こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

労働者派遣と請負・・・ 私はどっちですか?

派遣会社に面接に行き、「契約社員」として登録しました。
仕事の紹介があり、勤務する事が決まったのですが、
契約内容は「請負契約」(業務委託契約?)でした。
内容は残業手当や福利厚生は何もなく、給料から振込手数料を差し引き、給与支払いは末締め翌々月払いという内容でした。

勤務先は、面接に行った会社ではなく別の会社です。

私の場合、請負なのでしょうか?
請負は、「注文主と労働者の間に指揮命令関係を生じない」とありますが、意味がよく分かりません。

投稿日時 - 2004-10-17 10:57:34

QNo.1045298

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.6、14です。

二重派遣は違反なのですが、bigdogさんは知らない上でのことですし、
契約上も請負になっているのなら、違反でまずいことはないはずです。
ただ時給制の場合、たいていはA社とB社でお金を取るので、時給が下がる
場合があります。
私が経験した二重派遣は、受かったけど気が進まず断ったのですが、
登録しているA社から紹介があって面接に行くと、それは派遣会社B社との
面接でした。最初、派遣先の人との面接だと思っていましたが、
だんだん話がおかしくなって気がつきました。
その際、こちらで質問をしたら「二重派遣の場合、派遣先の顔合わせで
B社からの派遣の振りをさせられる」という話で、本当に急にそうなり、
時給もA社に聞いても「××円位」と曖昧でした。
ただB社の仕事は、本来A社に登録している私にはこないわけで
こういう話でも仕方ないかな・・・というのが現状のようです。

参考までに過去の私の質問です。

2重派遣を見極めるには?
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=894665
時給制契約社員と派遣社員の違いはどんな点でしょうか?
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=986546

投稿日時 - 2004-10-19 00:41:41

ANo.15

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

tam987です。
派遣と請負は結構、仕事形態が似ていて混同されやすいんです。派遣と請負の大きな違いは派遣法の適応を受けるか否かなんですが現場で働いている人の中でも知っている人はごくわずかでした。
私の場合も会社の説明(派遣と請負の違い)はありませんでした。でもおかしな会社ではありませんでしたよ。私の場合契約社員でしたが時給変更のときは雇用契約もその都度変更してましたし、社会保険もありました。有給休暇もありました。当然残業手当もありましたし、私の場合bigdogさんでいうB社に入り、C社で働いてました。ただC社すべての人が指揮命令関係の事を知っているわけではなく、私に仕事の指示を出そうとするわけです。そんな時には上司に言って下さい。と答えていたんですけどね。私の場合製造業でしたから派遣ではなく請負だったんです。私の所も系列会社はありました。派遣会社であったり、請負会社であったり。でもそれは技術系に強いとか事務系に強いといったもので、kobaltさんのような二重派遣ではありませんでした。
bigdogさんの問題点はB社、A社から中間マージンを取られている可能性があるという事、(偽装二重派遣)とA社とB社の間で派遣契約が結ばれているのか請負契約が結ばれているのか不明瞭ですがA社とbigdogさんの間に雇用契約ではなく請負契約が交わされ労働者としての権利(この場合残業手当や社会保険)が阻害されている可能性があるという事だと思います。
A社、B社が口裏を合わせる事はたやすいと思われます。なのできちんとした説明をA社、B社それぞれからされないと思いますのでやはり、労基監督署への相談が一番かと思います。派遣法はよく改正されてまして以前禁止されていた事が今ではOKと言う事があり、きちんとしたレスが私にも返せません。
違った意味で今回の事は私にもいい勉強になりました。
bigdogさんによい結果がでるといいですが。

投稿日時 - 2004-10-19 07:56:58

お礼

この場を借りて、皆さんにお礼させて頂きます!
何度もご回答下さった方々、アドバイスを下さった方々、有り難うございました!
今回の事はとても勉強になりました。

派遣会社と話し合いをした結果を皆様に報告したいと思います。

残業代支給、振込手数料は派遣会社持ち、給与支払日は翌月15日払いとなり、解決しました。
契約書も、向こうの認識不足だったという事で、「雇用契約書」に切り替わる事になりました。

皆様にアドバイスを頂いたお陰で、私の申し出が全面的に聞き入れられる事になり、とても感謝しております。

本来は雇用契約なのに、請負契約で働いている方が多いという現状に大変驚きました。
この質問が、同じような事例で困っている皆様の参考になればと思っています。

有り難うございました!

投稿日時 - 2004-10-27 21:20:54

ANo.14

No.6です。

詳細を読む限りでは、派遣にできないから請負にしているようにも
感じます。
派遣の場合は、A社に面接に行き、B社で働かなくてはなりませんが、
今回の場合
> 登録した派遣会社A社の営業と共に紹介されたB社に面接に行きました。
> 実際の勤務先はB社が仕事を請け負っているC社で、そこにはB社の社員がアウトソーシングのような形で何人かいます。
> 私はB社の所属として働いていますが、私の上司はB社の社員です。
ということですので、B社から派遣されているとC社には見せかけて
いるのではないでしょうか?
雇用契約はB社とC社が結んでいるが、給与はA社から出るってことは
ないですよね? もしそうだと違反である二重派遣を隠すためのものに
感じます。
給与もB社からもらえば、それほど問題ではないと思いますが、
A社との関係は? という感じですね。

投稿日時 - 2004-10-18 22:19:50

補足

>給与もB社からもらえば、それほど問題ではないと思いますが、A社との関係は? という感じですね。

給与の支払いはA社からです。
雇用契約をB社とC社が結んでいるかどうかはわかりません。
でも言われてみれば、C社からすると私はB社に属する人なので、C社は私がB社から派遣されていると思っているでしょう。

一つ、B社との面接で思い出したのですが、私の今の
上司が「残業代」について説明しようとした時、
B社の人事担当がそれを慌ててさえぎったのです。
「変だな」と思いましたが、そのままにしてしまいました。
今思えば、A社とB社の人事担当は申し合わせていたのでしょうね。

ですから、私の上司(B社)は請負契約の事を知らないはずです。

投稿日時 - 2004-10-18 22:25:59

お礼

雇用契約はB社とC社が結んでいるが、給与はA社から出るってことは
ないですよね? もしそうだと違反である二重派遣を隠すためのものに
感じます。

お礼の欄を使って申し訳ありません。
二重派遣は違反なのですか?(これは常識なのですか?)kobaltさんのご説明ですと、
これはB社→A社→バカな私という図式になり、
二重派遣というわけですか?

何度もご回答を頂いた上に、重ねて質問をさせていただき、申し訳ありません。
何度も有難うございます!

投稿日時 - 2004-10-18 22:41:55

ANo.13

またまた書き込みます。
私の方も状況が分かってきました。
あなたの言うA社、B社、C社の関係。
人材派遣は誰でも好きに行える業務ではありません。
労働者派遣法という法律の下で業務をするわけですが、この法律では同じ部署に最長3年しか働く事ができません。ですから何年働けるか聞いてみて下さい。派遣の場合、派遣法で派遣できる業種が決まっています。この業種に当てはまっていないと違法ということになります。多分ですが、派遣ではないと思います。
手の込んだやり方をしているので(法の盲点)向こうも(A社)承知の上でやっていると思います。
参考にhttp://www.jassa.jp/topics/040924ukeoi_tenken.pdfで確認してみて下さい。
請負業務は派遣法の制限にはかかりませんし、この場合、契約の錯誤による契約の無効が法的対抗策ですかね。
なんだか保険外交員(社員)の募集で契約したら実は保険代理店(業務委託)だったというトラブルと似てますね。

投稿日時 - 2004-10-18 22:03:36

お礼

何度も有難うございます。
色々と調べてくださり、心強いです。
URLを見てみました。
殆ど該当はありません。
あるとしたら、勤務時間の申告などをA社に直接行う事でしょうか。

「契約の錯誤による契約の無効が法的対抗策」とありますが、働いた分はきちんともらえるのですよね?
そこら辺が心配です。

本当に有難うございました!

投稿日時 - 2004-10-18 22:25:01

ANo.12

 だんだん状況がわかってきました。どうも、嵌められたような感じのようですね。私が働いているところは業務請負業という業種で、事前にそういう会社であって派遣でないとか、派遣との違いについてはしつこいほど説明されます。その上で「ここで業務請負という形でやるのかどうかあなたが決めてください」と言われます。

 どうもこの辺りの説明が無いまま、適当に丸め込まれるような感じで来てしまっているようですね。契約書は6ページほどですね。そのほかに情報セキュリティ関係の契約書が付くことも多いです。曲がりなりとも企業と企業の取引ですので、これくらいにはなるはずですよ。うちは契約書も「ちゃんと読んでください」って怒られます。みんな結構適当にしちゃいますから。

 それはそうと、この契約、重大な理解の錯誤があったということで反故にできそうな気がします。「契約社員」で登録していたのに「請負」って急に言われてもピンとこなかったということですよね?
 そういうことでしたら、会社と話して納得いかなければ迷わず労働基準監督署へいかれたほうがいいかもしれません。

投稿日時 - 2004-10-18 21:33:04

お礼

何度もご回答いただき、有難うございました。

そうですよね。
請負に関しての説明は何一つありませんでした。
契約書を渡された時も、サインしておいてくださいとだけでした。

契約書も条件だけに関して6項目だけです。
給与支払いも、電話では「翌月15日」と言っていたのに、契約書を見ると翌々月となっていました。
「勘違いしていた」との言い分でした。

派遣に登録するのは初めてだと言ったので、何も分からない奴だと思われたのでしょうか?
とてもかなしいですけど、勉強になりました。

本当に有難うございました。

投稿日時 - 2004-10-18 22:04:15

ANo.11

うーーん。世の中にだいぶ広まってきているみたいですね。

bigdog さんの質問にまずお答えします。
まず、とにかく給与が支払われるところにまず社会保険がどうなるのか聞いてください。会社で入るといわれれば契約社員ですし、自分で入ってくれと言われれば請負です。時間の適用のこととかありますが、おそらくフルで働かれるように見受けられるのでほぼ間違いないです。

この問題、社会的にかなり乱れてきています。問題の根源は社会保険の高騰化、労働規制の強化にあると思いますが、正直、企業側の理解が深まっているとは言いがたいです。ですから、bigdogさんの担当者の方がしっかりと理解しているとも限りませんので間違った説明を受ける可能性もあります。問題の根源がそのあたりなので、加入する社会保険でそのまず会社の姿勢を確認してください。

後は、他の方が回答されているような内容になります。メリット・デメリットは両者ともにあります。会社側の姿勢を確認した上で、自分の意図にあっているのかどうかくれぐれもよく考えてみてください。

投稿日時 - 2004-10-18 16:41:12

補足

ご回答有難うございます。
きちんと聞いてみます。

投稿日時 - 2004-10-18 20:50:32

ANo.10

#4で書き込んだ者です。

少し気になり調べてみました。
http://www.jpa-ltd.co.jp/outline/outline_1.htmlの表の業務請負Bに当たるのですか?
私の場合業務請負のAだったので勘違いのレスを返したかもしれません。
もう一度、契約書の内容を確認して下さい。
自分の経験と給料とあったのでついAの方かと思ったのですが、
相談内容からするとBかもしれません。
私が働いていた時にはこんな業務請負Bのようなものはありませんでした。これでは仕事の内容を知らないあなたにとって随分不利な契約ではないですか?
これであなたが仮にキャンセルしたら違約金とか取るのでしょうか?
なんだか、詐欺的な臭いもします。
もう少し情報を下さい。

投稿日時 - 2004-10-18 16:16:36

補足

何度もご回答有難うございます。
教えて下さったURL見ました。
多分、Bなのだと思います。

ほかの方の補足の欄にも書かせて頂いたのですが、
登録では「契約社員」と言いながら、「請負」だった事に唖然としています。

こういう場合、「請負の仕事ですけど・・・」というような打診はないのでしょうか?
請負と派遣の違いも説明してもらえなかったので、何も分からず、ネットで調べまくりました。
請負だと残業代の負担がないなど、派遣会社のメリットが大きいのですね。
同じような質問も沢山あり、かなり横行しているのだと感じました。

知らないって怖い事ですね。

投稿日時 - 2004-10-18 20:40:45

お礼

何度もすみません。
言葉が足りなかったので、お礼の欄を使わせて下さいね。
契約書上はBだと思うのですが、実際は「人材派遣」と思われます。
私は派遣先と契約を交わしていませんし、
派遣会社から給与(報酬?)をもらうことになりますし、派遣先企業の指揮命令に従い働いています。

>キャンセルしたら違約金とか取るのでしょうか?
そういった記載はありません。
とにかく簡単な契約書なんです。

投稿日時 - 2004-10-18 21:00:28

ANo.9

 契約が請負や委託等であっても、
使用者との関係が、
実態として労働関係(使用従属関係がある)と認められれば、
労働基準法の適用となります。
偽の可能性が高そうなので、
早めに労働基準監督署に相談に行くことをお勧めします。

投稿日時 - 2004-10-18 11:33:51

補足

ご回答有難うございます。

「偽の可能性が高そう」ということで、きちんと聞いてみようと思います。

投稿日時 - 2004-10-18 20:37:51

ANo.8

「偽装請負」、「にせ請負」に注意してください。

「請負」にすると労働時間・残業代等の労基法の適用外となります。
残業代などをごまかすために行われるのが「偽装請負」です。
団結権の労組法もだめです。

実際は「労働者」でありながら「請負」とされ、いいようにだまされて低賃金、長時間労働で酷き使われている例が圧倒的に多いです。

「労働者」であるかどうかは、一言で言うと会社で「仕事中に上司からあれやれ、これやれと指示される」と「何時から何時まで働け(遅刻したら怒られた)」という「指揮命令」の元で働いている場合は「労働者」ですので、残業代等々の支払いを請求できます。

実際は「労働者」なのに残業代の支払いを拒否された場合は労基署に申告してください。

正式な「請負」の条件は他にもきちんとありますので、「労働者」とどこがちがうのか一度お調べ下さい。

投稿日時 - 2004-10-18 10:22:32

補足

ご回答有難うございます。
本当に注意しなくてはいけませんね。

ほかの方の補足の欄にも書かせて頂いたのですが、
登録では「契約社員」と言いながら、「請負」だった事に唖然としています。

投稿日時 - 2004-10-18 20:47:15

ANo.7

ちょっとわかりにくい状況ですので、諸説出るでしょうね。最終的にはその派遣会社に確認が必要かと思います。

 派遣会社に契約社員として登録したということですが、契約した内容が請負契約=業務委託契約(残業代や福利厚生が無いということから派遣会社とあなたとの間の契約が請負契約になっているものと思います)ということですので、最終的に「契約社員として登録した派遣会社でしたが、請負契約として契約した」という形になっています。よって質問の答えは『請負』となると思います。

 雇用ではありませんので、あなたは個人事業主であり、労働基準法ではなく下請法(公正取引法を補完する法律です)の適用を受けます。

# しかし、振込手数料まで差引きとは厳しいですね。

 給与支払いと書いていますが、これは給与ではなく「報酬」となります。ですので、翌々月支払いでもいいわけです(給与なら翌月には支払いが必要)。ただし、請負契約の場合は「下請代金の支払い遅延等に関する法律」(下請代金法・最近法改正で名前が変わっていると思います)の適用を受け〆日より60日以内の支払いを義務付けているので、翌々月末支払いだと通常1日オーバーとなり違法となります(これは個人事業主相手だと元請側の資本金が1000万円を超えている場合のみ適用されます)

 通常、面接はエンドユーザー企業(あなたのいう注文主)とも行われますが、丸投げ(一括発注案件)の場合は、派遣会社(この場合派遣会社として機能していませんね。業務委託の横流しをしているだけですので)が全責任を持ちますので、あなたの場合のようにエンドユーザーとの面接が無い場合もあります。(ここは法規が無いので場合によります)
 、「注文主と労働者の間に指揮命令関係を生じない」というのは、注文主(エンドユーザー)が派遣会社に業務委託し、その派遣会社がさらにあなたに業務委託したという形ですので、あなたにとっての注文主は派遣会社であり、注文主は第三者であるということです。ですので、注文主に監督責任はないし、あなたも注文主の監督を受けないということです。(厳密には派遣会社の監督も受けません)

 また、派遣会社との契約自体はモノでなく役務(サービス)の提供と思いますので、(派遣会社との契約にある)勤務時間などの条件については守る必要があります。その時間内において役務を提供するという内容の業務委託契約であれば。(ともかく契約内容がすべてですので、その中に勤務時間が無ければ出勤するかどうかも自由です。まあ通常ありえませんが)

 あと、派遣会社との間で何かあっても労働基準監督署は受け付けません。あなたの住所がある市町村の商工会議所などが相談に乗ってくれると思います。基本的には当事者間(あなたと派遣会社)で契約に基づいて誠意を持って話し合い、折り合いがつかなければ裁判となります(どこの裁判所を使うかまで契約書に書いてあるはずです)。(最初のほうで派遣会社に確認と書きましたが、法的には派遣会社と個人事業主であるあなたは同じ企業でありますので、一対一の対等な立場となります)

 難しいことばかり書きましたが、一般に雇用契約より、業務委託契約のほうが利益はありますので、がんばってください。

投稿日時 - 2004-10-18 05:50:41

補足

ご回答有難うございます。

実際に請負契約を結んでも、「労働者派遣」であれば労働基準法の対象となるのですよね?
自分がどちらなのかが分からなくて・・・・

もし、もらうべきモノが「ごまかし」や「嘘」によってもらえないのは納得行きません。
振込手数料を差し引くなんて、「請負」だと常識なんでしょうか?
派遣会社にきちんと聞いてみたいです。

投稿日時 - 2004-10-18 20:33:49

ANo.6

派遣社員です。

何度か顔合わせに行くと、似たようなことがありましたが、派遣会社で
面接をして勤務先ではしていないのであれば、出向みたいなものの
ような気がします。
契約上は、派遣会社の契約社員。ただ出向先の契約が終わってしまうと
正社員と違って、次の職場がない場合、派遣会社に戻って働く、
ということがある場合とない場合がありそうな・・・

私は今回、契約社員という雇用形態で2つ面接に行ったのですが、
両方とも時給制でした。
1つは応募した企業で面接を受け、受かって出向先で仕事する・・・
というイメージでした。断っちゃいましたが・・・
もう1社は二重派遣に近い感じでしたね。応募した企業に面接に行き、
出向先での面接が出向先の派遣会社で、しかも別の仕事を紹介されました。
・・・(苦笑)

結論としては、派遣ではなく請負でしょうね。

投稿日時 - 2004-10-17 16:17:57

お礼

ご回答有難うございます。

知らない事とはいえ、今回は勉強になりました。
またご縁がありましたら宜しくお願いします。

投稿日時 - 2004-10-18 20:32:26

う~ん・・・陸の契約社員枠なら、現場にSVがいるんじゃないでしょうか?

派遣元の契約社員として、派遣先に出向してる形じゃないでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-17 14:36:56

補足

ご回答有難うございます。
実は・・・・もう働いているんです。
派遣の経験がなく、ド素人だったので、面接後、雇用条件を口頭で聞いて、契約書を渡されたのは就業開始当日の朝でした。

詳細はこうです。
登録した派遣会社A社の営業と共に紹介されたB社に面接に行きました。
実際の勤務先はB社が仕事を請け負っているC社で、そこにはB社の社員がアウトソーシングのような形で何人かいます。
私はB社の所属として働いていますが、私の上司はB社の社員です。

>派遣元の契約社員として、派遣先に出向してる形じゃないでしょうか?

sittorituyakoさんがおっしゃるような形態なのかもしれませんが、私はB社と契約を交わしていません。
これは正当な「請負契約」だと言えるのでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-18 20:29:13

ANo.4

二つの疑問があると言う事だと思います。
1 派遣会社に面接に行ったが請負だった
2 「注文主と労働者の間に指揮命令関係を生じない」とありますが、意味がよく分かりません。

1の方ですがこれは面接に行った会社が人材派遣と請負業務の2つを行っている会社だと思います。

どういう事かというと、仮に面接した会社をA社、勤務先をB社とします。
派遣の場合、あなたの仕事の上司はB社になります。
A社から仕事は8時からと言われ、B社からは7時に来てと言われた場合、あなたの上司はB社なのでA社の言う事は聞かなくて良い事になります。
逆に請負の場合あなたの仕事の上司はA社になります。
上の場合仕事は8時からになります。
派遣と請負の違いは上司が違うと言う事です。これが2の答えでもあります。

ですのでA社は派遣と請負の2つの業務をしていますがB社との契約は請負です。これを明示しただけであなたが請け負うわけではありません。あなたの立場はA社の契約社員です。職場はB社でB社の人に仕事上のことで命令をされても聞く必要はありません。言われた時は私の上司に言って下さいと答えておけば良いと思います。
下手な説明ですみません。

投稿日時 - 2004-10-17 14:14:43

補足

ご回答有難うございます。

>どういう事かというと、仮に面接した会社をA社、勤
>務先をB社とします。
>派遣の場合、あなたの仕事の上司はB社になります。
私の上司はB社の人です。
仕事を教えてもらう事や、勤務時間を決めたのもB社です。

これは「請負」なのでしょうか?
私には「労働者派遣」に見えるのですが。

投稿日時 - 2004-10-18 20:23:20

ANo.3

「注文主と労働者の間に指揮命令関係を生じない」とは、簡単に云うと「勤務時間・勤務場所の指定がなく
、自分の都合よいときに働くことが出来る」ということです。
もちろん労働基準法も適用されませんから、残業手当なども有りません。
雇用と請負についてはも参考urlをご覧ください。

ご質問場合は契約社員ではなく「請負契約」ですから、収入も給与所得ではなく事業所得となります。

この件については、契約先に「給与所得」か「事業所得」かを確認してください。

事業所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
事業所得から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。

経費については、自宅で行なう場合は、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

又、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典があります。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

参考URL:http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_02.html

投稿日時 - 2004-10-17 12:38:42

補足

ご回答有難うございます。
実は・・・・もう働いているんです。
派遣の経験がなく、ド素人だったので、面接後、雇用条件を口頭で聞いて、契約書を渡されたのは就業開始当日の朝でした。

見たときに、「雇用契約書」でない事に疑問を覚えましたが、そのまま働く事になってしまいました。

>契約先に「給与所得」か「事業所得」かを確認してく>ださい。
登録の際には、保険は自分でというような事を言われました。
後に電話で確認した所、落ち着いたら決めましょう(入るかどうか)と言われました。

指揮命令関係について、皆さんに教えていただき、私はやはり実質「労働者派遣」なのだと思いました。
どうでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-18 20:18:30

ANo.2

あまり自信がありませんが...
bigdogさんが個人事業主なら請負契約も可能ですが契約社員という事は、派遣会社と雇用契約を結んだことになりますので請負契約とは、違います。
業務委託契約(請負契約)とは、会社と会社の契約でひとつの物件、プロジェクト単位で出来高で契約することです。

投稿日時 - 2004-10-17 12:19:42

補足

ご回答有難うございます。
実は・・・・もう働いているんです。
派遣の経験がなく、ド素人だったので、面接後、雇用条件を口頭で聞いて、契約書を渡されたのは就業開始当日の朝でした。

見たときに、「雇用契約書」でない事に疑問を覚えましたが、そのまま働く事になってしまいました。

詳細はこうです。
登録した派遣会社A社の営業と共に紹介されたB社に面接に行きました。
実際の勤務先はB社が仕事を請け負っているC社で、そこにはB社の社員がアウトソーシングのような形で何人かいます。
私はB社の所属として働いていますが、私の上司はB社の社員です。

登録の際、請負についての説明はなく、登録先の派遣会社と「雇用契約書」を交わすものとばかりおもっていました。

事前に契約を締結しておかなかったのがいけないのですが、実質「労働者派遣」なのではないかと思います。

B社との間には明らかに「指揮命令関係」があると思うのですが。
いかがでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-18 20:17:43

請負の定義は、名前の通り作業(業務)を請け負うことにあり、人には関係しません。したがって、請け負った会社がどのような体制(誰が何人で)で作業を行うかは請負元(発注者)から指示されることもなく、また開示する必要もないわけです。言い換えれば、請負元は請負先から作業方法について干渉されないということです。(契約の成果はモノ)
一方、契約社員(加工外注)は、作業場所に出向いていき、相手の会社内でその会社(派遣先)の人員の一部となって作業(業務)を行います。したがって、指示は発注者から直接受けることになります。(契約の成果はヒト)
bigdogさんの場合は、派遣会社とbigdogさんの契約が請負で、bigdogさんの所属する派遣会社と派遣先の会社の契約が加工外注となっているのではないでしょうか。

投稿日時 - 2004-10-17 12:17:21

補足

ご回答有難うございます。
実は・・・・もう働いているんです。
派遣の経験がなく、ド素人だったので、面接後、雇用条件を口頭で聞いて、契約書を渡されたのは就業開始当日の朝でした。

見たときに、「雇用契約書」でない事に疑問を覚えましたが、そのまま働く事になってしまいました。

詳細はこうです。
登録した派遣会社A社の営業と共に紹介されたB社に面接に行きました。
実際の勤務先はB社が仕事を請け負っているC社で、そこにはB社の社員がアウトソーシングのような形で何人かいます。
私はB社の所属として働いていますが、私の上司はB社の社員です。

登録の際、請負についての説明はなく、登録先の派遣会社と「雇用契約書」を交わすものとばかりおもっていました。

事前に契約を締結しておかなかったのがいけないのですが、実質「労働者派遣」なのではないかと思います。

B社との間には明らかに「指揮命令関係」があると思うのですが。
いかがでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-18 20:03:04

あなたにオススメの質問