こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

勘定科目について

この度、有限会社を設立しました。弥生会計ソフトを始めて入力するところです。
そこでお聞きしたいのですが、有限会社設立時(新設)の仕訳で
「新株式払込金」の科目がありません。
科目を増やすにはどの箇所に増やせばよいのでしょうか?
私は「資本」の下に「資本金」「新株式払込金」「資本剰余金」 「利益剰余金」で良いかと思いますが。
勘定は増やせますが、区分を増やすことが出来ません。方法を教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-10-31 11:52:24

QNo.1063741

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

正確にいいますと、
最低資本金の特例会社は
創業者の口座に資本金を入金しますので、
別段預金ではないですが、
創業者個人の口座は今後会社では
使用しないと思いますの
別段預金勘定を使用してもよいと思います。
(すぐに消しこみをしますし。
「創業者普通預金」というような
勘定科目を設けなくてもよいと思います。)

下記で問題ないと思います。
(設立時から監査が入ったりしないですよね。)

>◎8月1日会社設立登記日。
>別段預金(個人銀行口座)¥○○○ 資本金¥○○○

>◎8月10日現金を個人銀行口座から引出し。
>現金¥○○○ 別段預金(個人銀行口座)¥○○○

>◎8月20日法人銀行口座作成日。
>法人普通預金¥○○○ 現金¥○○○

投稿日時 - 2004-11-03 17:44:02

お礼

この度は本当にありがとうございました。
会社設立にあたり最初からつまづいていましたが、
色々と親身になっていただき助かりました。
またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-11-03 18:29:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>◎8月1日会社設立登記日。
>別段預金(個人銀行口座)¥○○○ 資本金¥○○○

>◎8月10日現金を個人銀行口座から引出し。
>現金¥○○○ 別段預金(個人銀行口座)¥○○○

>◎8月20日法人銀行口座作成日。
>法人普通預金¥○○○ 現金¥○○○

上記のようで問題ないと思います。
(個人銀行口座というのは、最低資本金の特例会社なのでしょうか?)

投稿日時 - 2004-11-01 19:41:46

補足

早々のご回答ありがとうございます。
とても助かります。

>(個人銀行口座というのは、最低資本金の特例会社なのでしょうか?)
はい、確認有限会社(1円会社)になります。
資本金が300万円まで準備できませんでしたので・・・
申し訳ありません。
今まで有限会社として記載してしまいました。
私の場合、この仕訳方法でよろしいですよね。

投稿日時 - 2004-11-01 20:30:02

ANo.3

>設立日に
>別段預金¥○○○ 資本金¥○○○
>そのあと普通預金に入金時に
>普通預金¥○○○ 別段預金¥○○○
>でよいでしょうか??

振込期日と設立日は本当は異なります。
設立日は、登記申請日ですよね。

でも、決算書や申告書を作成するだけでしたら、
設立日に
普通預金¥○○○ 資本金¥○○○
で大丈夫です。
(別段から普通預金への振替も、登記申請前ですよね。)

投稿日時 - 2004-11-01 14:31:45

補足

ご回答ありがとうございました。

会社設立登記日には、
まだ法人の銀行口座を作成していません。
具体例をあげますと、
◎会社設立のための払込日7月20日。
仕訳記載無し

◎8月1日会社設立登記日。
別段預金(個人銀行口座)¥○○○ 資本金¥○○○

◎8月10日現金を個人銀行口座から引出し。
現金¥○○○ 別段預金(個人銀行口座)¥○○○

◎8月20日法人銀行口座作成日。
法人普通預金¥○○○ 現金¥○○○

このような形だと考えていました。
度々の質問申し訳ありません。
まだまだ資金がないので税理士に頼むこともできません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-11-01 16:50:10

ANo.2

区分名称を変更修正する機能はありますが、新規に増やす機能はどこを見てもないように思いました。

投稿日時 - 2004-11-01 10:24:04

お礼

弥生会計を初めて使うので、機能が1部分しか判っていないので不安でした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-03 18:31:00

ANo.1

新株式払込金ですが、
H16年10月より法改正のため、
株式申込証拠金からダイレクトに
資本金及び資本準備金になることなりました。

そうしますと、いらない勘定科目ですよね。

設立は、これ以前でしょうか。

また有限会社に、この改正が適用されるか
調べていません。申し訳ないです。

(法改正が適用されない場合または10月以前に設立の場合ですが、
そもそも、
有限会社に新株式払込金という勘定科目が適当か
ということも問題だと思います。
株式ではないですよね。
それと、実務上、監査を受けるような会社なら
別かもしれませんが、
御社は有限会社とのことですので、
会社設立日に、
借方:預金 貸方:資本金
で大丈夫だと思います。
弥生会計についてはわかりません。)

投稿日時 - 2004-10-31 16:11:00

補足

ご回答ありがとうございました。
私は「勘定科目」という本を見たところ、
会社設立のための出資額として、
別段預金¥10,000,000 新株式払込金¥10,000,000
会社設立時に
新株式払込金¥10,000,000 資本金¥10,000,000
当座預金¥10,000,000 別段預金¥10,000,000
となっていたので疑問に思っていました。
確かにこの本は、株式会社のための本でしたので、
私の有限会社にはあてはめなくてもいいですよね。
ご回答していただき、
設立日に
別段預金¥○○○ 資本金¥○○○
そのあと普通預金に入金時に
普通預金¥○○○ 別段預金¥○○○
でよいでしょうか??
私も最初から色々考えてしまっています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-11-01 10:43:24

あなたにオススメの質問