こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドイツ語スペル(表記法)の統一

ドイツ語はドイツ オーストリア リヒテンシュタイン
で使われており、スイスとルクセンブルグでも一部で
ドイツ語が使われていると理解しています。
最近と言っても1、2年になるかも知れませんが
これらの国のドイツ語表記法を統一する 協定のようなものが 出来たやに聞いた記憶があるのですが
どなたかこの間の事情をご存知でしたら 
もう少し詳しいことを教えていただけないでしょうか。

投稿日時 - 2001-08-31 19:22:24

QNo.127607

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ドイツ語の新正書法のことですよね。

1996年に国際会議で決められ、1998年から実施され2005年までが移行時期とされています。

たとえば、スイス(スイスの70%がドイツ語圏)ではエスツェットがなく、『ss』でした。。
新正書法ではエスツェットは『ss』で表示する、という決まりになりました。
親称2人称『Du』と格変化語の『Dir, Dich, Dein』や複数形の親称2人称は、文章のどの位置でも先頭文字は大文字で表記していましたが、小文字で表記する決まりになりました。

他に、分離動詞を使用する時は分離された部分が大文字になったり・・・とか、名詞でも大文字で表記するか小文字で表記するか、などいろいろ詳しい決まりができました。

けれど、ドイツでは論争が続いており、新正書法実施後に新正書法で書いていた新聞も、フランクフルターアルゲマイネ誌などは、昨年8月から伝統的表記法に戻したそうです。

参考URL:http://www.human.mie-u.ac.jp/~inokuchi/german/invitation/language/rechtschreibung.html

投稿日時 - 2001-08-31 20:10:09

お礼

ありがとうございました。
協定ができて今は移行時期であるが 必ずしもうまくは行っていない、と言うことですね。
しかし このような努力はすばらしい と思います。
URLも見させていただきました。

投稿日時 - 2001-08-31 22:13:45

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問