こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

彼が鬱病で別れを告げられたのですが…

彼は養護老人施設の看護士という大変ストレスのたまる仕事をしています。
最近は仕事の疲れとストレスで鬱病になっていたことに気が着かないでいた私は、鬱病の彼に言ってはいけないこと「私のことそんなに好きじゃないんでしょ」と言ってしまいそのあたりからズレをお互いに感じ出して、彼は鬱病になってからとても神経質になり私のことイライラするようになり…実は心療内科にたまにお世話になるくらいメンタル的に弱いことを告白され、私に自分を支えるのは無理だと別れを告げられました。

でも、彼の病気が私の発言や行動を悪くとらせてるのだと頭では理解しているし、きちんと話し合ってお互いを理解すれば越えられる問題だと私は思うのです。
彼を見てもらってる先生に私がどう接するべきか相談に行きたいとも話ましたが彼は大事にしたくないと断られました。


別れぎわに彼は私のことをイライラして苦手に感じてるといいましたが、病気が言わせてる気がしてなりません。彼の支えになりたいと思いやり直したいと考えてます。
こんなとき、何ていってもう一度やり直そうと言ってあげるのが鬱病の彼に受け入れてもらえるのか言葉や態度に悩んでます。

投稿日時 - 2004-11-24 10:35:02

QNo.1097753

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

恋愛には縁が無い人なのでその辺をよろしく。

話し合いで解決したいとありますが、話し合いの解決の仕方を知っていますか?できていますか?

この場合の解決というのは、「互いに納得する」ことです。これからどのように付き合っていけば良いか互いに心から納得することです。

そのためには、自分の心の気持ちと相手の心の気持ちの両方が解らないといけません。

心とは無意識で「~したい」と思うこと
頭とは意識や思考、頭脳、判断、我慢のことで「~しなければならない」と考えることです。

彼の心の気持ちを理解した上で自分が相手の気持ちを受け入れることができるかです。

普通なら互いの心の気持ちを言い合って理解することが望ましいのですが、うつ状態の人だとそれを拒否するかもしれません。

ーーーーーーーーーーー
まず、彼が自分の気持ちを話してくれないと話になりません。ですが、無理強いは禁物です。彼が言葉にもならないような言葉を1つ1つ丁寧に聞き、それに反論せずに理解してあげることです。言っていることがつじつまがあわなくてもそれを問い詰めないで聞いてあげることです。彼自身も自分の心の気持ちが理解できていないのかもしれません。「彼がどうしたいのか」が一番大切なことでそして「どうしてそうしたいのか」を知って「どうすればそれが叶うのか」を導き出せるかが問題です。

 うつ病の原因を探せるのは本人しかいません。何に対し心が叫びを上げ無気力状態になっているのかわからないと直すことはできません。
 自分の心が何を求めて何を嫌がっているのかそれがわかり解決の糸口が見えればうつ病は解決できると思います。

親以外に大切に思ってくれる人がいるその彼は幸せ者ですね。がんばってください。

投稿日時 - 2004-11-26 07:07:53

お礼

最近になり彼が実は無精子症であることを告白されました。
そして、私の甘えたがる性格がいまの彼にはつらいということも…
しばらく距離をおき彼の全てを受け入れることが出来るか自分を見つめ直してみます。

投稿日時 - 2004-12-11 11:10:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

hurucheさんが一番、気をつけることは、彼に押し付けないこと、彼を追い込まないこと、だと思います。

鬱病のせいで、ネガティブな発想や言動をとるというのは、もちろんあるのですが、病気だけがそう言わせているのではないと思います。

彼とhurucheさんとの関係を、時間をかけて振り返れば、見えて来るものがあるのではないでしょうか。hurucheさんはとても前向きで向上心があって、物事の良い面を引き出す力がある人だと想像するのですが、この長所が裏返れば「人の苦しみに無頓着で、自分の欲求に着目して自分の思い通りに物事を運ばせる傾向にある」とも言えると思います。もちろん、これは全ての人が、長所と短所が表裏という意味です。

鬱病で苦しむ彼ではあるけれど、彼のもともとの性格傾向があると思うのですが、それに対して、hurucheさんは自分を押し付けすぎていた傾向に思い当たりはないでしょうか。女性の方が強くて元気だと、相手の男性は力を奪われて自分らしく振る舞えなくなっていくようです。

「彼の支えになりたい、彼を助けたい、きちんと話し合ってお互いを理解して乗り越えて行きたい・・・・」hurucheさんがそう思う性格傾向そのものが、彼を追いつめている可能性に着目するといいと思います。

彼の支えになれず、助けられず、話し合っても理解できない溝があると痛感すること。自分の無力さを感じて、謙虚になること。自分の感情のままにすぐ言動してしまうのではなく、冷静に冷静に、相手をよく観察して熟考の上で、少ない言葉を発すること・・・

もしかしたら、これが、彼が求めている、愛情のあり方かもしれません。

ですから、この場合は、ひとまず彼の意向を受け入れたらどうでしょう。彼に従うのです。彼の欲求を通らせるのです。あなたのパワーに押されがちな彼であったら、あなたがいくら頑張ったところですべて逆効果。一度別れて距離をとり、時間をかけてみることがいいのでは、と思えます。

お互いの成長のために必要な相手なら、いつか必ずまた2人は新たに出会います。今、一緒にいるのが悪い作用になるなら、今は別れた方がいい、ということもあります。

どうぞご参考までに。

投稿日時 - 2004-11-24 14:25:20

補足

まさにその通りです…私は自分の寂しさに負けてしまって彼に甘えすぎてたことや、彼への思いやりの足りなさを痛感しています。ムキになっていろいろ話て追い込んでしまったのです。ただ、彼の病気を理解してなかった状態で私を判断して欲しくなくて、彼が落ち着いたらもう1回やり直したいなって考えてるんです。

投稿日時 - 2004-11-24 16:14:53

ANo.1

うつ病治療中の者です。

別れたいという彼のこと、放っておいて上げることは出来ないでしょうか?
あなたを支える事が出来ないと感じそれを率直にあなたに告げるまで、彼なりにすごく悩んだと思うんです。
うつ病では確かに病気が言わせているような発言はありますが、
本人が別れたいと言っているのなら、それを「病気が言わせているのよ」と考えるのではなく、尊重してあげて欲しいんです。
病気なのは間違いないですが、全く思ってないことを言うわけではないですし、
本当に傍にいてほしいと思えば、「イライラするし苦手」と言ったりはしないと思います。
別れを切り出したと言うことは、本当にあなたと付き合っていくのは無理だと感じたからでしょう。
その状態で、「やり直そう」と言ってこられたらますますストレスに感じ、イライラすると思います。
うつの時は特に、人と会ったり話したりするのがとても億劫に感じますし、実際上手く出来ません。
それなのに、復縁を持ちかけられたら話をするのも大変だし、相手が全然わかってくれなかったら嫌になってしまいます。
「きちんと話し合う」と書かれていますが、正直本当にキツイと思います。
きちんと話し合うほど話をすることなんて、出来ません。そんな気力ありません。鬱陶しく感じてしまうと思います。
ますます気持ちが離れていくと思います。「なんで自分の言うこときいてくれないんだ。もういい!」って。

私も恋人がいます。
確かに「彼と付き合い続けることで、彼に迷惑がかかるから別れた方がいい」と言う気持ちになります。
実際、「私の病気のせいで迷惑かけてごめんね。」と言ったこともあります。
一方で、恋人に会う気力も出来ず、連絡もそこそこに一人で家の中にこもっていた時期もあり、
その時期に恋人に来てもらうと、正直しんどかったです。
彼が会いたくない、別れたい、と言っているなら、今本当に恋人として付き合う事がしんどいのではないかと思います。
そういう時には放っておいてもらった方がありがたかったりします。

もし本当に病気が言わせていることならば、彼のほうからあなたに連絡が必ず行くと思います。
「あの時はああ言ったけど、やっぱり別れたくない」と告げてくると思います。
ですので、病気が言わせていることだ、とお思いなら、彼からそう連絡してくるまで放っておいてあげられないでしょうか?
彼の支えになりたいとお思いなら、遠くで見守ってあげてくださればと思います。

投稿日時 - 2004-11-24 12:34:37

補足

彼は半年程まえに1年以上付き合った女性に裏切られたことがあって、そのことをかなりひきずっていて、彼女のこと悪くいいながらも、たまに無意識に彼女との思い出をポツリと口にすることがあったんです。その彼の傷が癒えるのを待てなくて、寂しくなってしまい「いま一緒にいるのは私なの!いつまでも過去にとらわれてないで!」と責めてしまい「彼女のことは憎むほど愛してたんでしょ?私のことは彼女ほど愛せないの!」とダダをこねてしまってからおかしくなってきたんです。彼のこと追い詰めたのは私だとわかってるんです。ただ彼が「俺の事どう思ってるの?寂しい思いさせてたね」という言葉が気になってます。

投稿日時 - 2004-11-24 16:42:06

あなたにオススメの質問