こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法人対法人の契約解除について

過去の質問から法人間の契約は、クーリングオフできないことを知りました。
今回のケースの場合、契約が解除できるか教えてください。
電話のリースの期限が切れることになり、これを期にリース契約を終わりにしようと考えていました。

今日、リース会社の営業マンが来てたので、契約しない旨はなしたところ
1.NTTからきました
2.業務用の電話回線では、量販店で売っている電話機では使えない。

と話していきましたが、その会社はNTTとは関係がなく、また業務用の電話回線で一般の電話機が使えることがわかりました。

説明に虚偽があったことを根拠に契約解除をしたいのですが、解除できるでしょうか?また他に解除にもっていくために良い方法がありましたら教えてください。
ちなみにリース金額は2万円を7年契約してしまったので160万円を超えます。高すぎます!!

投稿日時 - 2004-11-25 20:13:15

QNo.1099905

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

変則的な再リースよりは、詐欺取り消し、錯誤無効の主張を、弁護士の内容証明でぶつけて、今回の契約をきれいに無効にする。その上で、別途、必要な備品の契約は別の業者に依頼して、やり直したほうが良いと思います。

質問者のかたの言い分を聞けば、相手方は内容証明を受け取ったとして、争わないと思われます。もし、その業者が争えば、訴訟でけりをつけるべきですね。

投稿日時 - 2004-11-25 21:58:10

お礼

回答ありがとうございます。

弁護士への依頼は、業者に対して当方から契約解除の話をしてから弁護士へ依頼したほうが良いのか、いきなり弁護士の内容証明を送りつけたほうが良いのか、よろしければ、再度アドバイスをお願いできますでしょうか?

投稿日時 - 2004-11-25 22:30:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

いきなり弁護士からの書面送付で良いと思います。どうせ相手業者は、詐欺的手法で営業している輩ですから、代理人として弁護士が介入すればあきらめます。

勿論、依頼を受けた弁護士は、詐欺罪で告訴しますよということも付け加えて内容証明を出すはずです。

投稿日時 - 2004-11-25 22:48:00

お礼

2度もありがとうございました。
早速、明日、弁護士に相談してみます。

投稿日時 - 2004-11-25 23:01:53

ANo.1

来た人は、リース会社ではなく、電話設備会社ですね。
設備費用と工事費を入れると、規模にもよりますが、回線が5本くらいで電話機が10台を超えると、そのくらいの金額にはなってしまいます。

現状の設備で、使用上の問題がないなら、一番いいのは、現在の設備をそのまま「再リースする」ことです。1か月分のリース料で、1年間使えます。
支払うのはリース会社に対してです。この契約を始めたときに、リース会社と書面を交わしているはずですし、毎月リース料が引き落とされているはずですので、その会社です。
電話設備会社ではなく、○○リースというリース会社に連絡して、再リースするといえばOKです。

電話設備会社には、虚偽の説明があったので、契約無効として解除したいと申し出ればいいでしょう。

なお、設備が不満、IP電話を使いたい、というような要望がある場合は、設備を更新することになりますが、複数社から見積もりを取った上で決められることをお勧めします。私の会社では、いわゆる保留や転送ができるボタンがたくさんついた電話機と、普通の電話機を混ぜて使っています。そういうことも可能です。

投稿日時 - 2004-11-25 20:31:33

補足

早々とありがとうございます。
ちなみに電話機は子機を含め3台です。
すでに新しい電話機を設置していきました。新しい電話機でも大丈夫ですか?
1カ月分のリース料で1年間使えるとはどういうことでしょうか?
契約を個人にすると言ったら、電話回線が法人扱いだからだめだとも言われ、クーリングオフ対策としか思えません。
解除したい旨を申し出ても相手がすんなり受け入れるか不安です。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2004-11-25 20:41:45

あなたにオススメの質問