こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仏壇の掃除をしてたらご本尊様を落としちゃいました(泣)

明日、亡き母親の月命日なので久しぶりにお寺からお坊さんに来てもらって拝んでもらいます。

久しぶりにお坊さんに来てもらうので、せっせと仏壇を掃除してました。

ご本尊様やその周りを掃除していたら手が滑ってご本尊様を床に落としちゃいました(汗)

幸い、割れたり欠けたりしていません。

手を合わせてごめんなさいと謝りました。

明日、お坊さんが来られるのでよーくよーく拝んでもらいます。

どうとしたら良いんでしょうか?

もう一度、正念を入れてもらうのでしょうか?

投稿日時 - 2005-01-28 22:39:36

QNo.1190678

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

気の持ちようです。
仏壇を掃除していて落としたんでしょ?
掃除をせず埃をためておくより、いい事をしていたのですからご本尊さまも許してくださいますよ。

気にせず、お参りすればいいと思います。

投稿日時 - 2005-01-28 22:46:01

お礼

早速のアドバイスありがとうございます。

当方、小心者で。

投稿日時 - 2005-01-28 23:07:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 お掃除をされたことにご本尊さんも喜ばれ、ご家族のだれかが転ける身代わりになっていただいたのですよ(^∀^)
と考えてはどうですか。この様な考えを代受苦といいます。だれかの代わりに苦しみを受けるという、仏様のお誓いの一つです。特に有名なのは地蔵菩薩です(お地蔵様は夜になると地獄に行って亡者の代わりに責め苦を受けるという信仰がありますね)。また、修験道でもこの思想は重視され、だれかの身代わりとなって難行・苦行をする。修行中にケガをしたり死んだりしても、それはだれかが受ける苦しみの身代わりとなったのだ。そう実感することにより、自分が仏であるということを自覚する修行です。

「手を合わせてごめんなさいと謝りました」
そのような謙虚な心構えで、日々のお勤めをしてください。

投稿日時 - 2005-01-29 11:13:04

お礼

お坊さん、『えっ!』って驚いてましたが欠けたりしなくて良かったね。と言われました。

慰めていただきありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-29 17:54:53

ANo.2

 こんばんは。

 私見ですが……

 通常は、ご本尊を塗り替えられるとか、仏壇を作り変えるなどで一時的に移動されるなどのときは、正念を一度抜いて、入れてもらうことはあるとは思うんですが、今回のケースはそこまでする必要はないと思います。
 仏壇を掃除されていたんですから、ご本尊さんも喜ばれていると思いますよ。別にわざと殴ったとか、蹴っ飛ばしたとかではないんですから、お気になさる必要はないと思います。

 お坊さんによーーく拝んでもらうだけで十分でしょう。

投稿日時 - 2005-01-28 22:49:06

お礼

ありがとうございます。

よーく拝んでもらいます。

投稿日時 - 2005-01-28 23:08:15

あなたにオススメの質問