こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本を書いている人というのは、パソコンにそのまま

本を書いている人というのは、パソコンにそのまま文章を打つのでしょうか?
それとも、ノートなどに書いたものを第3者が打ち込むのでしょうか?

投稿日時 - 2004-11-11 14:40:41

QNo.1079812

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

パソコンやワープロを使える人は、そのまま打ち込んで、
打ち込んだデータを編集者に渡します。

そうでない人は「原稿用紙」というものを使って書くのが普通です。
「ノートなど」というのは通常はありません。

文筆業においては、一般的に「原稿用紙何枚」という形で文を依頼するのが普通です。
ですから、パソコンやワープロを使う場合も、
文書のフォーマットを原稿用紙(1ページ20字×20行)に合わせて使います。

原稿用紙の使い方については参考URL参照。

参考URL:http://www.nets.ne.jp/~keio/genkoyoshi.htm

投稿日時 - 2004-11-11 14:57:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ChM

「物書き」のひとりです。

下書きした原稿を見て、パソコンに入力した経験は、ゼロです。思ったことを、そのまま、即、入力します。入力したあとで、加除が可能なワケですから、ノートなどに下書きすることは、全く無意味と理解しています。

ただし、66歳の私は、いわばアナログ人間。現在WORDで、2000ページほどの大作(と言っても小説の類ではありません)に取り組んでいて、80%余りを入力済みですが、これを画面で読むのは疲れるので、紙にプリントアウトしたものを通読して、校正のための「アカ」を入れ、それに基づいて修正作業を行っています。

ノートなどに手書きして、それを『清書』する、というのは、和文タイプライターを使った、ムカシムカシのオハナシと理解しています。

ただし、他人に頼まれて、手書きの文章をパソコンで清書してあげたことは、何回かあります。

投稿日時 - 2004-11-11 14:54:12

ANo.1

「ワープロ打ち(パソコンに直接入力)」の人も居れば「手書き原稿」の人も居れば「口述筆記(自分は口で言って、第三者に文章化させる)」の人も居ます。

投稿日時 - 2004-11-11 14:53:42

あなたにオススメの質問