こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows10は常に最新のインストールディスク

自宅で使ってるWindows10は大型アップデートを当てたバージョンというような内容のものをパッケージ版で買ったものです。

ただ、ちょっとネットで調べたらシリアル番号さえ持っていれば、常にMicrosoftからすべてのアップデートを当てた最新のバージョンのインストールデータをダウンロードできるから、32bitか64bit、HomeかProかを決めてしまえば、アップデートが当たってるかどうかを考えずに購入しても良いというような情報がありました。

パッケージ版でも結局はシリアル番号の値段であって、データはあくまでまだネットにつなげるパソコンを持っていない人用に入っているだけとのことで。

たしかにパッケージ版を買ったものの、今までのようにDVDとかではなくUSBメモリに入っていて驚きましたが、これは常に新しいインストールデータに書き換えられるように配慮されたもの?

インストールデータは常に無料ですよね…。
Microsoftってこれで商売になるんでしょうか?

先ほど見たらMicrosoftのサイトでシリアル番号だけ売ってたりするんですね。
僕は元々、ダウンロードできる環境がありましたから、わざわざパッケージ版を買わなくても、もしかしてMicrosoftのサイトでシリアル番号だけ買って、インストールデータはMicrosoftのサイトからダウンロードしてUSBなりDVDなりに焼いてインストールした方が手っ取り早かったんでしょうか?

投稿日時 - 2018-11-15 20:52:58

QNo.9558266

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

元々OSを始めとしたソフトは、
ソフトそのものを購入するわけではなく、
ソフトの「使用権利(ライセンス)を購入するのです。
「使用権利」がある正規ライセンス所有者である証明が
「シリアルナンバー」の所有です。
(メーカーに認証後は、所有者とナンバーが連携します。)
ソフトのデーターより、この「シリアルナンバー」の方が
大切なのです。

このナンバーは世界に1つしかないので、
他の所有者とかぶることはありませんし、
すでにそのナンバーでソフトを使用する許可(認証)を
得たなら、他の人は認証できません。

その代り、認証前のナンバーを紛失した場合は
再発行してくれることはありません。
(そのナンバーの正規所有者である証明ができないからです。)

認証(アクティベーション)されていれば、
その後のアップデートは無料でできると思います。

現在、ソフトはダウンロード購入も多くなり、
ディスク版は少なくなりつつありますが、ダウンロードシステムを
採用していないソフトは、インストールディスクとシリアルナンバーは
大切に保管して置くことが必要です。

ダウンロード版の場合は、ダウンロード期限があるソフト以外は
いつでも再ダウンロードができ、シリアルナンバーで
再度アクティベーションし、そのナンバーの
正規ライセンス所有者と判明すれば、
再び使えるようになるシステムになっています。

投稿日時 - 2018-11-15 22:47:30

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>今までのようにDVDとかではなくUSBメモリに
>入っていて驚きましたが、これは常に新しい
>インストールデータに書き換えられるように配慮されたもの?
それはわかりません。Win8.1の製品版・リテール版・パッケージ版まではDVDでしたがWin10からはUSBメモリなりましたね。恐らく理由はDVDなどの光学ドライブを搭載してないPCも増えてきたのでDVDではなくUSBメモリに変更したのでしょう。
尚、DSP版のWin10はDVDですね。

>Microsoftってこれで商売になるんでしょうか?
さぁ。なっているのでしょう。

>わざわざパッケージ版を買わなくても、
>もしかしてMicrosoftのサイトでシリアル番号だけ買って、
>インストールデータはMicrosoftのサイトからダウンロードして
>USBなりDVDなりに焼いてインストールした方が
>手っ取り早かったんでしょうか?
そのあたりはご自由にって感じになります。リテール版で店頭で買うパッケージタイプでもネットでプロダクトキーを買うダウンロード版でも値段はあまり変わりません。若干ダウンロードの方が安いってところです。

ちなみにパッケージ版はHome/Pro共に32bitと64bitと分けて販売はされておらず32bit/64bit兼用になってます。インストールする際に32bitと64bitどちらか一方を選ぶって感じになります。DSP版の場合は32bitと64bitで別々に販売されてはいます。

投稿日時 - 2018-11-16 16:53:27

ANo.5

基本的に Windows 10 Pro なら?
元が 32bit 版でも、64bit 版に (実質無料) 以降出来るので
その情報も間違っていますが?

Windows 10 イメージディスク作成用データを無料でダウンロード
出来る (Windows 10 Pro に32bit も64bit も無い) ので落として焼いて、
PC にクリーンインストールする際に 64bit を選択すれば変更可能です。

✳ 32bit.OS を64bit.OS に変更する場合バックアップなしだとデータは、
失われます。そのままでの引き継ぎは出来ません。

実際に選ぶのは、Windows 10 Hom か Windows 10 Pro の選択のみです。
Windows 10 Pro には、32bit と64bit の選択は事実上必要有りません。

投稿日時 - 2018-11-16 10:19:12

ANo.4

Microsoft Office も同じです。
以前、1台にインストールしたのみで最近もう1台PCが増えたので、先ほどMS Officeのサイトでプロダクトキーを入力してパッチ適用済みの最新版をダウンロードしました。2台までのライセンスなので助かります。
光ブロードバンドだとインストールDVD探すよりダウンロードした方が早いです。

投稿日時 - 2018-11-16 00:48:12

ANo.3

:>先ほど見たらMicrosoftのサイトでシリアル番号だけ売ってたりするんですね。
正しくは”プロダクトID”といいます。
Windows 10の場合、一度認証されたPCのデバイスIDとプロダクトIDとが
紐付けられているので、以後のバージョンアップでは再認証は不要です。
Windows 10 October 2018 Update の場合は、↓から
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
”ツールを今すぐダウンロード”からMediaCreationTool1809をダウンロードして
実行すると、直接アップデートすることができます。
またインストール用メディアを作成することもできます。

投稿日時 - 2018-11-15 23:09:59

ANo.1

シリアル番号さえ持っていれば、常にMicrosoftからすべてのアップデートを当てたその製品の最新のバージョンのインストールデータをダウンロードでき、インストールデータは常に無料です。Microsoftはシリアル番号を売るだけで充分商売になります。Microsoftのサイトでシリアル番号だけ売ってます。ダウンロードできる環境があったら、わざわざパッケージ版を買わなくても、Microsoftのサイトでシリアル番号だけ買って、インストールデータはMicrosoftのサイトからダウンロードしたほうが早いです。

投稿日時 - 2018-11-15 21:00:33

あなたにオススメの質問