語メインの方は台湾語スピーカーとは必ず台湾語でしか話しませんから、北京語しかわからなかった私はものすごい孤独感と疎外感を感じました。北京語で話して、とお願いしてもたぶん無駄です。彼らにとってはそれが自然なので、直しようがないのです。私は彼らが何を話しているのか知りたくて、台湾語のドラマを毎日メモを取りながら見て台湾語を勉強しました。それだけでもずいぶんわかるようにはなりましたが、学校で台湾語の授業を取り、文法を正しく学ぶことで力がぐんとついたと思います。それでも、台湾語がわかることは彼には内緒にしていました。わかると知られたら家族と同居させられるのに断る理由もなくなるし、今以上に遠慮なく台湾語で会話されるからです。

台湾の北京語は中国の北京語とは言い回しも違うし発音も違います。意思疎通ができないわけではありませんが、私は台湾人の北京語はほぼ理解できても、中国の方の北京語は聞き取れないことが多いです。(慣れの問題だとは思いますが。)もし台湾語スピーカーの方とお付き合いしているのであれば、台湾の発音を癖づけてしまったほうがいいと思います。

正直、台湾で日本人妻として生活するのは大変です。もちろん、それをこなして幸せに暮らしていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますが、私の彼は貧乏だったので生活費も自分で稼がなくてはならず、年金も雀の涙ほどの国で、将来に不安を感じました。私は大学卒業以降2年間の就業経験がありませんでしたので就労ビザを取ることができず(日本語教師ならばOKです)、一旦日本に帰って仕事をすることに決めました。彼には結婚する財力もないし、バイトも違法だし、このまま台湾に居続けても、自分のためにならないと思ったからです。
私は事情があって台湾に戻るという選択肢を消してしまいましたが、bell-tanさんには彼と幸せになってほしいと思います。

投稿日時 - 2005-05-21 11:13:12

お礼

具体的な数字までご回答頂きありがとうございます。全く想像がつかなかったので参考になりました。

chizudaraさんは2年間留学されてたのですね。大学を卒業されてすぐ行ったのでしょうか?その2年間で北京語と台湾語をマスターされたとは!!もちろんそれは並々ならぬ努力の成果ですよね。私も見習わなくてはいけません。

私の彼は台湾語と北京語を混ぜて使っているようです。その使い分けが私にはまだ分からないのですが・・友達と話す時は台湾語を話すことが多いような感じがします。

私も、そう遠くはない将来に台湾へ行く事になると思います。すぐに結婚というわけではありませんが、言葉も勉強しなくてはいけないし生活もしてみなければ何も分かりませんから・・・正直不安は沢山あります。もっともっと強くならなくちゃいけないなぁって思ってます。

chizudaraさんは台湾へ戻る選択肢を消してしまったとありますが、日本で働くための一時的な選択であるといいなぁと思っています。私も頑張ろうと思います。
とても励まされました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-05-22 13:13:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

今年の1月まで2年間、台湾に留学していました。台中であれば家賃は月5000元くらいから、学費は東海大学付属の語学学校で4ヶ月28000元です。ただし、台北だと家賃は1万元くらいすると聞きました。本気で探せば日本語教師の仕事や翻訳の仕事も見つけられますので、終わりの1年間は貯金をくずさずに生活できました。

私も台湾人とお付き合いしていましたので台湾を選びましたが、そうでない方はご親戚に台湾の方がいたり、大学の姉妹校が台湾にあったから、中国よりは生活水準が日本に近いから・・・といった理由が多かったです。

台湾語は北京語とかなり違った言語です。台湾語をメインに話す方とお付き合いされているのであれば、台湾語はかなり大きなハードルになるかと思います。(私がそうでした)台湾語メインの方は台湾語スピーカーとは必ず台湾語でしか話しませんから、北京語しかわからなかった私はものすごい孤独感と疎外感を感じました。北京語で話して、とお願いしてもたぶん無駄です。彼らにとってはそれが自然なので、直しようがないのです。私は彼らが何を話しているのか知りたくて、台湾語のドラマを毎日メモを取りながら見て台湾語を勉強しました。それだけでもずいぶんわかるようにはなりましたが、学校で台湾語の授業を取り、文法を正しく学ぶことで力がぐんとついたと思います。それでも、台湾語がわかることは彼には内緒にしていました。わかると知られたら家族と同居させられるのに断る理由もなくなるし、今以上に遠慮なく台湾語で会話されるからです。

台湾の北京語は中国の北京語とは言い回しも違うし発音も違います。意思疎通ができないわけではありませんが、私は台湾人の北京語はほぼ理解できても、中国の方の北京語は聞き取れないことが多いです。(慣れの問題だとは思いますが。)もし台湾語スピーカーの方とお付き合いしているのであれば、台湾の発音を癖づけてしまったほうがいいと思います。

正直、台湾で日本人妻として生活するのは大変です。もちろん、それをこなして幸せに暮らしていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますが、私の彼は貧乏だったので生活費も自分で稼がなくてはならず、年金も雀の涙ほどの国で、将来に不安を感じました。私は大学卒業以降2年間の就業経験がありませんでしたので就労ビザを取ることができず(日本語教師ならばOKです)、一旦日本に帰って仕事をすることに決めました。
私は事情があって台湾に戻るという選択肢を消してしまいましたが、bell-tanさんには彼と幸せになってほしいと思います。

投稿日時 - 2005-05-21 11:09:59

ANo.1

おっしゃるように、台湾の北京語は大陸とけっこう違います。いちばんは発音です。「軽声」が少ないです。それと「巻舌」しない人が多いですね。
でも、学校の先生の発音は標準的です。

生活費などは大陸より当然高いですが、私はずいぶん昔なので、今の具体的数字は答えられず、お役に立てません。

台湾を選択するのは、その生活しやすさではないでしょうか。物質的にも豊かだし、反日デモも有りません。
たまにイヤな思いもするかも知れませんが、人々はおおむね親切で人情味が有ります。ついでに少しでも台湾語を覚えて話せば、人間関係もぐんと親密さを増すと思います。

話は戻りますが、発音の違いが大きいので、質問者さまが
どういう北京語を話したいかになると思います。
私は両方で習ったので、どちらも親しみは有りますが、どちらかと言うと大陸の中央電視台アナウンサーの発音が好きで、自分でもそれを目標にしてますが。

それから、今はピンインで習ってますか?
台湾では「注音字母」を使います。日本のカタカナみたいな見慣れない形のやつです。ご存じかも。
慣れないと少し戸惑うのですが、でも私はこれで、発音の仕組みが目からウロコみたいによく分かりましたよ。

あとは、「漢字」の違いですね。

投稿日時 - 2005-05-10 22:45:20

補足

早速のご回答ありがとうございます。

私は現在、中国人の先生に教えてもらっているので、ピンインで読んでいます。
台湾は「ブ・プ・モ・フォ」というやつですよね?あれは、さっぱり分からないのですが、慣れると発音がそんなに良くわかるようになるんですか?!それは知りたい!!jtkrayaさんは長く台湾に住んでらしたのでしょうか?

実は台湾の方と付き合っているので中国語の勉強をはじめました。
ただ習ったことを練習してみても微妙に違っていたり、逆に先生に話しかけてみた時に、それは台湾の言い方ね・・・といわれたり。

まずは、きれいな北京語を習得したいと思っています。

投稿日時 - 2005-05-10 23:19:05

あなたにオススメの質問