こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遠赤外線の「パネルヒーター」と「ストーブ」の違い

こんにちは。
過去の質問を読んでそれなりに頭に入れたのですが、単純な疑問が出てきたので教えてください。
暖房器具を購入しようと思い、ネット上の家電店などで色々と商品を見ていたのですが、「遠赤外線パネルヒーター」と「遠赤外線ストーブ」の違いというのは何なのでしょうか?
価格で見ると、かなり後者の方が安いのですが、効果として「遠赤外線」に違いはあるのでしょうか?
また、使用時のコストにも違いがあるのでしょうか?
ちなみに使用環境は、新築の高層(今冬に引っ越しします)で北向きの部屋、最初はエアコンで部屋を一気に暖め、その後、仕事中(主に夜)は足下暖房と共に、背中の方で暖房器具を使用しようと思ってます。
エアコンは苦手なので、部屋にいる間は使いません。
この状況では「遠赤外線暖房」がいいと思うのですが、どうでしょうか?
オイルヒーターはデロンギを持っているのですが、寝室で使用するため(こちらは南向きの部屋なのでエアコンはつけません)、電気代のことを考えて、今のところ二台は持つ予定ありません。
ですが、遠赤外線暖房のコストが高いようなら、オイルヒーターを購入しても良いとは思ってます。
家で仕事をしているため、冬は電気代が高くて困っています。一番良い状態をアドバイスしてください。
どうかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2000-11-13 15:47:41

QNo.12878

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

パネルヒーターの現物を見ないので良く解りませんが、室内の温度上昇に対するコストは同一です。
パネルヒーターですのでヒーター内蔵と思いますがパネルの材質によっては遠赤外線が出ないのでは?
コストで考えれば電気を直接熱(ニクロム線等)に変える方式が一番効率が悪いと思います
消費電力 1Kw(1000w)=1Kw(900Kcal)だったと、思います
オイルヒーターも局部の高温を避ける為の一手段です。
エアコンでは、暖房時 消費電力 1Kw=3~4Kw(2700~3500Kcal)ぐらいです。
なを6~8畳用の石油ストーブや石油ファンヒーターが、2200~2500Kcalです。
y45uさんのおっしゃるとうり暖房器としては、役不足と思います。

投稿日時 - 2000-11-14 00:12:19

お礼

回答ありがとうございます。
コストの面では、電気ストーブが一番効率が悪いということなのでしょうか?
最近、ガスファンヒーターのコストが安いというCMを見かけますが、エアコンも含め、温風が出るタイプというのが苦手なんですよね(苦笑)。
「遠赤外線」というのが「人やもの」をほんわかと温めるというイメージがあったので、(色々な通販カタログなどを見ると)、そういうのがいいと思ってたのですが、実際に引っ越した後で、北向きの部屋の寒さを体感してから、また考えてみますね。ありがとうございました。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

「遠赤外線パネルヒーター」と「遠赤外線ストーブ」について具体的な商品を見ていないのでなんともいえないですが、ストーブは基本的に空気をあたためるもので、パネルヒーターはそのパネルの前にある物を暖めるものではないですか?

ストーブは部屋全体の暖房を、パネルヒーターを局所を暖める暖房器具と思って問題ないと思います。
tozukiさんの使用する感じですと、部屋の空気自体は暖まらないと思いますよ。

投稿日時 - 2000-11-13 16:10:55

お礼

回答ありがとうございます。「遠赤外線」というのは、すべて「人やもの」をほんわかと温めるものかと思っていたので、パネルヒーターとストーブの違いは何か?と疑問に感じてました。
まだ違いはよく分からないんですが、環境に適した暖房器具という点では、もう少し考えてみます。
北向きの部屋で冬を越すのは初めてなんですが、とりあえずエアコンはあるので、凍死することはないと思います(笑)。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

あなたにオススメの質問