こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

JR東日本の中央線201系

201系は最近シングルアームのパンタグラフに変わっているようですが、10両貫通編成と6+4分割編成とで違うのですか?

10両貫通編成はシングルアームパンタグラフ
6+4分割編成は今までどおりのパンタグラフ


このように分かれているような気がします。

・・・違いますか?

投稿日時 - 2005-02-19 23:45:18

QNo.1227527

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中央線201系のシングルアームパンタグラフ化の目的は、着雪時のパンタグラフ降下(雪の重みで下がってしまう)を回避するためと、もう一つ、高尾以西乗り入れ可能編成の制約解消というのがあります。

10両貫通編成は高尾以西の小断面トンネルに対応していないPS21型というパンタグラフを使用していました。一方、6+4分割編成のパンタグラフは高尾以西の小断面トンネルに対応したPS23というパンタグラフを搭載しています。そこで、10両貫通編成をシングルアームパンタグラフ(小断面トンネル対応)に交換することによって、運用上の制約をなくそうという考えです。これによって仰られているような編成によってパンタグラフの種類が異なる状況が発生しているわけです。

投稿日時 - 2005-02-20 02:38:46

お礼

10両貫通編成の高尾以西乗り入れをしやすくするために、効率のいいパンタグラフに乗せ替えているんですね。
Nゲージ車両の改造に参考にさせていただきます

投稿日時 - 2005-02-20 04:07:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

今後の車両はシングルアームが標準になるようです。
低騒音で雪にも強いそうですよ。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aaa81350/kaisetu/panta/panta.htm

投稿日時 - 2005-02-20 00:35:35

あなたにオススメの質問