こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

父が直腸癌に、、、

癌についての質問です。

私の父(55)は二年前に大腸癌で入院し、手術をしたんです。 んでどうにか退院し、一年間仕事をしていたんですが、今度は直腸のあたり(腰の近くの骨)にも転移という形で癌がでてきました。症状は末期です。 今現在も入院しています。

そこで質問なんですが、この末期の癌の症状というのはどれくらい深刻なものなのか聞きたくて質問しました。
噂に聞くと末期の症状からは生存率10%いくとかいかないとか聞いてすごく不安です、、、。回答おねがいします、、、。

投稿日時 - 2005-05-07 21:17:40

QNo.1373836

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

初めまして。
大切なお父様の事、本当にご心配の事と思います。

かく言う私は、4年間の闘病の末、2ヶ月前に大切な父親を亡くしました。
父は4年前(当時57歳)、大腸癌との告知を受けました。あれから4年目を迎え、61歳になった1週間後にこの世を去りました。
私の父親の場合は、同じく大腸癌(父の場合は、上行結腸癌でした)が発見された時は既に肝転移していました。
告知当初、既に「余命4ヶ月」と言われました。
あれから本当に怒濤ともいえる毎日でした。
私達家族がそう感じていたのですから、当の本人である父の胸の内を思うと・・・未だ辛くて仕方ありません。

父大好きっ子の私でしたので、やはり2ヶ月経った今でも悲しみから癒される事はなく、辛い毎日です。

あなた様のお父様もまだ本当にお若く、ご本人様自身も本当にお辛い毎日の事と思います。

2年前に手術をされたとの事ですが、その時点では他臓器への転移はなかったんですよね?
私の父の場合、肝臓への転移という事もあり、やはり既に全身に癌細胞が飛んでおり、半年後に肺転移してしまいました。

お父様の場合、その後も定期的な診察・検査等を受けられ、何らかの治療はされていたのでしょうか?

何れにせよ、転移が見つかったとの事ですが、直腸癌の他に他臓器への転移はないのでしょうか?
腰の近くの骨にも転移・・・という事は、画像には写らないほどの癌は体内のどこかに飛んでいる可能性は十分に考えられるでしょう。

「末期癌」の深刻さ・・・ですが、もちろんご本人様の体力・免疫力もあり、個人差は大きいでしょうが、何よりお父様はまだお若いゆえ、進行は早いかもしれません。
私の父の場合は、亡くなる2ヶ月前までは、傍目にも癌患者とはとても思えないほどに元気でした。現に4年間、風邪ひとつひく事なく、家族の中で1番元気でしたから。父自身も告知以来、体調には気を配っていましたし。
ですが、癌の末期ともなれば「階段を転がり落ちるように急速に悪化する」と聞いていたように、やはり父の場合も例外ではありませんでした。
2ヶ月ほど前から食欲が著しく低下し、呂律が廻らなくなり・・・口角からお茶をこぼすようにまでなってしまいました。
告知後半年目に肺転移していましたが、上記の症状は最終的に「脳転移」の兆候だったのです。
結局「緩和ケア」病棟に緊急入院し、1ヶ月後静かに息を引き取りました。


末期症状やその後の生存率などについてはネットでも十分に検索可能ですが、それはあくまでも一般的なデータに過ぎません。
が、私の経験上、その「ある日を境に・・・」という日は、実に突然やってくるという事。本当に「あれよあれよ」という間の出来事でした。

どうか後悔のないよう、お父様の為に最善の方法を見出される事を願ってやみません。
お父様、どうぞお大事になさって下さい。
そして今後あなた様も心身ともに大変な毎日が訪れるかもしれませんが・・・どうか気を確かに持たれ、お父様の良き支援者となってあげて下さい。

投稿日時 - 2005-05-09 08:21:30

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問