こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

EMBEDタグ内のパラメーターの設定でURLを非表示

私のホームページで動画を公開しているのですが、
EMBEDタグでmpeg形式のファイルを再生しています。
ただ気になる点があって、mpeg形式のファイルが保存されている
URLを非表示にしたいのですが、再生されている動画を
右クリックして[プロパティ]を選択すると、動画ファイルのURLが
ばれてしまいます。
何とかして、動画を右クリックして[プロパティ]の項目を出さないように
したのですが、何かよい方法はないでしょうか?

投稿日時 - 2005-05-08 21:53:13

QNo.1375996

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

動画部分も見た目上、ブラウザが表示しているように見えますが、実際は別のソフト(Windows Media Player, Real Playerなど)がページに埋め込まれた状態で実行されているにすぎません。よって右クリックのメニューを非表示にできるかどうかは、埋め込まれているソフト(プラグイン)に対してそのような指定が可能かどうかによります。しかも、閲覧する側の再生プラグインの種類によって非表示指定の方法が違いますので、すべてのパターンを考えてタグを記述する必要があります。

そこで発想を変えて、単純に「動画を再生しているエリアをクリック不能にする方法」を考えました。
ただし、右クリックメニューを一切出さなくていいというのが前提です。

1.1×1ピクセルの画像を作成し、表示されている色を透過色に指定してGIF形式で保存する。(例:cmask.gif)
(こちらの環境(WindowsXP,InternetExplorer6)では、透過GIFでなくてもうまくいきましたが、念のため)
2.EMBEDタグの次に下の1行を追加する。
<IMG SRC="cmask.gif" WIDTH=300 HEIGHT=200 STYLE="POSITION:relative;TOP:-45px;LEFT:-305px">

※「WIDTH=300」「HEIGHT=200」「TOP:-45px」「LEFT:-305px」の部分は、uruchiさんのページレイアウトに合わせて変えてください。
 この方法では、通常 cmask.gif が表示される場所に何も表示できない部分ができてしまうので、レイアウトをうまく調節してください。(改行してから、透過GIF画像を上方向にずらすなど)

考え方としては、動画再生エリアの上に透明のカバーを取り付けて、動画領域をマウスクリックから保護してやるわけです。

投稿日時 - 2005-05-09 22:09:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
お蔭様で理想どおりの動きをするようになりました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2005-05-10 13:36:42

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

動画を埋め込んでいるページの BODYタグ 内に、
oncontextmenu="return false"
と記述すれば、一般的なブラウザでは右クリックしたときのメニューが表示されなくなるようです。
が、そのページのHTMLソースを見られたら、動画ファイルのURLぐらい一発でわかってしまうので、どうしても知られたくないのなら、HTMLソースを判読不能にする必要があります。参考URLに、いろいろ方法が載っているので研究してみてください。

※別件でHTMLソースを隠す方法を調べていたときに偶然見つけた方法です。受け売りですみません。

参考URL:http://www.broadband-xp.com/hidesource/

投稿日時 - 2005-05-08 22:51:42

補足

早速の回答ありがとうございます。
私の説明にミスがあったのかもしれませんが、BODYタグに
oncontextmenu="return false"は前々より挿入してあり、
HTMLソースからMPEGファイルの保存先URLがばれないように工夫しています。
今回問題となっているのは、再生されている動画を右クリックすると、「再生/一時停止」や「停止」等のメニューが表示され、
その中の「プロパティ」を選択するとMPEGファイルの保存URLが出てしまうのです。
それを何とかして「プロパティ」の表示をされないようにしたく思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-05-09 00:22:15

あなたにオススメの質問