こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドメインとして取得したつづりが商品として存在していた場合

ドメインとしてある名前を取得したのですが、
すでに商品として存在しており、また商標登録されていることに気付きました。
この場合、

1.「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」が異なっている場合、同じ名前で商標登録可能か?
※例えば商標が食べ物で登録されているが、こちらはまったく別の分野で事業展開を行い、その名前は、イメージとしての「サイト名」を想定している。

2.その商品を真似して売るわけではないが、その名前をサイト名としてサービス展開した場合、法律的に問題はあるか?

詳しい方、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-05-01 01:52:20

QNo.1361552

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#1です。返信が遅れ恐縮です。

>>そのサイト名が役務の名称として表示され
>これは、他の人が商標として持っている役務ということでしょうか?
>他の人が持っている役務と同一または類似であれば
問題、ということですよね??

その通りです。
loviiinnnさんの#1でのコメントを拝読する限り、大丈夫そうですね。
折角domainを取得したのですから、商標取得もできるといいですね。^^

投稿日時 - 2005-05-04 10:53:35

お礼

ありがとうございました!
安心しました。早速検討してみます。

投稿日時 - 2005-05-08 15:27:29

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

【総論】
 domain (不正競争防止法)と商標(商標法)とは本来的には別のものですから、domainが商標と同一文字で構成されているとしても、それだけでは法律上の問題を生じません。
 但し、その取得・使用が、不正目的(不正競争防止法第2条12号)ではないことが大前提です。

【1.について】
 可能です。特許庁のホームページ(正確には「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」)で検索してみると、同じ商標でありながら「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」が異なるため、別人によって並存登録になっています。

 但し、その商標が(登録商標か否かは不問)「著名商標」「周知商標」である場合、「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」が異なっていても、loviiinnnさんの商標登録出願は拒絶されます。(商標法第4条1項10号、15号、また、不正目的があれば同条項19号)

【2.について】
 domainを不正取得(不正競争防止法第2条12号)した訳ではなく、それを単にdomainとして使用したり、また、サイト名として使用している分には特段問題はありません。

 但し、そのサイト名が役務の名称として表示され、その名称で以てビジネスする場合、その名称が、他人が保有する周知・著名な商品等表示と同一又は類似の物であった場合、不正競争防止法第2条1号or2号により「不正競争」行為と認定されます。

投稿日時 - 2005-05-01 03:45:06

お礼

ご回答、ありがとうございました。
>不正競争防止法
こういうものがあるのですね。。勉強してみます。
>但し、その商標が(登録商標か否かは不問)「著名商標」「周知商標」である場合
これはありえないので、多分大丈夫そうです。。
>そのサイト名が役務の名称として表示され
これは、他の人が商標として持っている役務ということでしょうか?
他の人が持っている役務と同一または類似であれば
問題、ということですよね??
それなら多分大丈夫そうです。同一名の商品として他の人の真似をしようとは思っていないので。。
早々に商標の取得を考慮してみます。
ありがとうございました!参考になりました!

投稿日時 - 2005-05-02 20:26:20

あなたにオススメの質問