こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

失業保険受給中の第3号被保険者認定について

 現在、健康保険と年金は主人の扶養にはいっています。来月から失業保険を90日間受給することになり(日額4000円)、主人の勤務先に扶養をはずれなくてはいけないかどうか問い合わせました。
 主人の勤務先の保険は健康保険組合で、一般的な社会保険(政府管掌)ではありません。勤務先の見解では、失業保険受給中は支給額に関わらず、健康保険の扶養にはなれない。でも、今後1年間の収入が130万円を超えないならば、年金の扶養ははずれなくていいと思う、とのことでした。ちなみに、就職する場合は年収130万円を超えないように働くつもりです。
 それで質問なのですが、国民年金の第3号被保険者になれるかどうかは、誰が判断するものなのでしょうか? 勤務先ですか? 社会保険事務所ですか? また、こちらで検索すると失業保険の支給額が、日額3612円を超える場合には第3号被保険者には認定されないということですが、それは規則としてはっきり決まっていることなのでしょうか。
 社会保険事務所に問い合わせて、担当者により意見が異なると困るので、先にこちらで相談させていただきます。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-26 10:15:54

QNo.1239036

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>勤務先の健康保険組合が「年金の第3号被保険者にはなれる」、社会保険事務所が「年金の第3号被保険者にはなれない」と言う場合、どちらの意見が優先されるのかが知りたいです。

ですから、健康保険の扶養ではなくて第3号被保険者への加入は社会保険事務所です。先の回答でお話した任意継続の時と同じです。政府管掌健康保険の扶養基準も同じです。どちらも厚生労働省の通達ですから、その下部機関の社会保険庁の出先機関の社会保険事務所はその基準で動きます。

健康保険組合が扶養に入れたときには、年金も3号になれますが、扶養に入れないという時には、3号の認定をする権限は一切ありません。

ですから、ご質問者の場合、日額3612円以上ですから失業給付期間中は入れません。(社会保険事務所での基準)

社会保険事務所の基準では、1年の収入が130万超えなくても駄目です。日額で判断します。そもそも社会保険事務所の基準は一年で考えているわけではありません。「定期的な収入が12ヶ月で130万を超えない程度ならOK」であり、それを超える定期的な収入がある時点で扶養からはずれることという基準です。
だから日額ならば3612円以上はだめ、月額ならば108334円以上は駄目、数ヶ月単位ならば12ヶ月で130万以上は駄目と言うことです。
(毎月変動する場合は3ヶ月平均で判断)

これでご理解できたでしょうか?

投稿日時 - 2005-02-26 20:11:55

お礼

 再びの回答、ありがとうございました。ていねいに説明していただけ、おかげさまで大変よくわかりました。早速、市役所で国民健康保険と国民年金の手続きをしたいと思います。

投稿日時 - 2005-02-26 20:27:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>国民年金の第3号被保険者になれるかどうかは、誰が判断するものなのでしょうか?
健康保険の扶養に入ればそうなります。つまり連動しているということです。(例外有り)
つまり健康保険による判断と言うことになります。
基準は健康保険の基準になります。

>勤務先ですか?
勤務先は会社なので健康保険組合ではありませんから少し違いますね。健康保険組合は一応会社から独立していますので。

>社会保険事務所ですか?
こちらで判断する場合もあります。たとえば任意継続期間などは収入はないけど健康保険だけ自分の健康保険を継続するわけで、そういう場合には直接社会保険事務所が判断します。
この場合は日額3612円以上(3611円を超える)場合には駄目という判断です。

>それは規則としてはっきり決まっていることなのでしょうか。

健康保険組合であればその組合の規則としてということになります。
社会保険事務所が判断する場合は厚生省(厚生労働省の前身)の通達で決まっています。
一応法律の条文にもありますが、こちらは数字などが細かく書かれているわけではなく、細かな数字については通達により書かれています。

投稿日時 - 2005-02-26 10:38:50

補足

 私の質問の書き方が悪かったようで、まだよくわからないところがあるので補足させてください。
 健康保険の扶養にははいれない、しかし国民年金の第3号被保険者にはなれると思う、というのは、主人の勤務先の健康保険組合の意見です。つまり健康保険と年金は連動していないということで、Attorneyさんのおっしゃる例外に該当するようです。
 というわけで、勤務先の健康保険組合が「年金の第3号被保険者にはなれる」、社会保険事務所が「年金の第3号被保険者にはなれない」と言う場合、どちらの意見が優先されるのかが知りたいです。
 たびたびすみませんが、もしわかりましたら再回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-26 17:23:51

お礼

 早速の回答、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-26 17:31:37

あなたにオススメの質問