こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

柔道の寝技で亀になり続けることは

よく、柔道の立ち技で、相手に技を仕掛けないでいると消極的態度として「注意」、「警告」がとられますよね。最近の柔道は寝技になったとたん亀になってずっと防御しますよね。あれはなぜ『消極的態度』とみなされないのでしょうか?立ち技で、防御し続けて技を仕掛けないと絶対に「消極的態度」とみなされますけど、なぜ寝技だけ特別なのでしょうか?

投稿日時 - 2004-12-24 18:15:25

QNo.1140222

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

avy

私も柔道をやっているときによく『亀』の
状態になります。私達は『馬』と呼んでいま
す。寝技で消極的指導などが無いのは寝技を
途中で止めないためです。でも、寝技が長引く
と「待て」の指示を受ける時もあります。

○『指導、注意、警告』を受けるとき。
寝技に入る前から消極的態度をとっていて寝技に
持ち込まれ、『亀』の状態で長時間守っているか、
立ち上がると「待て」と指示され、そのあとに
『指導、注意、警告』と言われます。

柔道ではかなり寝技は大事ですよ。寝技が強いと
柔道が強いとよく言われています。

投稿日時 - 2004-12-25 21:36:04

お礼

御投稿ありがとうございました。え、そうなんですか?亀の状態で守っていると、『指導』が取られることもあるんですか?しらなかったです。今まで試合を見てきてそういうことはなかったので。どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-26 14:04:41

ANo.4

私なりの考えで根拠はありませんが、柔道のメインは明らかに立ち技であり、寝技ではないと思われます。
寝技と立ち技を別に考えるから理解できないのであって、寝技は立ち技から繰り出される一つの技(内股等と同じ)と理解してはいかがでしょうか?
要は亀になっている方が立ち技で言う技を掛けられている方、上から攻めている方が技を仕掛けている方と考え、技を掛けられている最中に掛けられている方に注意、指導が行かないことはご理解頂けると思います。
よって、時間的には長いにしろ、ずっと技を掛けられているのだから消極的態度に当たらず、単に技を受け、耐えているだけだと考えられます。
あくまでも、何の根拠もなく個人的な仮説ですので間違っていたならすみません。

投稿日時 - 2004-12-25 05:21:07

補足

御解答&御高論ありがとうございました。
そうですねえ。なるほど。亀になって攻められ続けているということ自体が、一つの大きな技である、という見解ですね。じゃあ立ち技は?立ち技で攻められ続けることも、やはり『一つの大きな技』とみなされないでしょうか?(たとえば、立ち技で襟を取り合う攻防とか)

投稿日時 - 2004-12-25 17:56:08

ANo.3

柔道の寝技でも下になった方からの攻め技も沢山あります。実際に寝技を得意とする選手は、自ら下になって絞め技などを狙ってきたりもします。ただ近代柔道では、流れの沿っていない寝技への移行は指導を取られることが多くなってきているので、寝技に持ち込む方法が課題になります。
亀になって防ぐというのは、脇や股、首などをあけてしまうと非常に不利になってしまうからです。そして寝技の攻防に入ってしまうと、膠着状態だと審判が判断するまではしばらく「待て」がかかりません。なので、立ち技で勝負したい選手は亀状態を維持して膠着状態だと審判に認識させ、早く「待て」をかけてもらいたいのです。
さらに言いますと、寝技では防御するほうは、かなりの体力を消耗します。ですから、寝技で勝負するつもりはなくとも、相手の疲労を狙って形だけの攻めをする場合もあります。

投稿日時 - 2004-12-25 01:01:48

補足

御解答ありがとうございました。
でも、これでは、『亀』という姿勢がどうして『消極的』と判断されないかを答えた解答にはなっておりませぬ。

投稿日時 - 2004-12-25 17:50:02

ANo.2

こんばんは。
柔道の場合、倒された時点で守るしかないからじゃないでしょうか?
総合格闘技の場合は相手からタップを奪えば勝ちなので、下になった状態からでも攻める事ができます。柔道の場合は背中がついたら負けなので、倒された時点で守りに入るしかありません。亀の状態が一番固い守りだと思うので、寝技を決められる前に亀に入ろうとしてるんじゃないかと思います。

投稿日時 - 2004-12-24 21:18:23

補足

御解答ありがとうございました。
なるほど。でも、とするなら、「倒された時点で守りに入るしかありません」というのなら、なぜ、『寝技』というものがそんざいするのでしょう?『守りに入るしかない』といいますが、下になった体制から攻撃に入ることも出来るはずですよ、ね?

投稿日時 - 2004-12-25 17:53:28

ANo.1

柔道における「亀の状態」は
一番の防御姿勢と聞いたことが
あります。
なので積極的防御という扱いでは
ないのでしょうかね?

投稿日時 - 2004-12-24 18:28:13

補足

御解答ありがとうございました。
寝技においては「積極的防御」が許されて、
どうして立ち技においては、『積極的防御』が『消極的』ととられるのでしょう?

投稿日時 - 2004-12-25 17:51:59

あなたにオススメの質問