こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プロバイダ選び、助言お願いします。

インターネットにかかる費用をもっと安く済ませたいです。引越しを機に、プロバイダまたはプランの変更を考えています。

【現状】
・OCNの12Mセット タイプ2(ADSL専用タイプ)
・費用…月5,843円(税込、ウィルスチェックサービス200円を含む)。
・満足度…まあまあ。速度は12Mでも満足。値段が高いと思う。カスタマーセンターについては、あまり使ったことがないのでよくわからない。
・電話加入権はもっていない。
・利用目的はインターネットとメール。ネットサーフィンが好きで1日4時間以上はインターネット使ってる。

【求めるもの】
・安さ(今より少しでも安くなれば…)
・サポートの親切さ(できれば。PCに詳しくないので、いざという時のために)
・速度(現状とさほど変わらなければいい)

そこで質問です。

Q1.大体のプロバイダでIP電話付きのプランのほうがADSL専用タイプより安いようです。
IP電話付きプランにするには、電話加入権は必要でしょうか?

Q2.
ずばり、私におすすめのプロバイダまたはプランはありますか?
現段階では乗り換え先は、DTIかぷららを検討しているのですが、どうでしょうか?(この2社はサポートが厚いという話を聞きました。値段は詳しく見ていません。)

Q3.ついでの質問ですが、ページの移動時に早く画面が切り替わるのは、私の利用状況を例にすると、プロバイダであるOCNのサービスが良いのではなくて、回線事業者であるアッカのサービスが良いということになるのでしょうか?

長々と書いてしまったので、よくわからないところもあるかもしれません。他に必要な情報があれば、補足要求でお願いします。

投稿日時 - 2005-01-23 03:19:43

QNo.1181392

aer

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私もうっかりしていましたが、上の方に広告出ていますね。ただし自分の使う回線のことが判らないといけないのはやはり同じですね。NTTに行けばADSLが使えるかどうか、使える場合速度がどこまで可能か、あと工事費等の諸費用の説明をしてくれます。ADSLがつかえないとプロバイダどころか速度がそもそも選べなくなり大変ですが。あと、よくよく考えたら、引っ越す以上見直しも何も全て契約し直しなんですよ。逆にいつまで使うか連絡しとかないと無駄な料金取られますよ。そして引っ越す以上、そこで新たな契約するしかないので、開通や利用開始まで時間短縮するために早く確認しとかないと、申し込んでからかなりかかります(特に先ほどのNTTに確認することを業者に頼むとそれに手間取るため、それからダメなんていわれると大変ですよ)。これらの確認が出来ていないと話はそもそも宙ぶらりんですね(引っ越さないなら話は全然違うんですが。あなたの質問内容に回答が来る可能性は出てきます。)

投稿日時 - 2005-01-23 06:03:14

補足

再び回答ありがとうございます。前、契約した時(今使っているOCNの契約時)もよくわからなくて手こずりました。プロバイダ契約時の疑問は、どこに訊いていいかわからないんですよね。今からしなければならない確認について色々教えてくださり、ありがとうございました。
私の場合、NTTに出向くのが早そうですね。

投稿日時 - 2005-01-23 12:54:06

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

イメージで捕らえているものと理解しているものが混在した話が多いので、雑学を少々お伝えしましょう。
1、加入権は不要?
加入権は実は不要ということはないのです。これは契約者とプロバイダの間では不要、ということで、加入権は全く不要ではありません。では何故不要と触れ込めるのか、ですが、加入権が余ってきており、また安値で売り出されているからで、それを代行して保持したり売買します。ですから当然金額にはその分が何らかの形で組み込まれており、前述の解約時に元が取れないような契約解除をされては困るため、縛りや罰則があるわけです。似たようなものに複写機(本体ただ同然で置いて使わせる)、携帯電話(新規だと安いのに、機種変更や特に復活だと高い)等ですが、これは使用期間中に黒字にすることと、補填されて(メーカーなどの業者)末端が赤字にならないようになっているためです。したがって勘違いすると加入権が要らないものと思い手放すと、市場原理でどんどん価格が下落しますが、一度でも落ち着くとわかりません。完全廃止でもなければ、完全に不要ではないのです。今大々的に加入権なしを拡売宣伝しているのは、実は各個人の持つ加入権を安く市場に搾り出すためでもある事をご理解下さい。ですから加入権ありのプランが存在しているのです。じゃないとただ値段安いかどうかだけなら算数できれば馬鹿でも判りますから、そんなガキの話じゃないんです。商売なんですからTVのコマーシャルだけでいくらかかってるか考えれば、それが値段に乗っかってないはずがないし、必要なものが要らないはずがない。末端との契約では使わなくていいだけなんです。
2、ADSL、IP電話の仕組み
なぜ電話では選べるのに、パソコンの時だけADSLが使えるかどうかが問題になるのでしょうか。こういう質問すら意味が分からない人が多いのが現状です。ではなぜIP電話が安いのか。この理由がわかっていれば全て判るのですが、5W1Hのうち「HOW」と「WHY」の違いが判らない人に似ています。表裏一体の答の裏を知らずに表だけで理解したつもりだからです。図示して見ましょう。AがPC利用者、Bが中継器、Cが電話局、Dがプロバイダ、Eを情報源とでもしましょう。
 Å→B→C→D→E  矢印が全部メタル線ということは電線と同じですから、繋がった状態なら電気なら流れますね。つまりPC信号は電気信号なので常に行ったり来たりできるわけで、電話信号とは違うので、電話のスィッチに関係なく流れます(電話信号に変える必要がないからです)。つまりBCは電話にのみ必要な箇所ですから無いのと同じで A→D→E ですから電話料金に一切関係なく繋がっている、これがIP電話です。ではBとCの間が光ケーブルの場合はどうでしょうか(先ほどの回答例)。
 A→B⇒C→D→E この場合B,C間の信号は電気信号ではないのです。つまりこのままでは電気信号だけでは流れない、これがADSLが使えないということです。では電話信号はどうでしょう。Bは中継器、Cは電話局ですから光信号に変えて伝えられますので、電話では支障がないのです。この光変換を可能にした信号がISDNなのです。このB,Cを経由して伝わるにはISDNしかないわけです。
3、なぜADSLに速度の差があるのか
上の2で説明したとおりADSLとは「導線の中の電気の流れ」と同じと説明しましたので、導線が長くなるほど遅くなります。電話局からの距離が問題なのは、長さと中継器の数が影響するためだと判るでしょう。つまり2が判っていないと3が判っていないのです(距離で遅くなるとしか知らない)。ちなみに全部光ファイバーのときはどうでしょう。電線と光ファイバーは逆の性質があります。それは「細くなるほど早い(内部で反射するのが減るため直進性が増すからです)」ことです。よって情報量にも太さはあまり影響受けませんし、1本1回線の必要もないのです。ですから圧倒的に早くなり、ロスは信号変換する時にしか生じません。
4、プロバイダや回線業者で速度が違う?
最初の回答で関係ないと応えたとおりであることが判るでしょう(OCNだからですが)。ただし速度が変わる可能性はDの内部しかありえません。ではDの内部とはなんでしょう?サーバーとデータベース、そしてそれを支える回線数です。回線数にみあったハードとソフトを用しておけば大差ないことが判り、大手通信会社やパソコンメーカー系なら大体大丈夫とはそういうことです。では回線数はどうでしょう?ここで加入権が不要なんて事がありえないことが判るでしょう(無尽蔵に知らずに増えたら困る)。無尽蔵なハードウエアを要求されて対応できるわけがないのですから、回線数はお金が回収できる見込みに合わせ増大していきます(先行投資)。慈善事業じゃないから見合った金額を要求されるわけです。したがって今後の読みを含め規模が決まって、逆算したものが料金です。パンク現象はこの自分のところの契約者以外がアクセスしてくることで起こることが判るでしょう。ですからSANYOみたいな大企業でPCメーカーではないところは安く、すいているところは契約者数も少なくなだれ込みがないのでお得だということです。また実際なだれ込みができるということは最初に経由しているだけで、辿り着くことには関係ないのです。実は混雑すると自分の契約者優先で対処しているように錯覚しがちですが完全に出来ている企業は日本ではまだないので、結局「店子(たなこ)」の優位性はありません。ですから安いところでも十分間に合うでしょう。今回役に立つかは判りませんがこれぐらいは常識になれば、自ずと適当な情報がかなり多いことが見えてきます。

投稿日時 - 2005-01-24 18:24:45

補足

回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ありません。なかなか深いところの話も聞けて、(正直私には少し難しいと感じましたが)このような知識がいつか役に立つかもしれないなと思いました。

投稿日時 - 2005-03-06 21:17:36

ANo.10

判りにくくてスミマセン。アパートということですので、建物内が光ケーブルではないですね(おそらく、ですよ)。ただ集合住宅、特に新築に関し、建物内で分割するため通常は中継器を設けます(外から見て各戸へ電柱から1本1本直接引いていれば関係ないですが、建物に1本しか繋がっていない場合はこれです)と、そこまでは(電話局から中継器まで)は光の可能性があるということです。もし、光の場合、中継器から各戸へは(つまり建物内)通常線、メタルですから混線になり、この場合はADSLは残念ながら使えません。この場合電話線通信に関してはISDN(パソコン通信に関して。電話だけに使う場合は異なる)しか選べない、ということです。ADSLが使えるためには電話局から全ての中継器経由がメタルのみということです。よってこれは単純に電話だけで使っている場合では判断できないため、NTTに行って聞いてくるということです。訊き方ですが、電話を引くことを前提にパソコン通信をすると申し出て説明を受け、場所を確認してくれます。尚、契約するしないはその場合強制ではないので「後日検討してから」で結構です。次にケーブルTVの料金についてはやはり相場ですね。私の場合登録料のみだったということで工事費が無料扱いでした。ただし、この工事費は大家が無関係ではありません。通常は大家負担か、ないしは半分持ち、全額取られた場合は出て行くとき買い取ってもらう(これを約定しておかないと原状回復費まで逆に請求されるので注意)ことができますので、丸損金額には通常(あくまで常識ですが)ならないですね。またパソコン通信工事はこれとは別に請求されるのが殆どです(通常7,8000円程度)。尚5の方のモジュラージャックが付いているのと回線が繋がっているのは意味が全然違います。ジャックは工事しないと繋いでも繋がりません。これは各戸に複数のジャックがある場合1本にするか個別にするか、また戸内で特殊な電話(インターホン等)接続の可能性、また特殊な配線との接続(オフコンやデータベース等)、そして工事業者のくいぶち稼ぎのために必ず新規開通の工事が絡み、それをもって使えるようになるということです。新築ではなくても、転居者があるとその段階でジャックは使えません。でなければ空き家でADSLが使い放題になってしまいますから、そんなことは出来ないよう工事で止めているのです(原理的にADSLは電話とは関係なく、電話線を使っているだけだからです。つまり電話局と線が繋がっていれば電話はなくても使えるわけですし、そうなると契約なしでも使われてしまうからです)。局内工事とは単なるその手続きをして繋いでいるだけだと思って下さい。IP電話がなぜ安いのかは、この通信信号を使っているためで厳密には電話ではないのです(そのためIP同士だと無料も出来る。だって電話の信号じゃないから通信費はゼロ。電話には無関係って事がわかりますか)大体こんな感じで判りますか?

投稿日時 - 2005-01-24 15:26:05

補足

回答ありがとうございました。お礼が遅くなって申し訳ありません。無事転居先でADSLを使うことができました。

投稿日時 - 2005-03-06 21:15:57

ANo.9

Q1/電話加入権自体は不要ですが、利用する際には電話機を
 利用するのが一般的です。同プロバイダ同士なら
 無料ですがその他にかける場合、電話料が発生するのが
 一般的です。また最初にプランとして加入した後、
 自分は不要だからとその部分のみ解約する手順で
 違約金を求められるケースもあるので注意です。

Q2/回線事業者系は元々評判高いです。(OCN/DION/Plala等)
 ぷららはNTT系列で安価なプランを用意しているので
 お勧めしやすいプロバイダと思います。
 so-net/@nifty/DTIなども評判の高いISPですね。
 そういった中で安いところを探すのがベターかと。

Q3/ご自宅からNTT収容局を経由し、まずISPのサーバーへ
 アクセスします。ここまでは回線事業者の速度や回線環境に
 左右されてきますが、そこから先のインターネット利用における
 大半の部分はプロバイダの環境に左右されますので、
 太いバックボーンを持つISPはやはり回線速度差として
 優位性がでてきます。

最後にサポートセンターについて、今までの利用であまり
使ったことがないのならば、この先もあまり使わないと思いますが(笑)。
参考として満足度ランキングのURLをお付けしておきます。

参考URL:http://www.bbhikaku.jp/contents/ranking01.html

投稿日時 - 2005-01-24 14:39:50

補足

回答ありがとうございます。

A3.の太いバックボーンを持つISPとは、いわゆる大手ですか?知名度とバックボーンの太さは大体同じものと見ていいのでしょうか。

サポートセンターは、契約・解約・プラン変更のときに対応が速いところがいいと思っています。頻繁に使うわけじゃないんですが、大事な節目で迅速・丁寧な対応のところがいいなと思いまして。

投稿日時 - 2005-01-24 15:06:33

ANo.8

ADSLは他の方が説明されたので、IP電話のことを。
IP電話はそのプロバイダ以外に、提携したプロバイダの契約者とも無料で通話可能です。
例えばBIGLOBEのIP電話を使っていれば、@nifty、So-net、OCNなどのIP電話の方とも無料通話可能です。
これとは別にKDDIはODN、フュージョンとも無料通話可能です。AOLはフレッツ以外のIP電話はKDDIのものを使っているのでこれも同様です。
ですから同じプロバイダ以外のお友達がいたら、無料通話可能かどうか見て選ぶのもいいでしょう。

http://www.ocn.ne.jp/voip/phone/service2/?voipd-t

http://www.jp.aol.com/charm/broadband_voip_05.html

これをみた限りでは先にあげたIP電話網を使うのが便利ではないでしょうか。
日本一契約者が多いというふれこみの「Y」は基本的に自社契約者しか無料通話できないのでこの点不便です。


他の方が紹介された平成電電は1年契約なら料金も更に安くなりそうですが、私はあえて月払いのコースにした方が無難ではないかと思います。契約して速度やサポートに不満があった場合に後悔するかもしれませんし、色々不安な点もありそうなので、契約しても駄目ならすぐまた乗り換えできるように構えていてください。

参考URL:http://www.ocn.ne.jp/voip/phone/service2/?voipd-t,http://www.jp.aol.com/charm/broadband_voip_05.html

投稿日時 - 2005-01-24 14:25:50

補足

回答ありがとうございます。
元々電話はあまり使わないのです。
IP電話を使いたい(通話料を安くしたい)というよりも、IP電話をつけてもネットにかかる料金を含めた全体としては安上がりになるのでは?と思いました。
でも、会社によってIP電話も結構違うとわかり、ためになりました。

年契約はちょっと怖いですよね。今の私にはそもそもADSLが使えるかどうかが最重要問題ですが、もしうまい具合にいけば月契約で平成電電がベストですかね。

投稿日時 - 2005-01-24 14:57:19

ANo.7

いろいろ回答が出てきたようですね。5の方の申し込んでみないとわからない、というのは違います。これは訊いて直ぐ教えてくれないことが多いのでそう思うでしょうが、訊き方です。例えばNTTのプランの説明を訊きにいけばいいんですよ。次にケーブルTVありとは、つまりマンションかなんかですね。だとしたらその建物専用の交換機が付いている可能性が高く(ケーブルTV付いているぐらいだからかなり高速化する対応のため)、途中光ケーブル経由の可能性が高いです。ただし、電話局まで全て光ケーブルではない場合(これが多いんです)は結局光、ADSL両方とも使えません。つまり光タイプは電話局まで全て光ケーブル(当然建物内も、です。これは意外にない)、ADSLは全てメタル線(通常電話線)でなければダメです。おそらくISDNの可能性大ですね。だとしたら根本的に話が変わってきます。それとコンビニとかでは判断できません(ADSLが使えると判った時の目安にはなるが)。ところでケーブルTVの通信を利用しなければならないということではありません。これは当然TVとは別物ですが、使う時はTVの契約者であることが必要(せこいでしょ)なので、割引があるのです。よって電話線で通信されても全くケーブルTVとは関係ありませんので選択は自由です(つまりご希望の安上がりも選べる)ただしケーブルTVは今最低で30,そして100Mが当たり前になってきました。光タイプ並みであるため、光用の工事が要らないわけです(だからバッティングするということ。Bフレッツなんかのマンション工事の優遇やケーブルの割引等)。ただ初期費用が高いね(うちは無料だったけど。ただし通信工事代は1万円かな。新築のようだね)。プロバイダは家電量販やパソコンショップで事情話せば結構大穴教えてくれますよ(おそらくもっと安い)。ただ契約によっては拘束期間があり、それ破ると罰金はなくても、他の会社とはしばらく契約できないようになっていることがありますので安いから全て丸く納まらないのがポイント(だから沢山会社やプランがあるわけですよ。加入権もこの時問題になります。あると契約はスンナリ切れます)ですね。実際最近登場したものが多く、憂き目にあった人が居ないので、問題が表面化していないだけですから。それと「PinP」ってカードモデムのことで、PHSのモデム専用機です。私の場合、ノートのメビウスとバイオ、PDAのザウルス全てに使ってますが、電話線のないところでも使えるし、機種もまたがって使えるので本当のモバイルです。公園や車の中、出張先には便利ですが、速度がなんと64Kなんですよ(私も絶句してましたが大分慣れました)。だからISDNと同じ速度(意外と遅いんですよ、これ)ならこっちって事です。使い放題でプロバイダ料金込み5600円ぐらい(メールボックス込み)ですからADSL使うんだったら得には見えないけどね。でも私の場合は選んでこれですね。もっとも携帯電話だけで済ましたい人には基本料とか考えると微妙(料金だけ。速度が問題ですが)だけど、ネットサーフィンとメールだけなら殆ど支障ないでしょう(情報を引っ張る時多少困るけど)。

投稿日時 - 2005-01-24 13:21:03

補足

回答ありがとうございます。
わからない部分があるので、また回答願えますか?

>おそらくISDNの可能性大ですね。
とありますが、その下に
>よって電話線で通信されても全くケーブルTVとは関係ありませんので選択は自由です(つまりご希望の安上がりも選べる)
とあります。

これは、引越し先が「途中光ケーブル経由の可能性が高いです。ただし、電話局まで全て光ケーブルではない場合」という条件にあてはまるとISDNしか選べない、あてはまらなければADSLも可(&ケーブルTVを使わなくてもいい)…という解釈でよろしいですか?

で、ADSLが引っ越し先で使えるかどうかは、NTTのプランを聞きにいけばわかるということですよね。
…どうきけばいいんですか?「今度引っ越す家でADSL使いたいんですけど、引越し先でこちらの会社のプランを申し込めるかどうか確かめたい」みたいな感じですか?

引越し先はマンションというよりアパートですかね、大きさから言って。ケーブルTVの初期費用は、大家に直接聞いたのではなく、ケーブルTVのHPで新規に申し込むとしたらいくらかかるかを出しました。内訳は登録料が10500円、標準工事費が21000円となっています。

投稿日時 - 2005-01-24 14:33:17

ANo.6

私も
CHOKKAで でんわ石火
がお勧めですね。
エリア確認はこちらから
http://www.chokka.jp/area.html

私もいまそれで接続してますし。

なお、
>・サポートの親切さ(できれば。PCに詳しくないので、いざという時のために)
ですが、
パソコンに関する質問は
プロバイダやADSL提供会社は答えてくれません。
パソコンメーカに尋ねなければいけません。

投稿日時 - 2005-01-23 16:17:28

補足

回答ありがとうございます。
エリア確認ですが、私は携帯電話しかもっていないため、電話番号を使ったエリア確認はできません。
こういう場合はどうすればよいですか?

PCに詳しくないというのは、PC全般に詳しくないという意味です。機会の不具合などはメーカーにききます。
PC使う上で困りごとは度々出てくると思いますが、その中のネット、メール関連のことも私は詳しくないので、対応が丁寧・迅速なところがいいと思っているということです。
言葉が足りずすみません。

投稿日時 - 2005-01-24 14:53:59

ANo.5

BF2

Q/途中にファイバー線を経由するか否かはエリアによって決まっているとのことですが、それについてどこかでネット上で調べられますか?それともNTTに行って聞くのでしょうか?

これはADSLに申し込んでみないとわかりませんね。116番等に聞いてもわかりません。あくまでADSL申し込み後に判明します。もし回線が光収容化していた場合↓キャンペーンがお得です。

光収容でも諦めないぞ!キャンペーン:http://bb.softbankbb.co.jp/service/campaign/hikari/

Q/今度の引越し先はケーブルテレビ対応と書いてあります。ということはこの時点でケーブルテレビしか選択肢はないのでしょうか?
ケーブルテレビは使わないつもりだったので、申し込まなければいいだけだと思っていたのですが…。
自分の地域のケーブルテレビのサイトで料金見積もりをしたところ、月額4095円ですが初期費用3万1500円…これは痛いですね。

そういうことはありません。そんな事すれば独占禁止法に抵触する可能性があります。つまり期間配線までCATVの配線が終わっており申し込めばそこから宅内へすぐに引けるという意味ですね。

Q/引越し先近くのコンビニで調べてみました。線路距離長(エンドユーザ~NTT収容ビル)710m、伝送損失15dBでした。これについては大丈夫そうですね。

引越し先から近ければ大体その数値なので問題なさそうですね。ADSLには適した環境です。

Q/・NTTに行って引越し先でADSLが使えるかどうか、電話線の有無の確認
(引越し先が「ケーブルテレビ対応」になっていることについても触れねば)

ま~今時電話線もないようなところは時代錯誤もはなはだしいですね。ただ不動産屋などに連絡して引越し先はモジュラージャックがあるかどうかは確認しておいた方が良いです。無いとADSLできませんからね。

Q/・OCNに、引越し関連の手続きはどうなるのかの確認

ま~この流れだとaerさんは解約するでしょうから解約まで何日かかるか,月の請求は日割り計算になるのか,解約通知書を新しい引越し先に通知する事,などを把握しておくべきでしょう。

Q/でんわ石火、安いですね。もし色々な条件がそろったらこれにしたいですね。

お奨めしておきます。安いにこした事無いですからね。

投稿日時 - 2005-01-23 13:25:19

補足

回答ありがとうございます。モジュラージャックとは、【PC~LANケーブル~モデム~スプリッタ?~壁】と繋がっているところの、壁についている差し込むところですよね。それはあるのを確認しました。

7番さんの回答によれば、NTTでプランを聞くとかすればADSL可かどうかがわかるとのことですが…。

投稿日時 - 2005-01-24 14:36:11

ANo.4

BF2

Q1.固定電話を使用するのであれば電話が引けるプランが必須になってきますが,最近は平成電電のCHOKKAなど電話加入権不要で申し込めばそのまま電話を使用できる業者もあります。ですのでそちらの方が安上がりです。

CHOKKA:http://www.chokka.jp/index_f.html

Q2.ずばり安いのは上記平成電電のCHOKKAと同じく平成電電のADSL『電光石火(下り12Mbpsプラン)』を組み込んだ"でんわ石火"ですね。月々税込み\3,769-+配線保守料金\60-で利用できます。プロバイダーは無料のFreecomであればそのままの料金で利用可能です。

でんわ石火:http://www.chokka.jp/option/adsl/index-3.html

もしHey-Sayネットというプロバイダーになる場合は"CHOKKAまるごとインターネット"で月々税込み\4,305-+配線保守料金\60-で利用できます。

CHOKKAまるごとインターネット:http://www.chokka.jp/option/adsl/index-2.html

正直サポートの質は企業というよりも個人そのものの実力に左右されますね。個人の能力も職種を問わずピンキリなのであてになるかどうかは吝かではありません。サポートにつながらなければこちらのようなサイトで聞いた方が解決が早い場合も多いですね。

Q3:画面の切り替えが早いかどうかはサイトのサーバーにアクセスが集中しているか否か,サーバーの処理能力が高いかどうかなので一概にaerさんが契約しているACCAが良いいからというわけではないですね。

補足ですが下記のようなスピード計測サイトで大体どれ位速度がでているか確認してみてください。

ブロードバンドスピードテスト:http://www.speedtest.jp/

また引越し先の地域でどれだけ業者の選択肢があるか↓サイトで郵便番号をうてばわかりますね。

RBBTODAY:http://www.rbbtoday.com/

aerさんの引越し先の近くのコンビニやどこかのお店の電話番号で大体の線路距離と伝送損失を調べておいた方が良いですね。線路距離が5km以上や伝送損失50~60dBもある場合はADSLは向きません。

NTT東日本 線路情報開示システム:http://www.ntt-east.co.jp/line-info/consent.html

NTT西日本 線路情報開示システム:http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html

投稿日時 - 2005-01-23 08:20:46

補足

回答ありがとうございます。
スピードテストやってみました。
何回かやってみたら電車級2.412M~宇宙船級6.013Mでした。「ウサギ1号自身も思わず目を閉じてしまう速さです!」…おもしろいです。

引越し先近くのコンビニで調べてみました。線路距離長(エンドユーザ~NTT収容ビル)710m、伝送損失15dBでした。これについては大丈夫そうですね。

今の時点で寄せられた回答から私がやるべきことは、
・NTTに行って引越し先でADSLが使えるかどうか、電話線の有無の確認
(引越し先が「ケーブルテレビ対応」になっていることについても触れねば)
・OCNに、引越し関連の手続きはどうなるのかの確認

でんわ石火、安いですね。もし色々な条件がそろったらこれにしたいですね。

投稿日時 - 2005-01-23 13:09:05

ANo.2

引越し先が決まっているのでしょうか。そして電話局(またはNTT窓口)で確認しましたか?すでに電話線が繋がっている場合のみ、加入権なしの会社も対象になりますが、新たに出来た家とか、過去に電話を使っていない(つまり電話線を引いていない場合)は工事が絡み、結局加入権は関係してきますね。あなたの場合はそれらが確認できてOKなら、の質問になりますね。でないと今からは論じえません(ISDNなら64Kしかでないからね。だからPinPでも同じって事)。

投稿日時 - 2005-01-23 04:23:36

補足

回答ありがとうございます。引越し先は決まっています。必要なのは、今度引っ越す家に電話線が引いてあるかどうかを電話局に確認すること、ですね。

あと、PinPが何なのかわかりません。
picture in pictureの略ですか?調べたら「テレビ会議時に、画面の中に子画面を表示できる機能」とありましたが、これとインターネット通信とどういう関係があるのかわかりませんでした。

投稿日時 - 2005-01-23 12:46:11

ANo.1

私も悩まされている1人です。というのは選択できる回線そのものに問題があるからです。ADSLはどこでも繋がるわけではありません。途中にファイバー線を経由するとISDNしか使えません(つまり電話局までメタル線であることが必須)。しかもそれは自分の家の回線個々に関係なくエリアとして、です。また電話局との距離で速度も変わるのがADSLの特徴でプロバイダのせいではありません。また自宅が分譲マンションのためケーブルTVが入ってますがこれが曲者です。ケーブル通信を使うと30M以上の速度保障がされていますがプロバイダは指定される(しかもあまり訊かないところ)等、全て選り取りから選べるわけではありません(ケーブルTVのせいでBフレッツが導入できないよう邪魔されたりしています)。そうするとISDNならPinPカードでも変わらないので(モバイルNO1PDAザウルスにも使えるため)今はmopera1本です。過去転居も多く、YahooやOCN,niftyも使いましたが、Yahooの時IP電話がスタートしましたが、長距離電話の時しかメリットなかったですね。さてまず1についてですが、ADSLは電話局と繋がっていないといけませんので必要なはずです(一部加入権不要の電話開設が出来る会社があります)。つまり電話の基本料も毎月必要です。2については私や周辺人みんな共通ですが大差ありません。つまり私などはmoperaで間に合いますし、そこからWEB全体に展開できるためプロバイダは実質関係ないでしょう。ただしモデムセットのレンタル料や、パソコンメーカー直属プロバイダ(そのメーカーに限れば)のメリットには違いや優位性があるでしょう。3についてはおそらくどちらも関係ないでしょう。ただし悪い会社はありえると思いますが、OCNならOKです。大体以上ですが、まず使える回線の確認と電話を引くことが前提ですが、携帯しか使わない人は隣の人の回線(アパートや寮などでは多い。ただしその人が使っていない場合ですが。混線はデバイダ経由となり回線主と同じプロバイダしか使えません)でも使うしかないか、モバイルタイプを使えば速度が遅くなります。メジャーなところかメーカー系なら大丈夫ですので、サポート云々は関係ないですね。あと大穴ではPCメーカではないSANYOなんかは安いですが。ケーブルTVがあれば、それを使えるならトータル割引でなら安くなりますね。

投稿日時 - 2005-01-23 04:04:09

補足

回答ありがとうございます。IP電話プランが一見安いのは、別に基本料金がかかるからなんですね。

途中にファイバー線を経由するか否かはエリアによって決まっているとのことですが、それについてどこかでネット上で調べられますか?それともNTTに行って聞くのでしょうか?

今度の引越し先はケーブルテレビ対応と書いてあります。ということはこの時点でケーブルテレビしか選択肢はないのでしょうか?
ケーブルテレビは使わないつもりだったので、申し込まなければいいだけだと思っていたのですが…。
自分の地域のケーブルテレビのサイトで料金見積もりをしたところ、月額4095円ですが初期費用3万1500円…これは痛いですね。

投稿日時 - 2005-01-23 12:32:14

あなたにオススメの質問