こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故について

先日赤信号で完全に止まっている状態のところへ居眠り運転のトラックが突っ込んできて「おかま」をほられてしまいました。
こちらの過失はゼロということで、相手に賠償してもらうことになりました。
今回の事故で車は全損扱いなので、新車を購入する費用を負担してもらえそうです。
そこで気付いたのですが、私、自分所領保険に入っています。
自分の車両保険を使えば満額でるようです。(210万円)
(それだけの額を頂けるなら、多少等級が下がっても、多少保険料が上がってもいいかな。)
ただその保険を使った場合、過失が相手に100%ある為、私の保険屋さんが言うには私に210万円払った後に、
加害者に請求しますからといわれたのです。
つまり加害者は私に新車の代金を払った挙句、私の保険会社からも
回収されるということですよね。
それってホントなのでしょうか?
そしてそれって相手が保険に加入しないで事故を起こしたのだから
自業自得と思っていいのでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-14 18:58:29

QNo.1269223

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>その保障は求められるのでしょうか?
通常タイヤは車両本体の一部としてみなされます。実際に事故により損傷を受けたというのなら、補償の対象になると思われます。ただ損傷したタイヤが対象になるということなので、そろわないからといって4本請求するなどは無理です。例えば1本のタイヤが損傷しでも4本替えるというのであれば1本分は補償され、残りは自己負担になると思われます。損傷の程度がわからないので、修理業者に相談してみてください。保険会社には修理業者から言ってもらうといいかと思います。

>主人と私が1日病院に行くことに対していくらの保証金が支払われるのでしょう?
補償されるのは「治療費」「休業損害」「慰謝料」等です。
「慰謝料」に関しても通院実績が算出の基にはなりますが、あまり細かく書くと誤解される可能性があるので、金額を書くことは遠慮させていただきます。

>メリットがなにかしらあるのでしょうか?
メリットと表現されますか。。。
基本的に通院日数が補償算出の基になっているものは増額されることになるでしょう。でも行く必要がなければ、それまでですね。

投稿日時 - 2005-03-17 10:19:01

お礼

丁寧なお答えありがとうございます。
なにぶん初めての事故で、回りの事故経験者の方の話では
ほとんどの応対を自分の保険会社の方と相手の保険の会社の方に
まかせっきりだったよというばかりで・・・。
今回相手の方が無保険だった為と我が家の過失がゼロだった為
相手の保険の方はいないし、家の保険屋さんは交渉には
出れないんですよと言われ
毎日悩みながらの交渉です。タイヤは明日にでもどの程度の損傷か見に行って来ます。
(前輪はもうこすられてるのは見たのですが)
これは相手は保険屋さんいないから、車を置いてあるディラーの判断でいいんですよね。
まだまだ先の見えない、分からない事だらけですが自分で交渉するしかないようなのでがんばります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-17 20:39:55

ANo.5

補足を受けまして。。。

金額まで明記してあるということなので、その念書そのものには問題がないと思われます。あとは念書の内容どおりことが運ぶか、というところですね。

>それにプラスして自分の保険はしたの書き込みにもあるようにいただけないんですよね。

はい、その通りです。今回は結果として#2の1を選択したことになります。そこで質問者さんの持つ請求権は消滅することになります。

投稿日時 - 2005-03-16 10:40:33

補足

了解しました。
あともうふたつ質問してもいですか?
我が家はただいま北国に住んでます。
なので今回の事故当時スタットレスタイヤを履いてました。
そのタイヤももはや今回の事故で傷つき使いものになりません。昨年買ったのですが金額は八万ほどになります。
その保障は求められるのでしょうか?

あと相手の方は自賠責で病院の費用を払ってくれるようですが、
これは例えば我が家の主人と私が1日病院に行くことに対して
いくらの保証金が支払われるのでしょう?
(給与保障とは別に)
確かに自分の身体の辛さからは病院に通いつづけたい気持ちでいっぱいですが
毎日2時間近く待たされての診察は大変苦痛です。
それによってメリットがなにかしらあるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-16 21:22:57

ANo.4

再登場です。
念書を相手から受け取ったという事ですが、その内容が気になりますね。
もし確定した数字が書き込まれているならともかくとして、「新車購入費用」などの金額が不確定な表現が使われていたら、それもトラブルの原因になると考えられます。

念書があるからといって安心しないほうがいいと思います。

投稿日時 - 2005-03-15 12:56:51

補足

相手の方には新車購入時の金額を10円単位まで間違うことなく書きこんでいただき、それを現金ではらうという念書を頂きました。
それにプラスして自分の保険はしたの書き込みにもあるように
いただけないんですよね。

投稿日時 - 2005-03-15 22:00:35

ANo.3

>今回の事故で車は全損扱いなので、新車を購入する費用を負担してもらえそうです。

 これは、単なる口約束なのではありませんか?最初は加害者もこのように言っていても、次第に自己弁護するようになり、また入れ知恵もあったりして、結局♯2さんが言われるような「時価額」の補償にとどまることが多いです。

 もし、本当に新車購入費用を負担してもらえるのなら、その人は本当に真面目か、お人好しな人なのではないでしょうか。「当てられ損」というのは、示談の世界ではよくある話なのですが。

投稿日時 - 2005-03-15 10:45:43

補足

新車購入の件は、事故の後しばらく経ってからその方から念書を頂きました。
日付も印鑑も押されております。
なら「ラッキーじゃないの?」というケースになるのでしょうが、
事故のせいで取り返しのつかないことがあり、怒りで一杯なのです。
事故の翌日、息子の年に一度の水泳大会でそれに今回の事故のせいで
出ることが出来なくなったのです。
その大会の為に息子は年始年末合宿を重ね、土日も朝から練習をしていたのに。
事故とはそういうものだといわれればそうかもしれませんが。
だからといってお金を頂いてもどうなるものでもないんですけど、結局はもうそこにしか行きつかないんですよね。

投稿日時 - 2005-03-15 12:07:08

ANo.2

今回の場合質問者さんが選択できる方法は2つです。

1.損害賠償請求権を行使して、加害者から補償を受ける。
2.自分側の保険会社から保険金を受け取る代わりに、損害賠償請求権を保険会社に渡す。

つまり結果としては#1にあるように、一方からのみお金を受ける事になります。
また質問中に「新車を購入する費用を負担してもらえそうです」と書かれてありますが、その点にも疑問を感じます。物の損害はその時点直前の時価額が限度になっています。つまり質問者さんの事故にあわれた車が、納車から数日というなら購入時の価格になるかもしれませんが、そうでない限り新規購入費用には及ばない補償になるはずです。
保険会社から210万円を受け取り翌年度から高い保険料を負担するのか、相手から時価を補償してもらうか、という事になります。

投稿日時 - 2005-03-14 20:09:31

ANo.1

> 加害者は私に新車の代金を払った挙句、私の保険会社からも回収される
> ということですよね。

当然、どちらか一方を選択すると言う事ですよ。

投稿日時 - 2005-03-14 19:11:48

お礼

やっぱりそうなのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-17 21:11:54

あなたにオススメの質問