こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ人と日本人の体型と顔

アメリカ人と日本人の体型って、何の違いであんなに
差があるのでしょうか?
普通に生活してきてあのような体になるんですか?
日本女性がアメリカ人女性のような体型になったりする
事ってできるのでしょうか?
TVに出ていましたが
ビヨンセはあまり細くないのにすごくかっこいいです。
日本人はあのようになれないような気もします。

男性も女性もそうですが、アメリカ人は一重の人が少ないというか、二重で鼻も高いですよね。日本人に限らず、アジア系とアメリカヨーロッパ系では、どうして
顔の雰囲気が全く違うのでしょうか?
ハーフの人は日本人の顔の方が弱いような気がしますが
気のせいでしょうか。

投稿日時 - 2004-12-04 03:55:10

QNo.1111740

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

戦後、日本人の平均身長が伸びましたが、身長に対する足の比率も多少長くなったので肉食と関係ありそうです。しかし、米国の中で日系人は身長が低めなので、遺伝の影響もまたありそうです。

 欧米人はインド、中東の人々と同じコーカソイド人種です。元々は南方系である彫の深い特徴を持っていますが、紫外線の弱いヨーロッパに移動して色白になっていきました。
 日本人はモンゴロイド。特にシベリアにいた北方系のモンゴロイドは寒さに対応してのっぺりした顔にな
りました足の長さも、寒さ対応という説もあります。

 ハーフの人が日本顔が弱く出るように見えるのは、日本人の顔を見なれているからです。日本人とのハーフが欧米の中に入ると「東洋的な顔だね」と見られたりします。

投稿日時 - 2004-12-06 12:24:20

お礼

肉食はあると思いますね。
米国は肉食中心ですよね。
足は寒さ対応ですか。
日本人の顔を見慣れているから、
は確かに言えています。

投稿日時 - 2004-12-07 01:42:18

ANo.2

それぞれの体型の特徴の要因については専門家でもよくはわかってないと思います。
大雑把でいいのであれば、まず狩猟民族と農耕民族の違いでしょうね。
狩猟民族は即筋(見た目ですぐわかる筋肉。筋骨隆々)が発達しますし、農耕民族は遅筋(マラソンなど持久力を持つ筋肉)が発達するはずです。

顔についていえば、彫りの深い顔は日照や雨などの障害が多い環境にいたから、と考えられます。
といっても、人類の歴史を100万年単位で遡って考慮する必要もあるでしょうから、現在の日本と欧米の地理的環境を比較しても大した分析はできないでしょうね。

「なぜ違いが生まれるのか」という質問に対しては、「なぜヒトがいて、サルもいるのか」とか「なぜ同じ犬でも2キロのものもいれば100キロのものまでいるのか」という質問と同じだと思います。
それぞれ、いろんな条件によって進化のルートがすこーしずつずれてきたわけですね。

最後の質問については、気のせいだと思います。
なぜかというと、日本人は髪も目の色も黒ですよね。肌も“肌色”。顔の形も彫りが浅い分、バリエーションが少ないでしょう。つまり、一様性が高いと言えるわけです。
その中で少しでも彫りが深かったり髪の色が茶色かったりするとかなり目立ちますよね。
そういうことだと思います。

もっとも、ハーフの中でも、宮沢りえなんかは「そういえば外人ぽい」という程度だし、ウェンツ瑛次はちょうどハーフという感じ、リサ・ステッグマイヤーは沖縄ならいそうな純日本人にも見えるし、純欧米人に見えないこともない、といった具合にいろいろなバリエーションがあると思いますよ。

投稿日時 - 2004-12-04 07:24:53

お礼

進化するのがズレてきていますか。
そうですよね。最初は皆同じ
ところから分かれていくんですもんね。
宮沢りえさんってハーフなんですね。
知りませんでした。私が気が付いていない
ハーフの人もいるんでしょうね。

投稿日時 - 2004-12-07 01:44:59

ANo.1

肉食を続けると腸が短くなり、足が長くなります。
草食を続けると腸が長くなり、胴がながくなります。
まあ、食文化の差です。

投稿日時 - 2004-12-04 07:22:59

お礼

食文化であんなに
変わるものですか。
肉食が足長なんて早く
知りたかったです。

投稿日時 - 2004-12-07 01:46:11

あなたにオススメの質問