こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

評価額(地価公示価格)と土地購入価格の差について

先日、新築一戸建てを購入し、最初の固定資産税、都市計画税を払いました。
その時、あれっと思ったことを書きます。

3200万円(不動産仲介手数料などの手数料を除く)で土地を購入しました。土地に対する固定資産評価額は1550万円でした。仮に評価額を地価公示価格の7割と考えたとしても2214万円にしかなりません。

購入した価格と評価額(地価公示価格)はこれだけの差が生じてくるものなのでしょうか?
はっきり言ってショックでした。よろしければ皆様の具体的な数字を教えてください(心のよりどころが見つかればと思っております)。

また、考え方が根本的に間違っていましたらそれらを含め、この差についての解釈についてアドバイス願います。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-05-05 17:12:19

QNo.1369467

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>購入した価格と評価額(地価公示価格)はこれだけの差が生じてくるものなのでしょうか?

別に全く珍しくありません。まず、すこし混乱されているようですが、
 ・実勢価格
 ・公示価格
 ・路線価(相続税評価額)
 ・固定資産税評価額

は全部別物です。
公示価格はそもそも全ての土地にあるのではなく、特定の基準点における価格を表します。
この基準点の価格を「参考に」全ての地域での路線価や固定資産税評価額が決まります。
この基準点の公示価格にしても実勢価格よりはわずかに安くなっています。
また実勢価格はその土地の条件によりかなり異なります。同一地域でも公道に面していれば高くなり、私道だと安くなるとか、南道路は高く北道路は安い、角地は高い等です。
この条件により差は時に30%近い差になることもあります。
なので公示価格を持ち出したとしても2,30%程度の差は珍しくはありません。

>はっきり言ってショックでした
普通は喜ぶのですが(税金が安くなる)、何故ショックなのでしょうか。実勢価格が下落したのであればショックと思いますが。

投稿日時 - 2005-05-05 19:43:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

40人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

一戸建てのご購入は、一生のうちで大きなお買い物なので
出費内容に関しては気になるものが多くなってしまいますよね。。。
---------------------------------------------------------

【評価額とは】
不動産の評価額においては、特に土地に関して「一物五価」と言われる、
一つの土地に対し五つの価格を意味する価格の評価があります。
国や地方自治体、売主や買主などが、それぞれ違った視点や基準から
評価しているため、今回のご質問のようにそれぞれの価格に差があるのは
よくあることです。

【五価とは】
●時価(実勢価格)とは、実際に売買などに取り引きされる価格です。
●公示価格(公示地価)とは、地価公示法に基づき、
 国土交通省が毎年公表する価格です。
●基準地価(都道府県基準地標準価格)とは、国土利用計画法に基づき、
 都道府県知事が毎年公表する価格です
●路線価(相続税評価額)とは、市街地などにおいて公衆が通行する道路(路線)の
 標準地を選び、公示価格や売買実例価格、不動産鑑定士等による鑑定評価額を
 参考にして国税庁が毎年発表する価格で、これに土地面積を掛けて
 土地の相続税評価額を算出します。評価額は公示価格の8割が目安になります。
●固定資産税評価額とは、固定資産税などの税金を計算する基準となる価格のことで、
 市町村では、土地や家屋について「固定資産課税台帳」に課税価格などを
 登録しています。土地の固定資産税評価額は、公示価格の7割が目安になります。

時価(実勢価格)以外は公的機関が評価する価格で、それぞれ「評価基準日」「公表時期」「評価水準」があります。

---------------------------------------------------------
以上です。
ご納得いただけましたでしょうか?
HOME'S住まい探しのサポートセンターでは
お客様のお家探しに関するご質問にお答えし
物件選びをサポートさせていただいております。
いつでもお気軽にお問合せ下さいね。

投稿日時 - 2017-02-08 15:23:37

ANo.3

割高な物件を買わされてしまったのでは?と、思っていらっしゃるようですが、安心してください。
決してそんなことは無いと思いますよ。

先の回答にもあるように、不動産の価格表示は様々なものがあり、実勢価格には公的評価額が参考にならない物が沢山あります。

ほとんどの場合、売買価格の方が公的評価額より高いので、相談者の方だけが特別ではありません。

中には路線価などよりも安くしか売買されない土地もあります。(この場合、実際にはそれだけの価値がない物に、役所の決めた高い税金がかけられている事になります)

売買価格には波があるので、今後については分りませんが、今現在は税金が安く済んで良かったくらいに考えてください。

投稿日時 - 2005-05-06 11:09:33

ANo.1

>はっきり言ってショックでした…

どちらにショックだったのですか。固定資産税評価額が高いと思ったのですか、安いと思ったのですか。文面からは安すぎたように読み取れるのですが、固定資産税も都市計画税もそれだけ安くなるのに、何がご不満なのですか。

>評価額を地価公示価格の7割と考えたとしても2214万円…

地価には、「公示価格」のほか「路線価」、「固定資産税評価額」、「実売価格」があります。
固定資産税評価額の目安は、公示地価の 7割程度となっています。3,200万円は公示地価ではなく、実売価格ですね。基準値の取り方が違うようです。

投稿日時 - 2005-05-05 17:32:40

あなたにオススメの質問