こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ドイツ語の発音

現在アメリカの大学でドイツ語の授業を取っています。発音で気になったことがあります。先生はHonnover出身のネイティブなんですが、僕が持っている日本語⇔ドイツ語の教科書と発音が微妙に違うみたいなので...。例えば、China, zwanzigなどです。Chinaは日本語の方には「ヒーナ」というフリガナですが、先生は「シーナ」と発音します。zwanzigも、最後のgを、先生はk、「ク」のように発音しますが、日本語の方には「ツヴァンツィヒ」となっています。先生はネイティブなので間違っていないと思うんですが、僕が持っている本がいけないんですかね?北部と南部、オーストリアで発音が微妙に違うのは知っているんですが...。どこの地域のドイツ発音がスタンダードなんでしょうか?

投稿日時 - 2005-02-02 14:49:45

QNo.1198243

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ドイツの場合は、ご存知と思いますが、つい最近まで(つまり、1800年代後半まで)様々な国家に分かれていました。そのなかで、ドイツ語の発音や表記を均一化しようという試みはありましたが、一方で、地域的な発音などは残そう、という動きも、今日まであります。
日本でも方言を残そうとしているように、ね。
では、標準ドイツ語いはどこにあるか、というと、ない、というのが正解だと思います。
日本語は、いわゆる武家コトバがもとだといわれているようですが、ドイツ語は「舞台表現」だと聞きました。つまり、舞台で役者さんたちが、どこで公演しても通じるようにしていたものが、標準として採用された、と、日本的に考えると、そういうことかな、と。
だから、どこかドイツの一地方が標準語を話しているわけではないのです。
私は標準ドイツ語で話すと、必ずといっていいほどドイツ人に「直され」ましたね。知らないんですよ、ドイツ人も。

投稿日時 - 2005-02-06 01:32:49

No.1の方の書き込みでだいたいOKですが,
私の40数年間のドイツ語との付き合いから,ドイツ語の発音は,かなりの程度で,個人の出身地により,違いがあることを経験しています。
良くハノーファーは標準語を話す地方と言われておりますが,何も根拠はないと思います。ハノーファーはむしろ,北ドイツの癖がまま聞かれます。”Heiderberg"を”ハイデルベルヒ”のように発音する傾向があるのが一般的ではないでしょうか。
”‐ig"を”-ik”のように発音する傾向は,バイエルン,オーストリア,スイスなど南ドイツの現象で,北ドイツではあまり聞かないと思います。”China"の”Ch"は辞書では ”ヒーナ”みたいな発音になりますが,”sch"=シの様に発音する地方や,”キーナ”のように発音する地方もあります。
ドイツ語の”標準発音”は”理想”或いは”空想”的なものであり,ドイツ語を母語とする約1億人のうちでDudenの辞書で規定されている”発音”をする人は”0”人と言われております。
また”S”+”母音”を 濁る人(地方)と,全く濁らない人(地方)があり,南北を見分ける目印になります。
しかし,現代ドイツでは,東西南北,人が入り乱れ(移動が以前より激しく),Hannover出身者と言っても,両親がそうでない場合があったりして,出来る限り地方色を出さないようにする傾向もあるようです。

貴方は”ドイツ語人”ではないので,出来うる限り
”Duden"とか定評のある辞典に記載されている”発音”を身に付けるのが”無難”でしょう。例えば”京都弁”を話す”目の青い人”を想像してご覧なさい。
ピントきますか?

投稿日時 - 2005-02-03 11:13:14

ANo.2

ドイツに7年近く暮らしていましたが。。。
kymyさんの言ってることでおそらく100%の回答だと思います。

投稿日時 - 2005-02-02 19:00:55

ANo.1

こんにちは。
標準語と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、ドイツ語のスタンダードとされているのは、先生の出身地であるハノーファーです。
外国人学習者にとって、一番理解しやすい言葉を話していると言われています(私も実際そう感じました)。

Chinaについては、私が日本の大学で習った限りではヒーナの方が近いと思います。でも、例えば「Japan」は、私が学生だった10年前はヤーパンと習い、現地でネイティブもそう発音していましたが、最近は英語の発音に影響されているのか、ヤパーンと言っているネイティブも結構います。
地方だけでなく、世代によっても微妙に変化しているのかもしれませんね。特に日常使わない外国に関する言葉は尚更かも。

Zwanzigのような語末や子音に続くgの発音は、「k・ク」も「ch・ヒ」もどちらもよく聞きます。どちらも通じるし、間違いじゃないと思いますよ。
ちなみにHamburgは普通「ク」ですが、Hamburg地方では「ハンブルヒ」と言っている人がいて驚きました。

投稿日時 - 2005-02-02 16:23:53

あなたにオススメの質問