こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

犬の避妊手術について

生後6ヶ月になるラブラドールを飼っています。
そろそろ避妊手術を考えているのですが、手術をすると太りやすくなると聞きます。本当なのでしょうか?

ラブはもともと太りやすい体質みたいだし、しかも後ろ足が弱い犬種なので、足に負担がかかってしまうのではないかと心配です。しかし、手術をしなかったために、子宮や卵巣の病気にかかってしまうのも心配です。

アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2004-09-19 16:01:55

QNo.1008158

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

太りやすいと言われているビーグルを3頭飼っています。
3頭とも避妊手術を受けさせましたが、手術後も理想的な体型をキープしています。
手術をしなくても太っている子は太ってるし、飼い主さんの考え方と心掛け次第だと思います。

私自身も質問者様のお姉さまと全く同じで、実家のハスキーを婦人科系のガンでなくしてしまいました。早期で手術したんですが、結局取りきれなかったものが転移して死亡してしまいました。

手術に関しては賛否両論で、どちらを選んでもエゴのような気がしますが、飼い主さんが自分自身でよく考え、自分と愛犬にとってベストな方法を選ばれると良いかと思います。

私自身は手術は賛成派です。やはり婦人科系の病気を防げる可能性が大きいですから。現在は初ヒート前に手術を行えば乳がんに掛かる確率ももほぼ0%だといわれています。

また手術の費用ですが、うちは2.5万円程度でした。値段は病院によって大きく違うのであまり参考にならないかもしれません。市町村によっては犬の登録をしていれば避妊手術費の助成があります。こういうのも活用されると良いかと思います。

投稿日時 - 2004-09-21 19:27:37

お礼

手術をしても飼い主の心がけ次第で肥満は避けられるのですね。手術をする方向で、もう一度かかりつけの獣医さんとじっくり話をしてみるつもりです。

投稿日時 - 2004-09-22 12:57:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

34人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

うちの犬は先週の金曜日に手術をしました。
本当は膀胱に出来た石を取り除く手術だったのですが、子宮と卵巣を見たら菌が回っていて全摘出しました。避妊手術をしていなかったので子宮蓄膿症になってしまいました。私も太るというのを聞いていたので手術をためらっていましたがやっぱり手術をしておけばよかったと後悔しました。私は手術をしたほうがいいのではないかと思います。もし避妊手術をしていればこういう病気にはならなかったので犬には本当申し訳なく思っています。

投稿日時 - 2004-09-21 01:13:40

お礼

わんちゃんの具合はいかがですか? やはり避妊手術をしないと病気になる可能性は高いんですね。姉が飼っているハスキーも10才のときに子宮の病気になり、大変だったと聞きました。姉は避妊手術は値段が高いし、太らせたくないし、普段は広い庭を自由に走らせているので、たまにしか散歩に行かないため、オス犬との危険はないであろう、という理由で手術をしませんでした。手術って飼い主の傲慢なのか、義務なのかわからなくなってきました。

投稿日時 - 2004-09-21 11:35:14

ANo.3

はじめまして。
避妊手術をする理由は何ですか??
かかりつけのお医者様がおっしゃってるからですか?

避妊手術は、いってらっしゃるように、ホルモンのバランスが壊れるため、太ったり、皮膚病にかかりやすくなります。
逆に出産もせず、避妊手術もしなかった場合、
婦人病、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍になりやすかったりします。
しかし、必ずしも病気になるわけでもありません。

今は、避妊手術には何通りかの方法があります。
お腹を切って、子宮卵巣を切除する方法。
ピルのような物を埋め込んで、発情を抑える方法。(これは3年に1回埋め込まなければいけません)
発情抑制剤の注射によって発情をとめる。(これは、半年後との追加が必要です)
お腹を切って手術した場合は、もちろん二度と赤ちゃんが埋めませんが、ピルや注射の場合、赤ちゃんを産ませたくなればいつでも可能です。

メリットデメリットが色々ありますが、よく考えてあげてくださいね。

また、股関節形成不全をご心配されるのであれば、
サメの軟骨や、グルコサミンのサプリメントがおすすめです。

投稿日時 - 2004-09-20 00:45:23

お礼

避妊手術をしようと思うもっともな理由は、オス犬との危険を避けるためです。大型犬のため普通にしていても力が強いので、もしそのような場面になると、私の力では止められないのでは・・・ということです。

投稿日時 - 2004-09-20 20:55:45

ANo.2

もしも股関節形成不全の可能性があるのならば避妊&手術はしないのが通説だそうです。

先日、友人のラブ5ヶ月が股関節形成不全と診断されました。

それからいろいろな方(獣医・ラブのブリーダーetc)に相談したところ

まず第一声が避妊&去勢はNOでした。


友人のダックスは避妊しその後の食事は1日に数えられるくらいのフードしか上げなかったのに
それでもどんどん太り椎間板ヘルニアに。。。。

もちろんメリットも多々あると思います。

かかりつけの先生とよく相談なさってください

投稿日時 - 2004-09-19 21:14:42

お礼

かかりつけの獣医さんは避妊手術はするべきだという考えです。今のところうちのワンコは股関節形成不全とは言われてないのですが、今後発症しないとも限らないので・・・

投稿日時 - 2004-09-19 21:53:31

ANo.1

我が家のラブラドールは26Kgです。
術後、気をつけていますので手術前の体重を維持
しています。つい甘やかしておやつを沢山あげたりしてしまうと途端に太りだしそうです。

それに私が散歩などでコントロールするのに今の体重がベスト(というか限界)という理由もあります。

避妊手術については賛否あるようですが、
うちは犬連れさんが沢山集まる大きな公園で毎回、
散歩をしています。
犬の社会生活面でも避妊しているほうが(私も)
楽だろうという理由から決断しました。
危険な日にオスの犬さんが寄ってきた時にすんなり抱きかかえることができませんからね。
知人の犬(ゴールデン)が通りすがりに交雑されてしまったそうですが一瞬の出来事だったそうです。

それにもちろん後々の病気の可能性の軽減もありますよね。

我が家ではやってよかったと思っています。
逆に小型犬でしたらやらなかったかも・・・?
あと股関節のレントゲンは1年に一度とって診てもらってます。

アドバイスになれば幸いです。

投稿日時 - 2004-09-19 16:40:53

お礼

うちも犬がたくさん集まる公園によく散歩に行くので、危険な日はちょっと心配です。

股関節のレントゲンは定期的にとる方がベストなんですね。

投稿日時 - 2004-09-19 21:46:53

あなたにオススメの質問