こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ガソリンとディーゼルって・・・。

こんばんわ。初めて質問させていただきます。
私は今ディーゼル車に乗っています。
ディーゼル車の規制が始まり、全国のディーゼル車オーナーの方々は肩身が狭い思いをされていると思います。

先日、ディーゼル車よりもガソリン車の方が環境に悪いという話を知人から聞きました。その知人もあまり詳しくは知らないようで、はっきりとしたことはわかりません。

どなたかこの質問にお答えできる方、教えてください。

投稿日時 - 2005-01-05 22:58:22

QNo.1154340

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

まずは現時点に限定した状態での説明。
仮にコモンレールを採用した最新のディーゼルをもってきても乗用車では現時点日本のNOxPM法をクリアできません。したがって日本の役人、というよりもディゼル先進国の欧州メーカーでさえディーゼル乗用車を日本に投入できない状況です。
マツダとトヨタが改正NOxPM法対応、というディーゼルエンジンを国内で投入しては居ますが、それでも貨物車の規制をクリアしているに過ぎず、乗用車の規制値を達成できるものではありません。

では将来性は?
おそらくディーゼルのほうに軍配があがります。
エネルギー効率だけでなくトルクを出しやすい=下手にアクセル開けなくて済む、という利点も持っています。したがって余計にエネルギーの無駄遣いもしないというところもあります。
問題はNOxとPMをガソリン並みまで減らせるかどうか。そこに対してブレークスルーがあれば圧倒的にガソリンだと思います。
ただし、燃焼機関自体の将来性についてはまた別問題ですが(^^;

投稿日時 - 2005-01-08 00:23:20

ANo.3

 どちらも一長一短なんですが、温暖化を本当に防ぎたい、もしくは温暖化速度を遅くしたいのならディーゼル車がいいということになります。それはガソリン車に比べて温暖化を促進させる二酸化炭素排出量が少ないからです。しかしディーゼルが排出する「粒子状物質(PM)」や「窒素酸化物(NOx)」が槍玉に挙げられていますね。これらの物質は発がん性があるだのなんだの言われておりますが、今実際技術者達はそれらの物質を取り除くためのフィルターを頑張って開発しておられます。僕が知っているのは排気ガスを通常の3倍程度の温度にしてそのフィルターを通してやれば化学反応を起こして有害物質を取り除くという物でした。でもやはりコストの問題など諸問題があるそうで全てのディーゼル車に取り付けるのは現時点では少し難しいみたいですね。その犠牲になっているのがディーゼル車オーナーで自分の財産である車を法律で取り上げてしまうのはいかがなものかと思います。だからそこを国が助成してやると良いと思うんですがね。←役人が巨額の税金、年金を食い物にしている現状を思うと本当に腹が立ちます。
 ガソリン車はこれらの有害物質はあまり含みませんがやはり二酸化炭素が気になるところです。
 因みに環境問題に厳しいヨーロッパではコモンレールディーゼルが推奨されております。しかしコモンレールでも日本の金喰い役人達はそっぽをむいてしまっていますがね。
 まあ国が違うので燃料の質も違いますし、人間の分布、密集の仕方が違うので一概にはいえませんが。

 長くなりましたが結論としては本当に環境に優しいのはきちんと整備されて、有害物質を取り除く仕様にされたディーゼルエンジンに軍配が上がると思います。
 言いたいことはまだまだありますが既に長文になってしまっているのでここらへんで失礼いたします。

投稿日時 - 2005-01-06 00:33:43

ANo.2

もう一個ありました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1039709

投稿日時 - 2005-01-05 23:33:40

ANo.1

以前にあった回答ですが、分かりやすくまとめられています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1078628

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1078628

投稿日時 - 2005-01-05 23:07:02

あなたにオススメの質問